直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> しつけの悩み > 犬の社会性について  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の社会性について

2006 - 01/25 [Wed] - 23:28

犬に社会性を身につけさせるためには、仔犬の頃からなるべくたくさんの人や犬に触れ合わせる必要があるという。
うちのルーアの場合は5ヶ月までブリーダーさんの所に預けていたので、あまり他の人や犬に触れ合う機会がなかったようである。散歩中に他の犬と挨拶させようとするとしり込みをして俺の後ろに隠れてしまう。まあ、そんなしぐさもかわいくて仕方ない訳であるが、やはりこのままではよろしくないのでなるべく散歩中に他の犬と触れ合う機会を作ってあげようと思った。

そんな中、ルーアが他の犬と接する行動パターンを見てみると、特に小型犬が苦手らしく少しでも吠えられるとその場に固まって動かなくなってしまう。あるいは、よく吠える犬が苦手なだけかもしれない(小型犬はよく吠えるので)。一方、レトリーバー系の犬とは比較的すぐに親しくなれるらしく、一緒にじゃれて遊ぶことが多い。
幸いなことに、いつもの散歩コース周辺ではラブラドールを飼っている人が多いので、出会ったときには一緒に遊んでもらえるようにお願いするようにしている。

これまで散歩中に出会ったラブラドールは少なくとも6頭はいる。
幾度か遊んでもらったのであるが、いつも思うことに(少なくとも俺が出会った)ラブラドールは遊び方がうまいと思う。
まだ、6ヶ月という幼いルーアの挑発をうまく流して一緒に駆け回り、ケガをさせないように遊んでくれる配慮のようなものを感じた。
これは犬が生来的に持っているものなのだろうか?
飼い主さんに話を聞いてみると、やはり2~3歳ぐらいまではやんちゃで手を焼いていたが、ある年齢からは大人しくなったという。
また、ラブラドールの飼い主の人に共通なのはしつけ教室に熱心に通っている人が多いと言うことである。
やはり、もともと訓練性能が高い犬だけにしつけにも気合が入るのであろうか。
ちょっと、考えさせられる話である。

黒柴ちゃんと遊ぶルーア君

↑散歩中であった黒柴ちゃんと遊ぶルーアくん。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yosfuku.blog47.fc2.com/tb.php/37-cbb47fbc

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。