直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 犬本紹介 > 犬本紹介その27-ドッグフード関連  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬本紹介その27-ドッグフード関連

2006 - 11/28 [Tue] - 13:40

おお?そういえば、最近犬本を紹介していない。
今まで読んだ犬本のストックはたくさんあるし、紹介したい本もいくつかあるのに、いざ書こうと思うとなかなか文章が思いつかないのである(文章書くのって難しい・・・)。

今回はよすふくが読んだドッグフード関連の書籍を3冊同時に紹介。

■「新・ペットフードにご用心!」

前著「ペットフードにご用心!」(未読)にて、当時は多くのペットフードに添加されていた酸化防止剤―エトキシキン、BHA、BHTによる発ガン性や原材料の不透明さを指摘し、多くの反響を得た著書の続編である。

前著出版から10年以上の時がたち、ペット業界も大きく変化した。
とりわけメーカー間には危険な酸化防止剤の使用をやめようという動きが広がり、一方で厳選された「天然素材」を使った高級フード(プレミアムフード)が続々と発売されてきた。中でも、「無添加」や「天然素材」にこだわったものは「ナチュラルフード」と呼ばれ自然食ブームが到来した。

この本では、こうしたナチュラルフードとよばれる製品の製造工程や原材料の不透明さを指摘し、実際にいくつかの製品の成分検査を行っている。
また、ハーブ入りフードの副作用についても注意を促している。

この本にはドッグフードにまつわる「こわい」話が満載されており、自分が今使っているドッグフードは大丈夫なのかと不安な気持ちにさせられる。
悪く言えば、不必要に読者の不安を煽り立てる本と言えるかもしれないし、では一体どんなドッグフードであれば安心してワンコにあたえることが出来るかが書かれているかというと、ある程度ドッグフードの選び方のポイント的なことは書かれているが、明確な回答は書かれていない。
とはいえ、これは当たり前だと思う。
現代のように、多様化したワンコの生活や病気で、このドッグフードならどんなワンちゃんでも大丈夫ですよ、と言う人の方が信用できないとよすふくは思う。

ドッグフード業界の現状を知るのに読んでも損はないと思うが、あまり鵜呑みにしすぎて不安になりすぎるのも良くないと思う。


■「食べてはいけない! ペットフード大解剖 愛犬編」

上記「新・ペットフードにご用心!」を読んで不安になり、市販のドッグフード56製品の成分表が載っているこの本を購入。
ドッグフード選択の助けになればと思っていたのであるが、結構微妙な本である。

まず、成分表についてであるが、この本に載っている成分表は基本的にメーカーが自主的にパッケージに表示しているものをそのまま載せているだけだということである。
それにどれだけ信憑性があるのかがまず疑わしいのである。
ご存知の方も多いと思うが、基本的にドッグフードには原材料の表示義務はないのである。
現状では、各メーカーの自主的表示にまかせられ、原材料の8割程度の表示が一般的とのこと。
それに対して☆~☆☆☆☆☆の5段階評価はどれだけ信憑性があるのかということである。

よすふく家でのドッグフード選びは、この本の☆の数はあくまで参考とし、やはり実際にある一定期間食べさせてみて、体調・便・毛艶・喰いつきなどを見て判断するようにしている。
まあ、そのため今まで7~8種類のドッグフードを試してきたわけだが・・・。

次から次へと新しいドッグフードが発売されているので、今買うのはあまりお勧めできないかも。よすふくが一時期使っていたティンバーウルフも載ってなかったし。


■「かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食」
Amazonの犬本を「売り上げ順」に並べると、いつも上位に食い込んでいるワンコのための手作りレシピ本である。

獣医師である著者は半断食など自らの体を実験台にして検証し、西洋医学ではなかなか治すことができなかった病気を、食事を改善することでワンコの自然治癒能力を高め治そうとしている。
この本には、著者自身の体験からやがて手作りフードに傾倒していったいきさつと、後半では、具体的な症例を挙げて、それにあう手作り健康食の作り方の紹介を行っている。

単純に、料理のレシピ集を望む人には、前半部分の長い文章が無駄なように感じられるかもしれないが、何故ドッグフードではなく手作り食にすると良いのか、ということをしっかりと理解するには前半部分も読んでおいて損はないと思う。

手作り食を考えている人にはおすすめである。
よすふく家のように手作り食の有用性は理解しているが、忙しくて手作りできないーと言っている人は逆に読まないほうが良いかも・・・(^_^;)

犬本紹介その27-ドッグフード関連(1)

ドッグおじや食べたいデス・・・
スポンサーサイト

はじめまして!

はじめまして、ランキングから来ました!
過去記事もさかのぼって読ませていただきました。おっ!と思うお役立ち情報があっておもしろい!楽しませて頂きました。またおじゃまさせて頂きます、よろしくお願いします!

おはつで~すww
ホームページ作ってみた
ガンガッて きょうも更新明日も更新
ほぼ毎日更新するんで…
見てくれたら うれしいかもww

http://bigsio.jp/~459/

あーらウチは手作りざんす。

ふっふっふ・・・・。ウチは(超ナマケモノなおしゃままのクセして)8割手作りざんすのよ。
だってフードだけだと食べないんでゴワス(急に口調が変わる)。一時期缶詰フードをあげてみたんですが1回しか食べなくてアセったざんす。んで鳥胸肉を煮たのをメインに野菜とフードをトッピングして初めて継続的に食ったざんす。そんな我が家なので「果たしてコレでいいのか?」という疑問が常につきまとってるざんす。
こんな悩みが大岡越前風に一件落着するような本、出てませんでしたかーー。

先日朋パパも、本屋見かけた気になる犬の食事の本があったのですが、どうやらそれはとにかく危ない危ないって話ばかりらしく、かえって怖くなりそうな本だったので買うのをやめました。
ある程度の知識は必要だと思いますが、色々情報があると、あちこちで違うことを言っておりかえって混乱してしまいます。
やっぱりよく観察してあっているフードを探してあげることと、定期健診でしっかり見守ってあげたいですね!

心配・・・

おはようございます。
いや~こういった本とか読むとどれを信じてよいのやら・・・・っと不安になりますねェ。
自分の解釈でこれって決めても、何となくモヤモヤが残る感じで。
難しい・・・。

むずかしいですね・・・

ルア家のみなさまご無沙汰しておりました(^o^) フード選びって本当にいつまでも付きまとう(ワンの健康を考える人ならば)難しい問題ですね!今回anonの心臓の一件で本当に真剣にワンの食を考えました。手作り食で果たしてワンに必要な全ての栄養素を補えるのだろうか?さらには生食は本当にワンに良い影響を及ぼすことになるのだろうか?フードは果たしてワンにとってどのくらい信用のおける食事なのだろうか?などなど・・・先犬のゴールデンはフードオンリーで10年生きました。これは大型犬の寿命としてはそう短いほうではないと思います。しかし最期はガンでなくなってしまいました。あまり、考えすぎてしまうとどうしていいのか何が一番なのか分からなくなってしまいますよね!飼い主がしっかりと健康状態をチェック(チッチ・ウンチ・毛並みなどなど)しながらその時々に合わせてフード、手作り、生食、サプリを取り入れていく事がいいのかなぁ~なんて思ったり・・・ちなみに、anonは心臓の病気が分かってからメインフードをティンバーウルフのブラックフォレストにしていました。

う~ん

皆様考えてらっしゃるのね。その点、宝は不幸だわ~(果たしてその点だけか?)いつもカリカリご飯。マのお手製ご飯なんて夢のまた夢・・・。お腹の調子はチェックチェックだけど。他は・・・。でも、宝、マはいつかコスト&パフォーマンスに優れたご飯にたどり着いてみせるからね~。(なんのこっちゃ?)
ところで、よすふくさん。一押しのランは何処ですか?

犬の健康って・・・

最近ね、犬の健康ってフードは勿論だけど、それ以外に生活環境なんかも影響があるんじゃないかって思うんです。
フードはそれぞれに特徴があって、一概にどれが良いとかは言えないと思うんです。 我が家の場合、プリエって物凄くコートが堅い仔だったんだけど、いつの間にかとても柔らかいコートに変わったんです。フードはずーっと同じもの。変わったことといえば、プリエパパが、家でタバコを吸わなくなったこと?
殺虫スプレーを使わないようにしたこと?原因は、全く分からないけど私自身も環境に影響される体質だから、気をつけたらちょっと変化があったのかな?犬にだって通じるものがあるんじゃないのかと・・・。

>じゅんさん

はじめまして~。
お楽しみいただけて幸いです。
私の方もチラっとブログを拝見させていただきました。
コーギーのチェブちゃんと暮らされているんですね。かわいいですね。
絵がうまくてうらやましいです。
時間が無くてコメントできませんでしたが、またゆっくりと拝見させていただきますね~。

>名無しの犬好きさん
あの・・・、ホームページの内容がまったく犬の関係ないのですが・・・。
き、嫌いではないですが・・・。

>おしゃままさん
8割手作りとはすごいですね~\(◎o◎)/!
おーしゃんは幸せものだ。
手作りフードはカロリーや必要栄養素など色々と考えることが多くて大変そう・・・。
レシピ集は色々と出ていますが、ワンコにも個性があるので「これさえ読めば大丈夫」的なものはないですよね~。
ここは一発おしゃままさんが書いてみては・・・。

>朋パパさん
まったくです。
人の不安をあおって、何かを買わせるのは霊感商法の手口ですよね。
確かに、ある程度は筋が通っていても、そこまで極端に言わなくても・・・ということは大いにあります。
朋パパさんのおっしゃるとおり、ワンコを日々観察して、何か異常が見つかったら早期対応、というのがいいようですね。
とはいえ、私も弱い人間なので、誰かに「このフードは絶対安心!」という太鼓判を押してもらいたいです(^_^;)


>ごんさん
そうですよね(^_^;)
うちも今あげているフードは食いつきも良くて、目だったデメリットが無いので、与え続けているのですが、これがベストかと問われると今ひとつ自信がないです・・・。
手作りにしたら、それはそれで悩むことが多そうですし・・。
ほんと、難しいです・・・。

>anonままさん
ご無沙汰ぶりです~(^_^;)
まったくもっておっしゃるとおりで、考えれば考えるほどわからなくなってきますね。
先代のゴールデンちゃんは長生きだったのですね。大型犬で10年といえばかなりなものだと思いますが・・・。
そういえば、フラットの平均寿命は7~8年だとどこかで見た記憶があります。
なんでも、癌になりやすいのでその分短いとか・・・。
この平均寿命を少しでも伸ばすために、フードなり何なりをよりよくしていかないといけないですよね~。
あ、ところで、うちも一時期ティンバーウルフのエルク・サーモン使っていました。
野生の食餌になるべく近いものというコンセプトがかなりスキです。

>宝マさん
うちも同じです~。いつも同じ水でふやかしたドッグフードです(>_<)
ああ、不幸なルーア・・・。
ドッグフードもあまり安すぎるのは当然良くないですが、高きゃいいってわけでもなさそうです。
吉岡は便がゆるくなるし、TLCはとにかく食いつきが悪かったです・・・。
一押しのドッグランですか?
そんなに行っている訳ではないので難しいですが、遠方(うちからみて)では山中湖のわんわん倶楽部と伊豆のマウンテンドッグランが広くてよかったです。
あと近場だと、この間行った小金井公園のドッグランが水場あり、日陰有り、そこそこ広いのでなかなか気に入りました。

プリエママさん

生活環境はかなり影響しそうですね。
私的にもっとも気になるのは精神的なストレスがワンコに与える影響です。
うちのようにワンコの留守番が長い家庭は、常にワンコと飼い主が一緒にくらしている家庭に比べるとストレスが相当なのでは?と思ってしまいます。
それによって、寿命が左右されるとしたら・・・、ワンコを飼う資格が無いのでは、と時折悩んだりします。
タバコとか殺虫スプレーとかも、百害あって一利なさそうですよね~。
色々と気をつけることがありそうですね。

永遠のテーマか!?

人間もそうですが、ワンコもこれでOK!ってものはなかなか無いですよね~
我が家は夏前の体調不良以来、完全手作り食にしてますが、日々悩みながら作ってます^^
が、台所のそばでウキウキソワソワしてるてぃだを見ると、ま、頑張ったろうか!と気持ちを奮い立たせてますよ~
が、てぃだのご飯を作った後に力尽きて自分はインスタントラーメンってパターンは多いのですが…。
手作り食をやっていくと、「あなたは須崎派?それとも本村派?」なんてコアな質問が飛び交うのですが^^;しょせんいいかげんな私は完全自己流!
まぁ体調を見ながら楽しく美味しく過ごせればいいなぁと、お気楽に過ごしま~す^^;
よすふく家も一度挑戦してみてください!
ごはんつぶをつけたルーアちゃん、絶対相当可愛いはず!!!

ありがとうございます!

朋ママです!
以前に、おねだり申し上げたフード関係の犬本紹介をしてくださって、ありがとうございます。
ちなみに、”愛犬のための手作り健康食”は私も熟読し、くず粉を購入、取り入れたことがあります。
私もついつい、ネットや本で、朋の食事について勉強してしまいます(試行錯誤してしまいます)
フードは、半年おきくらいに、朋にあったものを3種類くらい見つけて、サイクルしようと思っていますが、現在与えているナチュラルバランスが、便、毛艶、食いつき、ともに良好なので、次のフードに切り替えるのに思いきりが必要となってしまっています。。
朝は、基本は、肉と野菜メイン+トッピング(ヨーグルトや納豆、豆腐、などなど)の手作りですが、手作りを取り入れた途端に、26kgあった体重が1kg以上減ったりと、やはり、手作りは吸収面でどうなの?と、考えてしまいます。あと、抵抗力強化のためのやぎミルクと、明日葉青汁粉と、、、はぁ、ほんと、頭でっかちになり過ぎるのも考えものですが、とにかく、元気でいてほしいですものね~!

わんこのごはん・・・難しいですよね。
うちは以前フードだけでした。
単純に、手作りは栄養バランスがわかりにくい、そして、めんどうくさい。
しかし、同じフードをずーっと食べさせていて大丈夫なのか?だんだんと不安になり、ハンドラーさんに相談。結果、フードを少なめに薄いいりこ出しの野菜の煮込みをやっています。煮込みといっても大根、人参、ブロッコリー等なんでもいいんです、ねぎ系以外だったら・・・。水から煮て20分、後蓋をして放置、たったこれだけ、あと、冷めたら、密閉容器に1回分ずつ入れ、冷蔵庫へ。あげるときは、レンヂでチン。それとヨーグルト。でも、これも私の自己満足かもしれないですね。、でも今はこれを続けています。
人間の食生活も色々問題ありますが、犬の食生活も本当に難しく、どれが最適かはわかりませんね。

>ぽじさんさん
てぃだちゃん、完全手作り食とは幸せモノですね~。
うちも挑戦したいのですが、いかんせん飼い主の私がモノグサなので・・・^_^;
でも、確かに作っている最中にウキウキ待たれるとがんばろうという気になりますね、飼い主としては。
自分の食事を犠牲にしてまでてぃだちゃんの食事を作るぽじさんはすごい!!
手作り食には派閥(?)があるんですか。ハマると奥がふかそうですね。
しかし、人間のごはんもろくに作れないよすふくには敷居が高すぎます・・・。

>朋ママさん
私も本を見て、がんばって(そんな大層なものでもない)くず練りを作ってルーアにあげてみましたが・・・、あまり食べてもらえなかったです(>_<)
やはり、ドッグフードの場合はサイクルしたほうがいいのでしょうか?確かに以前、どこかで一種類のドッグフードを使いつづけているとリスクが高いのでサイクルしたほうがいいと聞いたことがありますが、やはりそういうことなんでしょうか。
ナチュラルバランスは私も使っていましたが、確かに良いフードでした。
今はボッシュというドイツ製のフードを使っていますが、これはこれでなかなか。ただ、少し油が多いのか、太りぎみになってきているのが気になっています。食いつきはすごくいいのですが・・・。
う~ん、やはり手作り食がいいんでしょうか。
色々考えちゃいますよね・・・。

>ニーケスママさん
なるほど~、レシピありがとうございます。参考になります。
確かにフードオンリーだと不安になってしまいますね。
本にも、フードはインスタント食品みたいなものだと書かれていて、妙に納得してしまいました。
うちはルーアにはあまり野菜をあげていないので、少し心配です。
書いていただいた方法だとそれほど手間がかからずにいい感じですね。
今度試してみます。ありがとうございました~。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yosfuku.blog47.fc2.com/tb.php/304-125133ef

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。