直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 犬本紹介 > 犬本紹介その38-「家族ペット」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬本紹介その38-「家族ペット」

2007 - 07/13 [Fri] - 22:58

『パラサイトシングル』――基本的な生活を親に依存し、リッチに過ごす未婚者――という言葉を世に送り出した著者によるちょっと風変わりな犬(ペット)本。

空前絶後のペットブームといわれる現代日本で、ペットを家族とみなす人が急増しているらしい。この本では、家族社会学の観点からこの現象を分析し、著者自身が定義した言葉『家族ペット』――飼い主によって家族同様に愛しまれる動物――誕生の真相に迫り、『家族ペット』は日本家族や経済、社会にどのような影響を与えるのかを論じている。

本書ではまずペットブームの現状が語られ、著者が『家族ペット』という言葉を提唱するにいたった経緯が明かされる。
さらに、本書の中間部分では、ペットを家族とみなす9人の飼い主にインタビューを行い、それぞれのケースについて著者が分析し解説を行う。
そして、最終章では家族ペットの未来を予想していく。

読み物としては面白いと思う。あ~、なるほどそういう考え方もあるか~、と素直に思う事も多い。
しかしながら、一愛犬家としては著者の主張に首をひねる部分も少なくない。特に、家族ペットが増える要因について、外在的な要因と内在的な要因の二つに分けて説明されているが、よすふく的にはイマイチ納得しかねるのである。

まず、著者が家族ペットが増える外在的な要因として挙げているのが、現代日本の家族状況である。理想的な家族を持ちたいという想いとは裏腹に、未婚化、離婚率の上昇、子供を叱ることができない親の増加、パラサイトシングル、ニート、核家族化・・・など現代の日本の家族は様々な問題をかかえており、人間相手には実現しにくくなったかけがえのない関係や自分らしくある関係を求める存在として家族ペットが登場してきたという。
そして、内在的な要因としては、まず、犬、猫、フェレット、ウサギといった小動物は「人間を連想させる」からであり、犬や猫などの小動物は子供を連想させ、子供がわりとして扱うのに最適な存在だというのだ。
さらにふたつめの内在的な要因として、「適度な手間をかける必要がある存在」であるということを挙げている。自分がいなければ生きられないと思える程度の手間はかかる点が重要なのだそうだ。
そして、みっつめの内在的な要因「寿命が長すぎず、短すぎず、ちょうど人間の子ども時代とおなじくらいの期間だけ生きる」ことを挙げている。寿命が短すぎると、かけがえのないという感情がそれほどわいてこないし、長すぎると自分が死んだあとが心配になるので飼いにくいらしい。

そうか?本当にそうなのか?
よすふくはルーアくんをかけがえのない家族と思っているが、少なくともよすふく家には上記のような要因は当てはまらないぞ。
確かによすふく家には子供はいないが、ルーアくんを子供の替わりにしようと思ったことなど一度もないし(そもそもよすふくは子供があまり好きではない)、ワンコに頼られないと自分自身に存在価値を見出せないわけでもないし、何よりルーアくんには本当に長生きしてほしいと思っている(大型犬の寿命短すぎ(>_<))。ワンコの寿命については、飼い主全てがもっと長生きしてほしいと願っているのではなかろうか?

まあ、そんな訳でこの本は決してオススメというわけではないが、内容的には読みやすいので、もし、愛犬との関係を違った角度で見つめなおしたいという人は一読しても良いかもしれない。基本的には普通のペット本にはない興味深い話なので・・・。

それにしてもこの作者、やたら家族ペット、家族ペットと書いているが、単にその言葉を流行らせたいだけなんじゃあ・・・と考えるのはよすふくの邪推であろうか?

さて、ルーア君『家族ペット』だって。どう思う?

犬本紹介その38-「家族ペット」(1)

ルーア君はうちの『家族』だからね

スポンサーサイト

ダーツも家族

確かに、寿命が長すぎずにちょうどいい、なんていわれると、何にもわかってないなぁ、って思っちゃいますよね。
ワンコは何かの代用品ではなく、ワンコ自身が魅力的なのにね。

ん~うちもそういう理由でメグロロを飼ったわけじゃないけど、言いたいことは
わかる気がする。
現に、自分の年齢と体力とを計算して犬飼った人知ってるし。(責任もって、育てるという意味でね^^;)子供ができなかったり、離婚したりで犬や猫を飼って
る人も身近にいるし。
でも、みんなわんこを家族と思っている
暖かい人達です!
確かに、こういうことって、文章にすると難しい。まとめなくちゃいけないし、、
誤解もうけやすいし、、。

>ダーツママさん
ですよね~。
ワンコと暮らすのは、ワンコと暮らしたいからであって、なにかの代わりではないはずです。
どうもこの本の主張だとずいぶんと後ろ向きな感じがして違和感をおぼえます。
そうして、何かの代用にワンコを飼って失望した人が捨てちゃったりするんじゃないでしょうか。そんな気がします。

>メロ母さん
なんでもかんでも分析して文章にすること自体無理があるように思えます。
私自身もルーアくんのことは擬人化して娘のように扱うこともあれば、やはりどこかで人と犬との種族としての違いから一線を引いている部分もあるかと思います。
正直自分でもこの気持ちはつかみきれていないので、ちょっとインタビューされた相手にふむふむとしたり顔で分析されるのはどうかなあと思ってしまいます。そもそも自分でも良くわからない気持ちをインタビューで100%表現できないわけですから。
確かに第三者から見るとそうなのかもしれないが、俺とルーアくんとの関係は400字詰めの原稿用紙10枚程度ではあらわせないぞ、と思ってしまいます^_^;
あ、自分でも何かいているかよくわからなくなりました・・・。
本の感想とか書いていて思いますが、確かに文章を書くのは難しいです。
ところで遅ればせながらメグちゃんの足、悪性の腫瘍じゃなくて良かったですね(^o^)丿元気になったようでよかったですー。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yosfuku.blog47.fc2.com/tb.php/451-701d60de

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。