直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2013年05月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアさんの怒りが有頂天に

2013 - 05/26 [Sun] - 15:17

普段の留守番は比較的素直に受け入れてくれるルアさんであるが、その分休みの日には一緒にいたいという欲求が強く、ちょっとでも出かける素振りを見せるとしつこく後をついて回り、自分が連れて行ってもらえないとわかるとウオンウオンと文句を言い始める(吠えるのではなく、本当に文句を言っているように見える)。
それがわかっているので、休みの日にはなるべく一緒にいようとしているのだが、たまには夫婦水入らずで出かけたい時もあるわけで、この日もひさびさに映画を観に行くことにした。

案の定、お出かけ時にあげたおやつには目もくれず、あたしも連れてけ連れてけと文句を言ってくる。
ちなみにジンガちゃんはおやつにコロッと騙されて、ホクホクとバリケンの中に入って行った。それはそれでどうよ?と思うが面倒がなくて良い。

留守番中、ルアさんの怒りが有頂天(ひゃっほ~い)に達すると部屋のものを破壊する傾向があるので、ストレス解消用に段ボール箱を置いてくると帰った頃にはこんな感じになっていた。


いい感じに折りたたまれている

段ボールを破壊して気が済んだのか、それ以外はイタズラすることもなく大人しく留守番していたようでよかった。



ちなみに観に行ったのは『きっと、うまくいく』というインド映画で、3時間近い上演時間ではあったが、終始飽きることなく最後まで楽しむことができた。


インド映画といえば、踊りであるが、昔見た『踊るマハラジャ』とはまた違う感じで見ごたえがある

月並みな感想だが、まさに笑いあり、涙ありで3時間があっという間に過ぎた。
久し振りに人に勧めたい映画である。

スポンサーサイト

自炊はじめました

2013 - 05/12 [Sun] - 15:58

今更、という感は無きにしも非ずだが、自炊を始めることにした。
ここで言う「自炊」は料理ではなく、手持ちの本を電子化することである。
理由としては、
①本が溜まって、置き場所が無くなった。
②自炊したモノを管理したり、読んだりする環境が整ってきた。
③自炊の手法が大体確立されてきた。
などである。

①については、かなり切実な問題で、本棚に置けなくなった本はダンボールに詰めて押入れにしまうなど、対処療法を続けてきたが、いよいよ押入れからも溢れて、部屋の一角にダンボールが山積みになる事態になっており、抜本的な解決を迫られている。
また、学生時代に集めていた本が実家に山積みになっており、こちらについてもさすがにそろそろ引き取りに行かなくてはならない。

②については、NASを構築して家庭内のどこからでもアクセスできる環境を整えた。閲覧用の端末としてはiPad miniを今年の2月に購入し、同僚が自炊した本や、チョメチョメでチョメチョメした本を試験運用的に見てきたが、十分使用可能との結論が出ている。
が、現在のところ自炊したファイル(zipで固めてある)はiPad miniに落としてからでないと閲覧できない。将来的にはNASに置いてあるものをダウンロードすることなく閲覧できるようになればな、と思う。

③については、裁断機、スキャナーという自炊に不可欠な機材について、定番と呼べるものが出てきた。また、裁断機、スキャナーともお目当ての商品が最近バージョンアップして、今が買い時と思えたからである。

てなわけで、GW中に注文した自炊セットが届いた。


スキャナーScanSnap ix500と裁断機200DX

おおっ、意外と・・・小さい?
もっとでかい箱を想像していたが、意外と小さかったので少し拍子抜けである。

早速、荷を解き、セッティング。
セッティング場所はディスプレイを置いてあるテーブルと脇の本棚の上である。


スキャナーはかなりこじんまりしているので、パソコン机の一角に置くことにした


裁断機は脇の本棚の上に置いた

当初、裁断機の置いてあるところをスキャナー用に考えていたのであるが、スキャナーが思った以上に小さかったので、パソコンテーブルの一角を空けて、そこに置くことにした。
裁断機は面倒だが、一回一回取り出して、床の上で使おうかと思っていたが、こちらも思った以上に小さいことと、スキャナーの場所が空いたので、ここに置くことにしたが、おそらくコレは大正解である。床の上で裁断していると、間違いなくルアジンがやってきて危険なので、ルアジンの手の届かない台の上に置くのがベストである。

ソフトのインストールを終えて、いよいよ初の自炊に取り掛かるが、記念すべき第一回目の自炊対象はうすた先生の「ピューと吹く!ジャガー」、「武士沢レシーブ」、「チクサクコール うすら京介短編集」(「セクシーコマンドー」は押入れのどこかにあるはず・・・)と富樫先生の「レベルE」である。


武士沢レシーブは名作だと思うのだが、何故2巻で終わってしまったのか・・・

まあ、実際は他の1冊を実験的に先に自炊したので、初ではないのだが・・・(さすがにいきなり本番はできない)。

検索すれば山ほどでてくるので自炊の方法は省くが、基本的には以下の通りである。


裁断機で背表紙部分を裁断する

200DXは裁断するポイントの目安がライトで照らされるので、それを参考に位置を決める。
場所を決めるさじ加減が難しい。
切りすぎるとページ内側の文字が切れたり、見開きがおかしくなってしまう。かといって、あまり切らないと糊付け部分が残ってしまい、スキャン時に紙詰まりを起こしてしまう。
ぶっちゃけ、この辺りは運だと思ってあきらめている。
丁寧な人は、糊付け部分をドライヤーで暖めてはがしているらしいが、こちとらさすがにそんな余裕はない。


思った以上にサクサク切れる


切ったら、スキャナーにセットして、取り込む

先ほども少し書いたが、スキャン時にジャムることがたびたびある。
ScanSnap ix500はその辺もかしこくて、ジャムったところからやり直すことができる。
怖いのは、ジャムることよりもむしろ、正常に終わること。
2ページがまとまって読まれてるのに正常に終わってしまったら、まず気づかない。

という訳で確認作業が重要になってくる。

自炊作業自体は、ぶっちゃけそんなに大変ではないと思っている、個人的には。
基本的には機械まかせだし、慣れればパソコンで映画とか観ながら作業も出来ると思う。
本当に大変で重要なのは確認作業の方だと思う。
こればっかりは機械まかせには出来ず、自分で丁寧に確認するしかないのだから。

という訳で、自炊が終わったからといって、すぐに元の本を捨てるわけにはいかない。
万が一、失敗していた場合には、再度吸い出す必要があるからである。


裁断が終わった本たち
しばらくは保管しておく。

確認の方法であるが、これはもう「読む」しかないのである。
一度は読んだ本なので、もう一度読んでみれば、もしおかしな部分があってもすぐに気づくはずである。

自炊したデータは、ファイル名を連番にして、表紙をつけて、zipデータにまとめてNASにアップしておく。
必要に応じて閲覧のためにiPad miniに読み込んで暇なときに確認する。
そんな感じだろうか。


ジャガーさんをiPad miniに読み込んだ

今回自炊した本は27冊である。
色々とやり方を探りながらやっていたので、多分今後はもう少しペースをあげることが出来るだろう。
とはいえ、上にも書いたように確認が終わってはじめて終了と言えるので、あまり自炊だけ先に進めても仕方が無いような気がする。
その週に自炊した本を翌週に確認するとして、1週間当たり10~20冊程度が限界なのでは、と思う。
そもそも自炊はするが、イマイチ読みなおす気にならない本もあったりする(じゃあ、自炊しなければいいとも思うが・・・)。
なぜ自炊するのか。単にモノを減らしたいのであれば、売ったり捨てたりすれば済むことであるが、やはり自分で購入した本にはそれなりに愛着があり、二束三文で売った自分の本で他人が儲けようとするのを快く思わなかったりするからである(捨てるのは論外)。

やってみてわかったが、自炊はやはり修羅の道である。
丁寧にやればやるほど陥る穴も深い。
よすふくのような適当な人間でも、表紙と帯と中表紙とその他で設定を変えて読み込んでいる。
ましてや神経質な人が手を出したら、1冊吸い出すのにどれだけのコストがかかるのやら。
とりあえず、よすふくの方針としては、無理せず気長にやろうということである。
なんだかんだで、愛読書を切るのはやはりためらいもあったりするのである。

雨の日は

2013 - 05/11 [Sat] - 13:33

雨が降るとルアジンにカッパを着せて散歩に行くのだが、ジンガ的にはカッパを着るのが気に入らないらしく、玄関の方へ逃げてしまう。


顔は背けているが、目だけこちらを伺っている

どうにかこうにかカッパを着せて、玄関を出ると、何故か玄関横の花壇に飛び込む。


なにが気に入らないのやら…

水元公園に出掛けた

2013 - 05/05 [Sun] - 21:57

GW後半の4連休のうち、最初の2日間は仕事に出掛けなくてはならず、5/5のこどもの日にようやくルアジンと出掛ける機会が出来た。
多分、GW中に出掛けるのはこの日1日だけとなるので、せっかくだから行ったことのない公園に行こうということで、都内でそこそこ大きな公園である(ディズニーランドの1.4倍)水元公園に出掛けた。

水元公園は葛飾区にあり、埼玉県との県境にある。
敷地のほとんどが緑と水で占められている広大な公園である。

朝6時に起床。
出発し、東名→首都高と乗り継いで現地に到着。
特に渋滞もなくスムーズに到着した。


まずはルアジン達に朝食をとらせてから、散策開始である。


公園の真ん中辺りの駐車場に車を停めたので、大きな川(江戸川)沿いに道を進み、まずは中央広場を反時計回りに大きく回るように進んで公園の端にあるかわせみの里へと向かう。


散策開始


良い天気で気持ちが良い


川沿いの道を進む

川のある公園、と聞いてまず思ったのが「ルアジンを川で泳がせられるかな」ということであったが、着いて実際に川を見たところすぐにあきらめてしまった。
というのも、まず川があまりきれいではない、ということ(まあ、都心の川だしね・・・)。
さらにもうひとつが、連休中ということもあるのだろうが、釣りをしている人が大量にいるということである。
実際、川辺にはほぼ3~4メートルおきに釣り糸を垂れている人がいて、川沿いを散歩するのにも色々と気を使わなくてはならなかった。


途中あちらこちらに野鳥を観察できる場所がある


望遠レンズに付け替えて撮ってみるが、やはり飛んでいる鳥を撮るのは難しい


川に入りたそうにしているジンガちん


とか思っていたら、入りやがった
というか、足を踏み外して落ちたみたい。
慌てて上がろうとする。
なにやってんだか・・・。


気持ちのよいところである


橋の上に人だかりがいる


と思って近づいたら、三脚を立ててかわせみを撮影している人の群れであった

しばらく見ていたが、シャッターを切る音が聞こえなかったので、「待ち」中だったんだろうな。
それにしても皆さん良いレンズをつけてらっしゃる。
かわせみとか撮影してみたいが、いつ現れるかわからない鳥をひたすら待ち続けるのは、性格的に無理だな・・・。
この辺りは、釣りに通ずるものがあるような気がする。
釣り糸を垂れて、いつかかるかわからない魚を待つのも、よすふく的には出来ないな、と思ってしまう。

という訳で、いつの間にかかわせみの里に到着したので、折り返して次は公園の反対側へ向かうとする。
それにしても、ここまで来るだけでも結構時間がかかった。さすがに広大な敷地をもっている公園である。

さて、実はこの公園にはドッグランがある。


登録すればすぐに遊べるので、途中にある管理事務所で登録する
ちなみに登録には鑑札と狂犬病予防接種の証明書が必要である。


登録を済ませたので、水元大橋を越えて向こうのエリアに行く

最初に散策した公園北の方のエリアはしっかりと整備されているものの、手付かずの自然的な感じが残されていたが、こちらの方のエリアは比較的人工的な感じがする。
人も多くなってきたのであまり犬連れ散歩には適していない環境になってきたので、食事をとって引き返すことにする。

ところで、

相変わらず川が気になって仕方がないジンガちんは


よりによって、一番汚そうなところで、またしても川に落ちてしまった
そして、上がれないでもがいている。

しょうがないので、引き上げてやり、ばっちいので近くの水場で水をかけて応急処置をした。

あと、ジンガちゃんであるが、歩いていると急にかがんで左足を気にするようになった。


なんか踏んで、足に刺さったのか?と思い、ルアママと協力して嫌がるジンガの足を見てみたが、特に異常は見当たらなかった。
が、あまりにしつこく気にするので、ルアママがパッドとパッドの間のゴミを指でかき出したところ、あまり気にすることがなくなった。はっきりとコレ、という理由はわからなかったが、とりあえず、よかったよかった。

せっかくなのでこの後はドッグランでひとっ走りして、渋滞がひどくならないうちに帰宅することにした。


ドッグランではジンガちんの独壇場である


ボールを取ってきては


木陰で休んでいるルアさんの隣に座る


ボールを取ってきては・・・


ルアさんの隣に座る


取ってきては・・・


座る


心なしか、どんどんルアさんにくっついていっているように見える

ケンカばっかりしているように見えるけど、実際には仲良しなのか?

ちなみに、

ルアさんも決して寝ているばかりではなく


しっかりとボールを追いかけていた


戻ってきたらすぐに寝てたけど・・・


芝生と木陰があるドッグランは良いですな


というわけで、帰路についた

途中、首都高で若干渋滞に巻き込まれたが、それほど遅くならずに家に帰ることが出来た。

水元公園であるが、期待通り大きくて自然がいっぱいでよい公園であった。
残念なのは水があまりきれいではなかったことと、人がたくさんいて思うように散歩できなかったことである。
せっかくドッグランも利用できるようになったので、またの機会に利用したいと思う。

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

04 ≪│2013/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。