直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 犬本紹介 > 犬本紹介その32-「犬はどこから…そしてここへ―犬はオオカミの子孫ではない ムツゴロウのしつけ理論」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬本紹介その32-「犬はどこから…そしてここへ―犬はオオカミの子孫ではない ムツゴロウのしつけ理論」

2007 - 03/25 [Sun] - 11:39

≪ルーアくん情報≫
首のしこりはかなり小さくなってきました。
日々の生活は薬を飲んでいる以外は、基本的にいつもと変わらず過ごしています。
ご心配いただいた皆様、本当にありがとうございます。ルーアくんも元気です(^o^)丿
まだ全快というわけではないですが、ブログのほうは犬本紹介など、あまりルーアくんがらみではないところから徐々に再開していきますのでよろしくお願いします。



この本は、あきる野市の東京ムツゴロウ動物王国で行われたムツゴロウ氏のティーチインの内容をまとめたものであり、氏自らがあとがきで述べている通り、ムツゴロウ氏の新説発表ともいえる本の内容となっている。
何が新説なのか?
一般的に、犬に関する書物には「犬はオオカミの子孫である」と記されており、しつけの本などでもたびたびオオカミの群れの特性を例に挙げて説明している。
例えば、「オオカミは群れのリーダーには絶対服従なのです。だから、オオカミの血を受け継ぐ犬に対して人間は必ずリーダーにならなければいけません」といった具合にである。

この本で、ムツゴロウ氏はこういった考え(犬はオオカミの子孫である)を真っ向から否定している。
犬はオオカミの子孫ではなく、犬科動物という大きな進化の流れから分化してオオカミがオオカミとなったように、コヨーテがコヨーテとなったように、犬は犬になったのである(オオカミからさらに分化した?)。
本の中で書かれている言葉に「犬は人間と出会い、契約を結んだ―どちらが上でどちらが下かというものではない、お互いに助け合い、ともに手を取り合って生きていくという契約を」というのがあるが、この考え方ってすごくステキだと思う。
しかしながら、現在の日本を見る限り、その契約が守られているとはとても言えない。相変わらず無知な飼い主による放棄犬は後を絶たないし、無責任なブリーダーの施設崩壊によって命を落とす犬もたくさんいる。
いい加減に改めないと犬から契約を破棄されちゃうんじゃないか?と思ってみたりもする。

とと、話が変な方向に行ったので戻すと・・・。
ムツゴロウ氏の新説発表と書かれているが、実はこの考え(犬の直接の祖先はオオカミではない)はムツゴロウ氏だけが言っているわけではなく、雑誌『わんLOVE』の3月号でも書かれていたが、最近の研究で有力視されてきた考えらしい。
確かに、体重2キロのちわわから80キロのセントバーナードまでが、オオカミにしろ何にしろ1種類の動物から進化したとは考えにくい、と言われると説得力がある。

この本はおすすめかというと、正直なところ、うーんという感じである(紹介しといて何だが・・・)。
文体についてであるが、スピーチの内容を元にしているためか、文体が口語体っぽくなっており、話の内容が予想しづらく、正直な所よすふく的には読みづらかった(単によすふくの読解力がなかっただけかもしれない・・・)。
内容についても、文体でつまづいてしまったいるので、ムツゴロウ氏の言わんとしている事が正しく理解できず、どうもこう、懐疑的に受けとってしまいがちであった。
興味のある方は読み物として一読されてみても良いかと思うが、わんこのしつけに直接役立つというものではないと思う。

犬本紹介その32(1)

ルーアくんとの契約は続行中である^_^;




スポンサーサイト

読んでみたかったんですけど・・・

とりあえず買うかどうか決めるために貸してください。よすふくさん。

なかなか興味深い

ヒトとわんこの契約ってなんだか素敵ですね♪
むつとの契約かあ・・・・いい感じで続行中と信じております。
いつもながら本紹介のルーアちゃん、カジカジしないのかな?と感心しちゃいます。
むつには無理な光景です・・・・

>宝マさん
もう読みおわったのでいいですよ~。
受け渡し方法はどうしましょうか。
よろしければメールください。

>むつははさん
ルーアくんは本にはそれほど関心がないらしく、ソファで寝そべっているところなどを狙えば、比較的簡単に撮らせてくれますね~。
あ、でもどの本か忘れましたが、確か1冊だけしつこくカジカジしてきたのがありました。なにか良いニホヒでもしていたのかもしれないです^_^;

うーん可愛い うちのミルクも図鑑に載らないかなー 夢は遠いカナ

>ぷーさん

図鑑に載るわんこは、どういった経緯で載るようになったのでしょうかね?やっぱり、ブリーダーさんとかじゃないとだめなんですかね?
ミルクちゃんはまだ子犬なのでしょうか。
うちも夢は遠いです・・・^_^;

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yosfuku.blog47.fc2.com/tb.php/387-1b10f44b

東京ムツゴロウ動物王国

東京ムツゴロウ動物王国ムツゴロウ動物王国(むつごろうどうぶつおうこく)は、ムツゴロウこと畑正憲が創設した王国(動物と触れ合うための施設)。英語表記は "Mutsugoro Animal Kingdom".* 北海道厚岸郡浜中町に「ムツゴロウ動物王国」を開園

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。