直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> その他 > 体験乗馬ーっ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験乗馬ーっ

2012 - 03/05 [Mon] - 00:38

二日連続ルアジンに関係のない話題である。
興味のない人は華麗にスルーしてほしい。

本日、よすふく家の近場(車で15分ぐらい)にある乗馬クラブに体験乗馬をしに行ってきた。
よすふくの住む場所はそこそこ寂れた地域なのだが、腐っても神奈川県内なので、そんなにたいした設備じゃなかろうと出掛けたが、あにはからんや、敷地が大きくて設備も整っていて、少々ビビってしまった。

体験乗馬は夫婦同時に行えて、丸い柵上の中を馬に乗ってぐるぐる回るというものだ。
バターになる前に終わればいいが・・・(ぐるぐる回るというキーワードが出ると何故かこのネタばっかり考えてしまう・・・)。

始まる前に本日乗せてもらえる馬を紹介してもらった。
ルル君とニュースター君である。
どちらも男の子である。
いや、人間に例えるとルル君は結構なおじいさんで、ニュースター君はよすふく達と同い年ぐらいなので、男の子という呼び方は適切ではないが、まあそんなことはどうでもいいのである。
ルル君もニュースター君もいわゆるサラブレッドで元競走馬だったらしい。
ルル君はそこそこ勝ち星も集めていたらしい。
引退後の余生をここで過ごしていると言うことか。
何か、再就職口があってよかったなあ、と思う反面、ちょっぴり寂しく感じてしまった。

近づいて、顔などを撫でさせてもらうが、当たり前だがでかい。
そして、毛並みが良くて、美しい。

一通り、二頭への挨拶を済ませると早速体験乗馬である。
よすふくとルアママの今までの乗馬体験は、数年前に北海道の牧場で歩いた1回きり、つまり未経験と考えてもらってよい。

鞍にまたがると・・・、「高い」。
(正確には違うが)自分の身長と馬の高さを足した位置に目線が来るので、当たり前だが高い。
梯子でもなく、階段でもなく、エレベーターでもエスカレーターでもない、人間以外の生きものの上に乗るという感覚は未知の世界である。
それにしても、力強い。
体重75kgのよすふくが乗ってもビクともしない。

まずは、馬の歩かせ方を学び、その通りに行うとよすふくが乗ったニュースター君がスタートする。
面白いことにルル君は寂しがり屋でニュースター君の後をついていくので、ルル君は勝手にスタートする。
何だか楽だな、ルアママ。

歩いている速度とはいえ、振動はなかなかのものである。
初心者のうちは、鞍に手を載せるレバーみたいなものがあって、それを持っていたのであるが、それでもなかなか怖いものである。
何度か歩いたり止まったりを繰り返した後に、軽く走ることになる。
えっと確か最初の歩いていたのが常歩(なみあし)でこれから行うのが速歩(はやあし)だったと思う。
速歩の時は、馬の動きにあわせて乗り手も鐙に立ったり、鞍に座ったりを繰り返す軽速歩(けいはやあし)だっけ?をしなくてはいけないが、初心者にはこれがなかなか難しい。
自分が思っているタイミングと馬の動くタイミングがなかなか一致しない。
指導員の人の立って、座って、という指示に従って一瞬だけできたりするが、続けるのが難しい。

てなわけで、以上で体験乗馬は終了である。
2頭を連れて帰ったときに写真を撮らせてもらった。


ルル君


ニュースター君とルアママ

指導員の人に鼻から撮ると魚眼で撮ったみたいで面白い、と聞いたので撮ってみたら、確かに魚眼レンズ時ないのに魚眼風になっていて面白い。


ニュースター君かわええ

スポンサーサイト

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。