直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > ルーアとジンガとお出かけ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平山城址公園

2014 - 07/13 [Sun] - 14:18

ここのところ毎週末、ジンガちゃんの病院ばかりでお出かけしていない。
今週から病院が隔週でよくなったので、今日は久し振りに軽くお出かけしてみた。
行ったのは平山城址公園。
前から目をつけていたところのひとつで、家から1時間以内で行ける公園である。

久し振りのお出かけでwktk

なるべく朝早めにでて、暑くならないうちに帰るようにする。

公園到着

散策開始。



朝早いためかそれほど人もおらず快適である。
陽射しもそれほど強くなく、木が周りに多いので暑さはあまり感じないかと思ったが、ジワジワと蒸し暑さを感じる。
アップダウンが結構あるので、運動不足の身には少々キツかった。

休憩中

広さ的にもなかなか程よい公園であったが、気になる点としては、案内板が少ないのでちょっと迷ったことと、水道が入り口付近のトイレぐらいにしかないので、途中のルアジンの水分補給に難儀したことだろうか。

次はこの公園の近くにある長沼公園に行く予定。

ルアさん(右)、帰ってきてからずっとグッタリ

これ、夜の散歩行かんパターンや…。



青梅市梅の公園に行きたかった

2014 - 03/30 [Sun] - 16:02

3連休の二日目、ふと思いついて青梅市梅の公園へ出かけたが、出発した時間が遅かったためか、家をでてすぐに渋滞にはまったしまった。
そんな訳で青梅市梅の公園に行くのは早々にあきらめて、とはいってもそのまま帰るのももったいないので、比較的そこから近くにあった桜ヶ丘公園に行った。


さすがに桜はまだ咲いていなかった


少し歩くと見晴らしのよい場所に出た


ペット専用の蛇口がありがたい


珍しくはしゃぐルーアさん(変な顔)


しかしすぐにバテてしまう

そんな訳で、桜ヶ丘公園をぐるりとのんびり一周2時間ほどで回ってこの日は帰宅。


あけて翌日、3連休最終日、今日こそはと比較的朝早くに出かけて梅の公園には比較的早めに着いたが、すでに駐車場は満車で入れず、やはりこの日も諦めて、近場の川で遊ばせることにした。
その場で地図を見てみつけたのが釜の淵公園というところ、多摩川に沿って造られた公園で、河川敷で遊ぶことができる。
まだ、人が来ないうちにルアジンを遊ばせることにした。


川がきれいである





人がくるまでの小一時間ほど川遊びをして、帰宅。

肝心の梅の公園には行けなかったが、それなりに充実した休日であった。

わんことラフティング

2013 - 08/25 [Sun] - 11:04

ワンコと一緒にラフティングが出来るということで、水上に行ってきた。
水上に行くのはこれで3度目である。
いつもはスノーシュー目当てで冬に行くのであるが、今回初めて夏に行くことになる。

朝7時頃出発。
途中の高坂S.A.のドッグランでルアジンを遊ばせつつ、群馬に入る。
予想していた通り、天候が一気に悪くなり大雨になった。


ニコニコだったルアさんが、


雨でがっかり・・・

ラフティングの予約は13時からであったが、雨がやむ気配はまったくない。
結局、その日は中止にして、翌日の午前に振り替えてもらった。

とりあえず、今晩のお宿にチェックイン。


いつものところと違い、今回はラフティングを予約したのと同じ宿に宿泊

8~10畳ほどの広さに、ベッドふたつと物置とテレビがあるだけのシンプルな部屋である。
ちなみに、トイレとお風呂は共同である。
う~ん、正直ここら辺はいつものだいこく館さんがよかったが、ラフティングをやるのにはこちらの方が都合が良いのでまあこれはこれでよい。

時間が余ったので、いつもの利根川沿いの諏訪峡遊歩道を散策することにした。

道の駅 水紀行館に車を停めて、散策開始。


いつもは雪で覆われていたので、芝生の上が新鮮である


雨で川の流れが速い

ちなみに、この上に写っているのは、みなかみ諏訪峡大橋で、日本で唯一ブリッジバンジージャンプが体験できるところである(よく見ると画面右にロープがぶら下がっている)
高所が苦手なよすふく的には、何で高いお金を払ってまで怖い思いをするのか本気でわからない・・・。


諏訪峡大橋を横切ってさらに奥に進む

レインコートを持ってくるのを忘れたので、気休めにライフジャケットを着せている。


落石のきけんがあるとかで、見晴以降が通行止めになっている

ので、しょうがないので引き返すことにした。


引き返しがてら川を見ていると、この雨でもラフティングをやっているところがあった


さらに諏訪峡大橋ではバンジーを飛んでいる人もいた

あれ?この程度の雨だと普通にやるの?カミナリ鳴って、すげー降ってますけど。
なんか、翌日に振り替えた自分がちょっとヘタレな気がしてきた・・・。


散歩が終了して、そこそこ疲れたふたり


夕食は犬連れでできたのでよかった

他に同じペンションに宿泊していて、明日のラフティングで一緒になる二組の家族さん達と四角いテーブルを囲む形での夕食であった。
他の二家族さんもレトリーバー飼いで、レトリーバーが5頭(オーナーの飼い犬を合わせると6頭)一部屋にそろったのはなかなか楽しかった。


二日目、快晴である。
ラフティングを今日にして正解である。
朝の散歩でペンション近くの川に下りてみたら、昨日濁っていた水がすっかり透明になっていた。
流れはまだ多少速かったが。


水がきれい

朝食を済ませて、いよいよラフティングである。


ウェットスーツに着替えて記念撮影
ちなみに、よすふく家は右端である。


絶対にカメラの方を向かないルアジン


最初、陸でこぎ方やらなんやらの講習をやった後、いよいよ出発である


こんな感じで人間の内側にわんこを詰め込むのであるが、当然おとなしくしていないので結構大変であった

ちなみに、わんこはカラビナでボートのロープに固定されているので、落ちる心配はほとんどない


遠くからだとこんな感じ


波のあるところを通るときは


ゆれるので、外側のロープにしっかりとつかまる
赤いヘルメットの人はガイドさんなので余裕である

ラフティングだけではなくて、わんこのために要所要所で遊び時間を設けてくれたのでよかった。


みんなで水遊び


水の中で記念撮影
ルアジンがめっちゃ逃げたそうにしている。

てなわけで、ラフティング終了。

よすふく(とルアママ)は2回目のラフティングであるが、人間的にはかなり楽しめた。
単に、ボートに乗って下っていくだけでなく、随所で楽しみを入れてくれていたのがよかったと思う。

さて、肝心のわんこ的にはどうだったかと言うと、ルアジン的にはイマイチだったかも・・・。
ボートに乗るのははじめてで乗り慣れていなかったので、終始腕を突っ張って、体を硬くして緊張していたのが少しかわいそうであった。まあ、この辺りは慣れなのでしょうがないと思う。
あと、一緒に参加した他のわんこに気に入られたのか、ルアジンが終始追い掛け回されていたので、それもちょっと大変そうであった。これもまあ、社交的でない飼い主があまり他のわんこと遊ばせないので悪いかもしれないが、ルアジン的には結構ストレスだったのかもしれない。

てなわけで、毎度こうしたツアーに参加して思うが、やはりよすふく家的にはツアー参加ではなく、勝手に自分達だけで遊んでいたほうがいいのかもしれない。
まあ、後ろ向きな発言であるのは重々承知しているが。

あ、あと、今回ラフティング中は濡れてしまうので、自分のカメラが持参できず、ガイドさんに撮ってもらった写真を購入することになったのだが、当然のごとく他の参加者さん込みの写真になるので、自分のわんこの良い瞬間を撮れなかったのが少し悔やまれる。防水のカメラを買うべきか・・・。

なんだか、ネガティブな書き込みばかりしているが、人間的にはラフティングは非常に楽しめた。
多分、他のわんこと仲良くできるわんこであればもっと楽しめると思う。

これで今回の旅行は終了。
普段つかわない筋肉をたくさん使ったので、帰るとぐったりなよすふく家であった。



那須高原~那須白河一泊旅行

2013 - 07/07 [Sun] - 23:14

ルアママの会社の保養所の予約が取れたので、那須白河へ一泊旅行旅行へ行く事にした。
仕事が忙しく休暇をとるのが厳しいので、土日曜日の一泊である。
朝6時起床、7時に家を出る。


途中の佐野S.A.で休憩


小さいながらもドッグランがある

若干渋滞に巻き込まれつつも昼前には到着。
しかし、ここでひとつ目のトラブル。
ルアジンのご飯を忘れた事に気づいた。
前日ジップロックに小分けしたのに持ってくるのを忘れてしまった。
ジンガちんは小さい頃からお腹が弱く特定のドッグフード以外を食べるとすぐ下痢してしまうので、急遽近くの動物病院を探して、なるべくお腹に良いものを見繕ってもらい一件落着。
誤算といえば、買ったフードがいつものフードの2倍ぐらいの値段がしたところか。

で、続くトラブルが、行き先をよく調べていなかったことである。トラブルというか人災である。
いや、仕事が忙しくて…
まあ、実際のところ、那須高原に行けば、ほっといてもいい感じの草原があるんじゃないかな~と密かに期待していたが、流石に何も考えていなかったのは良くなかった。

とりあえず、iPhoneを駆使して、近くにあった殺生石に行くことにした。
今の仕事にも多少関係あるので。


ジンガ「なんか臭いでち」

観光客はそれほど多くなくてよかった、というか殺生石以外特に見るものもないので、入れ替わり立ち代わり観光客が出入りしている印象。

殺生石から温泉神社(だっけ?)をぐるりと回って、次の目的地のつつじ吊り橋に向かう。


つつじ吊り橋

つつじ吊り橋は橋の真ん中部分が格子状になっていて下が見下ろせてなかなかスリルがあった。
また、思ったより揺れたので、ルーアが途中で腰砕けになってなかなか前に進めなかった。そんな中でもジンガちんは飄々と歩いていた。
この一件で、ジンガちんがルアさんより勇気があると思ってはいけない。よすふくが見る限り、ジンガちんのは勇気というよりは無謀(一度使ってみたかったセリフ^ ^)。単に結果が想像できていないだけである。
その分、一度でも痛い目に合うと、一生尾を引くタイプである。

つつじ吊り橋を渡ると森の中を散策できる。人も少なく、少し道を外れると一面草に覆われたちょっとした草原があり、思った以上に良いところであった。

その勢いのまま次に向かったのは平成の森である。


那須平成の森

が、ここでまさかの犬NG。
ちゃんと調べて来ないから…
しょうがないので、しばらく入口付近の木陰で涼みつつ、ルアママが飲み物を買いに行っているのを待っていたら、平成の森からでてきたオバサマ達にルアジンが囲まれてしまった。
こういうところでは、人見知りのルアさんよりも、甘えっ子のジンガちんがモテモテである(まあ、見た目も珍しいし)。
基本ルアさんタイプのよすふくは、愛想が良いとやっぱり得なんだな~とジンガちんのモテっぷりを見て思うのであった。

さて、そろそろ宿に向かう時間であるが、最後につまづいたままだと気持ちが悪いので、途中南ヶ丘牧場という乗馬やら乗ロバやら色々できる牧場に行って、美味しいソフトクリームを食べて、本日の宿に向かうとする。

で、途中立ち寄った那須高原S.A.で三つ目のトラブル発生。
よすふく的には一番テンションが下がった出来事である。


那須高原S.A.

軽く飲み食いして、さて出発という時に、ルアママから飲みかけのコーラのペットボトルをカバンにいれて欲しいと言われて、カバンにいれて歩き出して数秒後、お尻から足元にポトポトとしずくが…
未知の感覚に思わず振り向いてカバンを確かめると、フタがしっかり閉まっていないコーラのペットボトルからコーラが溢れ出していた(>_<)
お尻から足元にかけてビショビショ…。あと悪いことにカバンの中には交換用のカメラのレンズがいれてあって、よりにもよってそいつの被害が一番でかかった。
とりあえず、トイレの水で洗い流せるところは洗い流して、ダメになったものは捨てたりした。
幸いなことに、コーラがダイエットコーラだったためか、思ったよりベタベタとしなかったのは救いであった。

多少テンションが下がりつつも、その日の宿泊地であるエクシブ那須白河ドッグヴィラへ到着した。

夕食について確認すると、本館のレストランになるのだが、犬同伴はNGとのこと。食事に行っている間は部屋についている犬用ケージに犬をいれておいて欲しいとのこと。


ケージというか、犬を洗ったりするシャワールーム兼用の部屋

せっかくの旅行でルアジンを留守番させるのはかわいそうなので、食事はキャンセル。夜9時以降であれば、ルームサービスを頼めるということなので、それをお願いした。朝食も同様。

そんなこんなで一日目は終了。

二日目は朝食後、ホテル内のドッグランへ出かけた。



チェックアウトを済ませて、さすがに今日は調べておいた西郷瀞へ向かう。


西郷瀞で水遊び

人っ子一人いなかった。
水も綺麗で静かですごく良いところであった。
お昼前までひとしきりボール投げなどして楽しんだ。
唯一残念だったのは、水深が浅くて泳げなかったところである。





西郷瀞をあとにして、よすふくの行きたかった小峰城に向かう。



残念ながら、地震で石垣が崩れて中には入れなかったが、周りの公園が整備されていて散歩が楽しめた。

その後、せっかくなのでもう一箇所南湖公園の湖の周りを一周して帰路についた。



帰りの車の中でぐったりのルアジンであった。

野山北・六道山公園に行ってみた

2013 - 06/02 [Sun] - 19:43

前から気になっていた野山北・六道山公園に行ってみた。

いくつかある駐車場のうち里山民家駐車場に車を停めて散策開始。
駐車料金が無料なのはありがたい。


里山民家駐車場


散策開始

この公園、敷地面積が122haとやたらとでかい(ディズニーランドの約2.4倍)。
しかしながら、いくつかのエリアに分かれている感じで、よすふく的には残念なことであるが、一筆書きのようにぐるりと公園内を一周できるといった感じではない。
なので、一回で全部を見て回るというのはあきらめて、今回は公園中央付近にある里山民家駐車場に車を停めて、そこから西半分を攻めることにする。


田んぼの横を散策


駐車場近くにある岸田んぼを横目で見つつ北上
六道山公園へ向かう。

六道山公園に到着。
ここには展望台がある。
展望台には犬は登れないので、ルアママにルアジンを預けて、よすふく一人で登ってみた。


360度見渡せる

・・・で、って感じ。
周りの木が見えるだけで、そんなに面白くなかった。
晴れてればもっと遠くまで見渡せてよかったのかも。

そこから西の六道広場を抜けて、高根山公園へ向かう。


六道広場


高根山公園へ向かう


高根山遊歩道

いつの間にやら高根山公園に到着したので、田ノ入経由で六道山公園に戻ることにする。


どの道もよく整備されている


左手がさいたま緑の森博物館である


昼近くで暑くなってきたのか、日陰に入りたがるルアさん


流し目ジンガちん

このあとは六道広場にて簡単な食事をして駐車場まで引き上げた。


せっかくなので里山民家まで行って一休み

野山北・六道山公園であるが、本当に自然の中を散策するだけであるが、人も少なく、とても気持ちよく歩くことが出来た。
個人的に残念だったのが、六道山公園にある展望台付近で楽器を演奏する人らしき集団がいたのであるが、演奏せずに大音量で音楽を垂れ流していたことである。
せっかくのどかな風景の中散歩を楽しんでいたのが台無しである。
というか、あれは一体なんだったのか。
演奏するならまだしも、CDかけてるだけって・・・・。

あー、あと里山民家の軒先でルアジン連れで休んでいたら、オリジナルのウンコ袋渡された。
やっぱり、ああいうところではマナーの悪い飼い主がウンチを放置してて大変なんだろうなあ~と思う反面、自分もそういう飼い主扱いされたのかな、と若干残念な気持ちになったのである。

という訳で、公園自体は大満足であった。
機会があれば2度3度といってみたいものである。

« | HOME |  »

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。