直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2012年11月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイツリーとルアジン

2012 - 11/27 [Tue] - 23:06

スカイツリー見てきた。





ライトアップが美しかった。

道が混むので車で都内に来るべきではないなと再確認。

スポンサーサイト

男一匹犬ふたり旅行記-帰宅編

2012 - 11/26 [Mon] - 15:45

実家で2日間のんびり過ごした後は、いよいよ自宅へ向けて出発である。
ただ帰るだけだとつまらんので途中で寄り道する予定。
…と思っていたら生憎全国的に雨模様。
途中で止む事を期待して出て来たが、最初の目的地付近に来ても止む気配がないどころか強くなって来た。
しょうがないので雨の中観光する事にすることにする。

というわけで、彦根城。
ルアジンとカメラと傘を持って行くが、めちゃ大変。
一箇所目にしてくじけそうである。


良い雰囲気である


紅葉がきれいであるが、雨が降っているためレンズに水滴がついて台無しである


彦根城の天守閣前
思ったより小さく見える・・・。


玄宮園は彦根城の北東にある庭園であるが、ラッキーことに犬okである
彦根城は心が広いな~。
全体的に彦根城では、スタッフの方にはルアジンが優しくしてもらって感謝である。


玄宮園内で記念撮影


紅葉がとても美しかった、雨さえ降っていなければ・・・

ところで彦根城といえば、ひこにゃんがいると思ったのだが、見かけなかった。
雨が降っているのでコタツで丸くなっているのかと思ったが、


ひこにゃんにはタイムスケジュールがあるようだ。
さすが、人気者である。
一目見たかったが、今日中にあと三ヶ所ほど回る予定なので、残念だがあきらめよう。
ノラひこにゃんとか捨てひこにゃんとかがいれば拾って帰ったのだが見当たらなかった。
残念である。

彦根城は以上である。
ちなみに本日の予定は、国宝四城を訪れつつ帰ろうというものである(姫路城は以前行ったので割愛)。
とりあえず、次の目的地の犬山城に向かうが、近場の関市にも用事があるので立ち寄る予定。

で、関市での用事は、居合刀を発注すること。
現在使っている2.6尺から3尺にバージョンアップするのである。
3尺刀、使ってみたかったんだー。
ネットでも注文できるのであるが、実際に現地に来て材料を目で見て選びたいと思ったのである。
店主の方には懇切丁寧に対応していただいた。
実際に工房に入れてもらい、中で希望の長さの刀身や鞘、柄などを選ばせてもらえた。
また、店主の方は居合いを10年行われているので、色々とためになるお話を聞くことができた。


すべての部品を自分の目で選ぶことが出来たので、希望通りの居合刀ができるはず、楽しみである

予定の時間を大幅にオーバーしてしまったので、慌てて犬山城に向かう。
相変わらず雨が強く降っている。


こちらも紅葉が見事である

ルアジンを連れて犬山城に向かうが、途中の門で止められてしまった。
犬はこれ以上中には入れないとのこと。
予想してしかるべきことであったが、前の彦根城が比較的犬フリーのところだったので、犬山城も当然そうだと思い込んでしまっていた。せめて天守閣の前までは行けるかと思ったが、天守閣がまったく見えない入り口のことろで締め出しをくらうとは予想外である。

犬山城という名前なのに・・・、あと犬のイメージキャラまで使っておきながら犬を締め出すのかと理不尽な怒りをおぼえてしまった(予定より時間がなくなってあせっていたのと、雨が降っていてイライラしていたので気が短くなっていたと思っていただければ幸いである)。
よすふくの基本姿勢は「犬禁止なら、人間も入れてもらわなくて結構」である(まあ、当たり前ですが)。


せっかくなので記念撮影だけはして、さっさと駐車場に戻って犬山城を後にする

まあ、ルアジンを車に残してよすふくだけでも行くという手もあったが、実際他のところではそうしていることもあるのであるが、何となくこのときはそうしたくなかった。

最後の目的地は長野県の松本城であるが、中央高速を諏訪湖方面に走らせつつギリギリまで悩んだが、行かないことにした。雨も降っているし、日も暮れてきたので、こんな最悪なコンディションのときに行ってもきっと楽しめないからである(あと、犬の立ち入りのことも調べてないし)。

という訳で、このまま一目散で自宅に帰り、今回の旅は終了である。
中国地方の5日間がすばらしかっただけに、帰りの城めぐりは非常に残念であるが、まあ仕方がない。
松本城についてはまた機会があれば是非行きたいと思っている(ちょっと調べたら天守閣と庭園以外はokとのこと)。
彦根城も今度は晴れている日に回りたいと思うし、次はひこにゃんに会えればなあと思う。

今回の旅の移動距離であるが、グーグルマップさん調べでは以下の通りである。
もちろん、細かい行き方に違いはあると思うが大まかな参考にはなるであろう。

1日目:731km


2日目:334km


3日目:225km


4日目:223km


5日目:221km


最終日:595km


合計約2,329kmである。

今回は移動距離も多くて、車の運転があまり好きでないよすふく的にはかなり大変であったが、事前調べとタイムスケジュールを組んでいたおかげでかなり効率的に見て回れたのではないかと思う。
また、基本的によすふくが行きたいところばかりを選んだが、ルアジン的にもそこそこ楽しめていたように思う。
今回の旅の収穫としては、ジンガちゃんが車に慣れた、ということに尽きる。
旅の後も車に乗せているが、喜んで、とまでは行かないが、よだれでそこら中をビチャビチャにしていた時期を考えると雲泥の差である。

次回、もし機会があれば次は四国か九州を回りたいと考えている。
ルーアさんがもう7歳で、今回の旅の途中で疲れが出たことを考えるとルーアさんと元気に旅が出来るのもそう多くないだろうから、とまあこんなことは考えたくないのだが、もう少しルーアさんの思い出作りをしたいものである。

男一匹犬ふたり旅行記-五日目

2012 - 11/23 [Fri] - 21:01

さて、五日目、最終日である。


鳥取砂丘である


おおっ、思ったより広い
他の観光客から離れて行動することにする。


今にも雨が降り出しそうな曇り空と砂丘の感じが幻想的である


砂丘の中ほどにちょっとした草原と池があった
オアシスか?


盛り上がった砂丘(馬の背?)を登っていくが、砂がもろいため足をとられて思うように上がれない


どうにかこうにか上がったさらにその先は


砂浜-日本海である


記念撮影
他の観光客は浜辺まで降りてくる人はほとんどいないので、ひとしきり浜辺で遊んで満足したら戻ることにする。


もと来た道をさらに大きく迂回しつつ進む


雨が降り始めてきたので、砂丘探索はここまでとして駐車場に戻ることにする

鳥取砂丘は確か子供のときに来たような気がするが、正直ほとんどおぼえていないが、今日の天候とあいまって幻想的な雰囲気で非常に良いところであった。
日本海側に夕日が沈むさまが美しいそうなので、また機会があればもう少しゆっくりときたいものである。

さて、ここからは実家のほうに進路を向けて、2箇所ほど寄り道して帰る予定である。


まず1箇所目は岡山県大原町である。


美作国の宮本村-宮本武蔵が生まれたとされる場所である(諸説あり)

曲がりなりにも二天一流を習う身としては、一度は訪れておくべき場所である。


宮本武蔵のお墓


武蔵神社


参拝者名簿にもしっかりと記入した


武蔵神社の前で記念撮影


宮本武蔵の生家であるが、どれかイマイチわからなかった・・・


町全体で武蔵の里として盛り上げている


マンホールの柄もこんな感じ


宮本武蔵駅


幼少期の武蔵たちの銅像


無人駅のようで、待合室がこんな感じになっている


ちょっとお邪魔してホームで記念撮影


さっき電車が行ったばかりで、しばらく電車がこないのでルアジンも記念撮影


武蔵の里に戻り、食堂でお食事
武蔵二刀流麺とか・・・、ああ、ソバとうどんが一緒に入っているからか。

このあとルアジンを車で待たして、武蔵の資料館を見学。
満足したので次の目的地に向かう。


最後の寄り道は尼崎にある本興寺である
ここには天下五剣のひとつ数珠丸恒次 が祭られている。
一目見れないかと立ち寄って見たのだが、年に一度しか一般公開していないとの事。
ガッカリ・・・。
来年、時間が許せば是非また訪れたいものである。
まあ、とりあえず、神奈川に戻ったら、東京国立博物館に行くとしよう。

てなわけで、実家に帰って今回の旅は終了。

男一匹犬ふたり旅行記-四日目

2012 - 11/22 [Thu] - 13:44

四日目である。
この辺りで、車中泊にも慣れてきたのか、朝まで熟睡できるようになった。
もしかすると、単に寝不足で眠かっただけかもしれないが・・・・。

という訳で石見銀山、世界遺産である。


銀山公園に車を停めて、龍源寺間歩まで約2キロをぶらり散策である


最初は元気に駆け出すふたりだったが、


清水谷精錬所跡


この場所は何気によすふく的には良い感じであった

この辺りまでは元気だったルアさんであるが、しばらくたつとそれ以上進みたがらなくなってきた。
歩き方がおかしいわけではないので、どうやら昨日の疲れが残っていると判断。
もう7歳だしね・・・。
せっかく半分まで来たが、ここで駐車場まで戻って、ルーアだけを車の中に残して、再出発。


途中、紅葉がきれいなところがあったので、


ジンガちゃんを前に座らせて記念撮影


龍源寺間歩に到着


狭い坑道内は犬連れokである


進むジンガちん


ほんの数分で外に出ることが出来る


記念スタンプを押して引き上げる


紅葉前で別角度からもう一度記念撮影

というわけで、早々にルーアさんが待つ車へ戻り、次の目的地である出雲大社へ向かう。


出雲大社前で記念撮影・・・って、やる気なさすぎやろ!


もう少し近づいて、気を取り直して撮影
テントが邪魔やな・・・・


ルーアさん、早くもダウン
ルーア「もう動けまセン・・・」


ルーア「ZZZZZZ」


ところで、出雲大社神楽殿の大注連縄であるが、お賽銭を注連縄に投げて刺すような風潮があったようであるが、今年注連縄の付け替えを行った際に網で覆われてしまい、現在ではお賽銭が刺さらないようになっているようである。


写真が小さくてわかりづらいが、断面が網で覆われている
そうか、お賽銭を刺すのはてっきりそういう風習だからだと思っていたのであるが、実は非公式のことだったのか・・・・。

しばらく出雲大社内を散策したが、ルーアさんがあまりにも進みたがらないので、仕方なく次の目的地に向かうことにした。

てなわけで、松江城である。
久し振りのお城である。

心配していたルーアさんであるが、少し休んだおかげか普通に歩くようになった。


お堀と城壁ー
ここではお堀の中を船で遊覧できるようだ。


いい感じに古い木の橋を渡って城内へ


天守閣のところに侍(足軽?)がいたので、一緒に撮らせてもらった


天守閣どーん

その後は松江城周辺を歩いて、本日の散策は終了した。
予定では本日の宿泊予定地に行く前にもうひとつ水木しげるロードに立ち寄るつもりであったが、ルーアさんが歩きたがらないし、時間もそこそこ遅くなってしまったので、残念ながら今回行くことはあきらめることにした。

本日の宿泊予定地は「道の駅神話の里 白うさぎ」である。
途中の浜村温泉にてお風呂に入り、行き先をひとつ減らしたおかげで割りと余裕を持って道の駅に着いた。
せっかくなので少し贅沢な食事をすることにする。


親がに丼ー

うーん、カニ自体は美味しいが、そういえば俺ってカニをおかずにご飯は食べられない人やった・・・・。

食事に関して、そういえばひとつ失敗があった。
タイムスケジュールを組んだが、その中に食事の時間を盛り込まなかったために、基本食事は二の次になってしまうことが多くなってしまった。
特に旅行のはじめの頃は半日以上何も食べなかったり、時間がないため、コンビニでご飯を買って車で食べるということばかりだった。
せっかくの旅行、どうせなら現地の美味しい物を食べればいいのに、と思わないでもないが、そもそも食に対するこだわりはほとんどないし、好き嫌いも多い方なので、あれこれ時間をかけるよりは、手軽に済ませようと思ってしまうのであった。

明日は鳥取砂丘と他2箇所ほど回って大阪の実家に帰省する予定である。
てなわけで、車中泊の旅も明日で終了である。

男一匹犬ふたり旅行記-三日目

2012 - 11/21 [Wed] - 11:51

さて三日目。
今日はこの旅の中でもよすふくが最も楽しみにしていた角島大橋に行くのである。
本来の宿泊予定地よりも手前で休んでしまったので、早めに起床。
というか、やっぱりまだ車中泊に慣れていないので勝手に4時半とかに目覚めた。
まだ暗い中を出発して角島大橋に向かう。

到着。
まだ、結構暗いので手前の駐車場に車を停めて、ルアジンを散歩させつつ色々なところから撮影することにした。

※写真の時間軸がバラバラかも・・・。


奥に見えるのが角島


散策していると手前に少し高い展望台がある
きれいな砂浜が見える。


車を走らせ角島大橋を渡ると真ん中付近に停車スペースがある
本当は緊急でもない限り停車しちゃあいけないのだが、早朝で通行量もほとんどないので、下りて撮影することにした。
良い子はマネしちゃダメだ。


橋から見る本州側


角島側


さらに対面側から角島方向


そして本州側


さらにもう一度高台から撮影
朝の清清しい感じが出ている?


昇ってきた朝日に照らされる角島


反対側から


さらに角島対面の上に道路があり、そこから撮影
ここは良い撮影ポイントだ。

角島大橋の撮影がひと段落着いたので、角島に渡ってビーチで遊ぶことにした。


きれいなビーチで誰もいない


駆けるルアジン


やだ、ルーアさん凛々しい


テクテクテクテク・・・くるっ


帰りにもう一度撮影
このぐらい太陽が昇っているとハイエロファント・・・じゃなかったエメラルドグリーンの海がきれいに撮れる。

そもそも角島大橋を始めて知ったのは、インターネットのあるスレッドでみた一枚の写真であった。
そこで見た角島大橋の写真は「え?ここマジで日本?」というぐらい衝撃的な写真であった。
その場所が角島大橋だと知り、偶然旅行を計画していたときだったので、急遽予定に組み込んだのである。
本当は巌流島に行く予定だった・・・。
まあ、よすふくの写真ではその魅力が半分も伝わらないと思うので、機会があれば是非現地に行って見てもらいたい。
よすふく的にも満足、ルアジン的にも満足、というWINWINな観光地はなかなかに珍しいのであった。

さて、続きましては秋吉台に向かう。

関係ないがよすふくの車のカーナビの地図データが結構古いらしく、特にこの山口県辺りで、道があわないことが多々あった。そもそも、地名が出てこなかったりして、目的地の設定にも時間がかかってしまう。
秋吉台に行く途中も、ナビが示している順路と、道路標識に違いがあったりして、結構悩んでしまった。
で、秋吉台に向かうところでナビの指示に従わず、道路標識の指示に従ったところ、秋吉台の中腹付近(といっていいのか?)の長者ケ森の駐車場に到着。
なんだかよくわからないまま、ここから散策を開始する。
とりあえず、大正洞方面とやらに向かう。
平日の昼間ということもあり、人っ子一人いないのは非常に気持ちいいものである。


あきよしだーい
ルアジンも大興奮である。

ところで、これもなかなかお気に入りの一枚である。
そして、iPhoneだったりする。


散策開始


どこまでも続く道


ルーア「秋吉台サイコー」


緑と紅葉が混じる景色が美しい
今が一番良い時期かも。


一休み


物思いにふけるルーアさん

という訳で、さすがに大正洞まではいけなかったので、帰り水の在り処まで行って戻ってきた。

ルアジン的には海に山と、もうこれだけでも十分楽しんだと思われる。
次の目的地に向かう。


わかりにくいが、松陰神社である
ここには、明治維新に活躍した多くの人材を排出した松下村塾の実物があるというのでちょっと寄ってみたかった。
ルアジンは入れていいかどうかわからなかったし、観光客も多くいたので車の中でお留守番させてよすふくのみ境内を見て回ることにした。


松下村塾


松下村塾室内


松下村塾玄関

松下村塾の実物だあ・・・。
思ったより小さいんだな・・・。
うん、なんか感動。

で、ひとしきり見て回ってルアジンの待つ駐車場に戻った。

ということで、本日はここまで。
今日の宿泊予定地である「道の駅サンピコごうつ」に向かうが、その前にお風呂探しである。

お風呂探しやその他の情報を仕入れるのに重宝したのがやはりスマホ(iPhone)である。
これなしでの旅は考えられないぐらい頼りっぱなしである。
ただ、電池があっという間になくなるのが玉に瑕である。
今回のように車中泊の旅だと、気軽にコンセントで充電というわけにはいかない。
という訳で、今回はその対策としてエネループの充電池を持ち歩いている。
エネループの充電池は車から充電する。今回のように移動が多い場合はかなり有効だと思う。
ちなみに、直接iPhoneを車から充電しない理由は、エネループだと汎用的に使える(実は3DSも持ってきている)し、観光中にエネループでiPhoneを充電しながら見て周り、運転中はエネループを充電しつつ、iPhoneでは音楽を流す、といった使い方をしているためだ。

お風呂は道の駅に向かう途中の温泉宿で入った。
大浴場、と書いていたくせに、洗い場がふたつしかなくて、人が空くのを湯船で待っていたらのぼせてしまった。

今日は比較的時間に余裕があったので、道の駅のレストランを利用することができた。
もしかすると旅が始まって以来、初めてのまともな食事かもしれない(この辺りの食事事情も後で書こうと思う)。

てなわけで、三日目は終了である。
明日は島根県を回る予定。

男一匹犬ふたり旅行記-二日目

2012 - 11/20 [Tue] - 15:21

二日目、5時半に起床。
久し振りの車中泊はやっぱり寝にくい。
スペースを広げて足を伸ばせるようになったのは良いが、フラットとは言えない床が気になってやはり熟睡ができず、夜中に一度起きてしまった。もう少し見直す必要がありそうである。
ただ、寒さはほとんど感じなかった。
羽毛布団を被っているというのはもちろん、ルアジンの体温で車内がかなり暖かくなったようで、朝起きたときに窓にはたくさん水滴がついていた。やはりルアジンを連れてきてよかった。ただ、車内が犬臭くて仕方ないがな。

さて、本日は鞆の浦散策からはじめる。
何でも、ポニョの舞台になったとか(公式では認められてない?)、あと、坂本竜馬でも有名だとか。
まあ、両方ともあまり興味がなかったりするが、とにかく今までに見たことのない景色が見られるのなら何だっていい。


てなわけで、ルアジンに朝食をあげて散策開始。

鞆の浦は古い町並みが残る小さな港町で、細かい路地が特徴的であり、小さい町の中に見所がたくさん詰まっている、そんなイメージのところだ。


細かい路地を登っていく


圓福寺


行き止まり


早朝から漁船(ですよね?)が行きかっている(いや、行きかってはいないか・・・)


坂本竜馬のいろは丸事件の関連スポットがあるとか


坂本竜馬談判の町家


海が近くて、ルアジンが入りたがる


良い雰囲気の路地


お目当ての医王寺の紅葉を横目にどんどん上がっていく


医王寺からさらに600段ほど階段を上がった太子殿からの眺め
鞆の浦を見下ろす眺めは最高である。
しんどくても登ってきた甲斐はあると思う。


記念撮影

医王寺を後にして、町を散策していると、ちょうど学校が始まる時間なのか、小学生の登校風景がみられた。


狭い路地を集団登校している

この辺り、路地が狭い割には車の往来が激しくて、ルアジンを歩かせるのに注意が必要だったが、子供達も結構危険なように思うが、ただそのためか交通安全で立っている大人がそこここにいたので、これはこれで逆に安全かもしれん。

さて、鞆の浦を一通り楽しんだ後は、広島市まで向かい、広島城と原爆ドーム、平和記念公園と一気に回ることにする。
と、ここでトラブル発生、予定表の移動時間の見積もりを間違ってたあああぁぁっ・・・。
鞆の浦から広島城まで30分てなんやねん・・・。
100km近くあるから、渋滞とかを考えると2時間近くはかかるはず。


とにかく、移動を開始するが、道が結構混んでいる。
どうにかこうにか広島に到着。
少々やきもきしながら広島城付近の駐車場に車を停めて、散策開始。


広島城の城壁とお堀っ!!

よすふく的には天守閣よりも城壁とお堀が見れるだけでもオッケーである。
いいねー、こういう手入れされている城壁は、見ててテンションが上がるー。

広島城の別名は鯉城(りじょう)。
鯉ですかー、あながちよすふくが勤めている会社とつながらなくもない?


広島城跡の前で記念撮影
ジンガも大分とおとなしく座っていられるようになった。
えらい、えらい。


紅葉が散っている中を抜けると


広島城の天守閣がどーんと現れる

もうちょっと時期が早かったら、紅葉に囲まれていたのかな~、そう思うと残念。
ただ、ここからは登れない(どうやら正面の裏にきたみたい)。


再びお堀をぐるりと回りこんで


途中、見事な紅葉があったので、記念撮影
いや、これは本当にすばらしかった。
よすふくの写真の腕がもっと良ければ・・・と悔やんでしまうほどに。


紅葉越しのルアジン


ようやく広島城正面に到着したので、記念撮影

広島城を満喫したら、そのまま原爆ドームと平和記念公園に向かう。


原爆ドームの裏(?)にて
自分で言うのもなんですが、この写真ちょっといい感じだ。
iPhoneの標準のカメラ機能で撮ったのだが、一緒に持っていった一眼よりも良く撮れている。
ルアジンも凛々しくて、お気に入りの一枚である。


紅葉の絨毯が敷き詰められたドーム


ドーム正面
観光客や遠足の小学生達がひっきりなしに訪れる。

その後、平和記念公園を散策し、次なる目的地へ向かうことにした。
で、ここでまたトラブル発生。
駐車場の場所を見失ってしまった。
広島城には駐車場がないため、近くの駐車場を利用したのだが、地下駐車場だったため、イマイチ入り口を覚えていなかったのである。
少々あせりながらも何とか場所を見つけて、事なきを得たが、駐車チケットなどは車の中においてきたので、こればっかりは人に聞くわけにもいかないので、正直結構あせった。

で、次なる目的地は、宮島-厳島神社である。
先の原爆ドームと並んで、広島県のもうひとつの世界遺産である。
何気によすふくの旅のテーマには城ともうひとつ世界遺産が含まれているのである。

宮島へ向かうフェリーの発着場に到着。
さすがに、近い駐車場はどこも満車である。
しょうがないので、少々遠くの駐車場に止めて、フェリー乗り場へ向かう。
犬もフェリーに乗ることが出来る。
ただし、甲板のみであるが、それでもありがたいことである。



あのフェリーに乗る


フェリー内でも落ち着いていたルアジン


宮島に到着
と、ルーアの天敵の鹿がいる。
実はルーア、前回の旅行で奈良の鹿に襲われたことがある。
どうやらそれを根に持っているらしく、鹿に襲い掛かろうとするので注意である。
どうやら、ここの鹿は平和主義らしく、ルアジンに近づいてこようとする。
一度近づいてきた鹿にルーアが吠えて、鹿が慌てて、ステーンとこけてしまった。
すまぬ、鹿・・・。


本気で回ろうと思ったら一日かかりそうなので、とりあえず厳島神社付近まで歩いていくことにする。


さすがに観光客が多い


途中何故か狭い入り口を通らされる


観光客と鹿がいないルート発見
このまま厳島神社まで一直線である。
多分、満潮の時は海に沈む道である。


大鳥居前で記念撮影


左に見えるのが厳島神社である


当然中には入れないので、入り口前で記念撮影


厳島神社をちょい進んだところにある五重塔(?)前でパチリ
凛々しいなあ、ふたりとも。


厳島神社内がみえる


紅葉のきれいなところ発見


撮影スポットになっているようである

本当ならこのまま紅葉谷公園などぐるっと回りたかったが、何せ人が多すぎる。
あと、鹿も多すぎて、なかなか自由に行動できない。
なので、残念だが、ここらで引き上げることにする。
この辺りのあきらめの良さは犬飼いには重要である。


ところで、本日のベストショット!!
大鳥居を舐めるジンガちんっ!!


ジンガ「ぺろり」

我ながら、ベストなタイミングでシャッターが切れた。
まあ、たまたまなんですがね。

で、次なる目的地は錦帯橋である。
小一時間ほど車を走らせて到着。
ちなみに錦帯橋は既に山口県である。


河原が駐車場になっており、ここから錦帯橋まで歩いていく


錦帯橋の向こうの山の上には岩国城が見える(ここも行きたかったな~)


通行料を払って橋を渡る(犬は無料でokである)


錦帯橋を渡ったところで、河原に下りて記念撮影


そのまま河原でボール遊び


というのも、18時から錦帯橋がライトアップされるというので、18時がくるまでの時間つぶしである

・・・が、ボールが川の流れにのってしまって、流されていってしまった。
がびーん、お高いボールなのに・・・。


18時ちょい前にはライトアップされたので、三脚を立てて撮影
せっかくなので、よすふくとルアジンのスリーショットである。

てなところで、本日の予定は終了。
本日の宿泊予定地である「道の駅北浦街道 豊北」に向かうが、その前に今夜のお風呂探しである。
1日目は健康ランドのお風呂に入ったが、本日は道の駅に向かう途中に見つけた温泉宿でお風呂だけ入ることにする。
当然、ルアジンは車の中で留守番であるが、1日目もそうであったが、日中の散歩に疲れたのか、ふたりともおとなしく休んでてくれるので助かる。
ルアさんに関しては、車をハウスと認識したのか、犬セコムが発動し、自宅にいるときのように、外で物音がすると吠えるようになった。頼もしいといえば頼もしい。

さて、お風呂がすんで、宿泊予定地に向かうつもりであったが、高速道路の途中で心が折れた。
なんというか、道が暗くて細いので、正直運転にあまり自信がないよすふくとしては、ここで無理をするよりも明日の朝多少早起きして出発したほうが良いとの判断である。
てなわけで、途中のPAにて車を停めて休むことにした。

これにて二日目は終了である。


男一匹犬ふたり旅行記-一日目

2012 - 11/19 [Mon] - 00:57

前日かなり早めに寝たため4時前に起床。
出発までにはまだ間がある。
飯食っても余裕だな~と思いつつ、ひとつ作業を始めてしまったが、これがまずかった。

車中、運転が長く、かなり暇になることが予想される。
話し相手もいないし、いつもの様にB'Zを大音量で熱唱するにしても、さすがに数時間続けるのは厳しい。
てなわけで、某アニメのコメンタリーをiPhoneに入れて持っていけば暇つぶしになるんじゃね、と思ってコメンタリーの部分をmp3にして抽出する方法を探って、試してるうちにどんどん時間が過ぎて、結局やり方はわかったが、処理時間が間に合わないということで、処理だけかけておいて、処理が終わったら、ルアママにDropBoxにあげてもらって、iPhoneでダウンロードすることにした。

やばい、出発時間ぎりぎりだ。
まあ、出発時間とはいえ、自分が勝手に決めただけなので、さして強制力はないのであるが、一度予定を決めると予定通りにいかないと気持ち悪い性格なので、大慌てで出発することにする。
この辺り、スケジュールを組むのは良し悪しだな・・・。

とりあえず、倉敷美観地区にナビをセットして出発。
車の模様替えをした関係上、入り口が後ろのハッチバック部分からとなる。
多少助走をつけるが、ルアジンともに軽やかに飛び乗れた。
ジンガの酔いが心配であったが、空間が広いためか、いつものように落ち着きなくウロウロすることはあまりなく、居心地のよさそうなところ(よすふくのカバンの上)に伏せておとなしくしている。

最初の休憩地点は新東名の駿河湾沼津SAである。
新東名にははじめて乗ったがやばいね、これ。
当社比で1.2倍ほどスピードが出てしまう。それだけ、走りやすく感じてしまう。
SAも新しくてきれいで快適であった。


駿河湾沼津SAは景色が良くて、ドッグラン、ドッグカフェのある良いところであった


さらに進んで、名神に入って、次なる休憩ポイントは養老SAである。


中国自動車道西宮名塩SA
ここはごちゃごちゃしてて犬向きじゃないので、トイレ行って、昼食食べたらすぐに出発。

当初の予定では倉敷の美観地区を目指していたが、若干時間に余裕がありそうなので、岡山城に寄る事にする。
何気によすふくはお城に興味があるので、今回の旅行でも積極的にお城見学を取り入れていこうとしているのである。


てなわけで、烏城公園の入り口に来た(岡山城の別名は烏城というらしい)。
決して、痛みを与えずに倒す例の拳法のアレではない。

天守閣以外は犬も入ることができるので、公園内を散策することにする。


バックに岡山城で、はい、ポーズ


ルーア「おかやまジョー」


ジンガ「おかやまジョー」

で、次なる目的地は倉敷美観地区である。


ここら辺りから美観地区かな?


川沿いに良い雰囲気の店が並ぶ


平日で観光客が少ないためか、広々とお散歩


よい感じの紅葉をバックに撮影(見事にカメラを向いてくれない)


ジンガに対して白鳥が興味深々近づいてきた(に、逃げて~)
白鳥A「おい、見ろよ、チリチリだぞ、こいつ」
白鳥B「しっ、目を合わせるな」


商店街を抜けて倉敷駅まで行ってみたが、普通の駅だった


美観地区に戻って、川沿い以外も散策するが、よい感じの町並みが続く


倉敷駅行くより、もうちょっとこっちを散策しておけばよかったと後悔

このあと、地元の犬集会に少しだけ混ぜてもらったりした。

時間が遅くなったので、次なる目的地の福山城へ向かうことにした。

・・・福山城に到着、既に当たりは真っ暗であるが、福山城がライトアップされているのが車から見えたので行って見ることにした。


福山城ライトアップ

烏城というから黒いのかと思ったら、全然そんなことなかった・・・。
追記:おっと岡山城と福山城を勘違いしてしまった。

ちなみに、天守閣があるエリア一帯は犬禁止のようであるので、ルアジンは手前の階段付近に残して城だけ撮影。
ルアジンとは城の周りの公園を散策することにしたが、そこそこ寒いのに、公園のベンチにはカップルがあちこちにいてなかなか居心地が悪かったので、早々に福山城を後にするのであった。

ということで、1日目はほぼ予定通り進んだ。
できれば津山城や鬼ノ城も見てみたかったが、今日出発したことを考えればこれでも十分回ったといえる。
とりあえず、近場でお風呂を探して、今晩の宿泊予定地の「道の駅アリストぬまくま」に向かう。

男一匹犬ふたり旅行記-準備編

2012 - 11/18 [Sun] - 20:19

4ヶ月のご無沙汰である。
ここ数ヶ月仕事のほうが超忙しく、このほどようやくプロジェクトが終了。
しばらく休まないと次の仕事が出来ないと、無理やり長期休暇を取得して、久し振りにルアさん達と旅行に出掛けた。
約3年ぶりになる車中泊旅行、前回と違った今回の特徴は、
①ジンガが参加
 → 相変わらず車に弱いが、連れて行かないとかわいそう。
②基本車中泊
 → 犬と泊まれる宿を探すのがめんどいし、高くつく。
③目的地は中国地方で1日1県回る
 → タイムスケジュールをしっかり組む。

で、出発1日前に急遽組んだタイムスケジュールはこんな感じである。

11/19(月)
5:30~ 自宅
   ↓10:00 移動(寄れれば備前長船刀剣博物館、津山城、岡山城、吉備津彦神社)
 15:30~18:00 倉敷美観地区(時間あれば鬼ノ城、宝福寺、備中国分寺、旧野崎家住宅)
   ↓1:00 移動
 19:00~20:00 福山城
   ↓0:30 移動
 20:30~ 道の駅アリストぬまくま(車中泊)

11/20(火)
   ↓0:30 移動
  7:00~9:00 鞆の浦観光コース
(http://www.fukuyama-kanko.com/course/course007.html)
   ↓0:30 移動(時間あれば明王院、吉備津神社、佛通寺)
  9:30~12:00 広島城、原爆ドーム、平和記念公園
(http://www.hiroshima-navi.or.jp/model/18498.php)
   ↓1:00 移動
 13:00~16:00 厳島神社、紅葉谷公園
   ↓1:00 移動
 17:00~18:00 錦帯橋
   ↓2:30 移動
 20:30~ 道の駅北浦街道 豊北(車中泊)

11/21(水)
   ↓0:30 移動
  7:00~9:00 角島
   ↓2:00 移動
 11:00~13:00 秋吉台
   ↓1:00 移動
 14:00~16:00 松陰神社、木戸孝充(桂小五郎)旧宅
   ↓3:00 移動
 19:00~ 道の駅サンピコごうつ(車中泊)

11/22(木)
   ↓0:40 移動(琴ケ浜の鳴き砂)
  7:00~9:00 石見銀山
   ↓1:30 移動
 10:30~12:30 出雲大社(日御碕、鰐淵寺の紅葉など)
   ↓1:00 移動
 13:30~15:00 松江城(小泉八雲旧居、宍道湖、佐太神社、佐太神社、神魂神社)
   ↓1:00 移動
 16:00~17:00 水木しげるロード
   ↓2:00 移動
 19:00~ 道の駅神話の里 白うさぎ

11/23(金)
   ↓0:30
  7:00~9:00 鳥取砂丘
   ↓1:30 移動
 10:30~12:00 宮本武蔵生家、武蔵の墓、武蔵神社
   ↓2:00 移動
 14:00~15:00 本興寺
   ↓1:00 移動
 16:00~ 実家

あと、前回の車中泊がかなりきつかったことを踏まえて、抜本的に車内の快適空間作りに取り組んだ。
特にジンガが参加することを考えると、ジンガが酔って吐いたときのことまで考慮しないといけない。


後部座席を倒して、トランクをつなげた空間を全てルアジン用に解放。
手前の緑の床にジンガ、運転席に近い所をルーア用とする。
網で仕切る予定(実際やってみるとあっさりとジンガに破られた・・・)。
ジンガは車酔いするので床に、吐いてもいいようにタオルを敷き詰めるつもりだが、なるべく吐かないでもらいたい。


寝るときは、キャンプ用に購入したマットを敷いて、助手席を倒すとなんとかよすふく(身長183cm)でも足を伸ばして寝ることができた。

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

07 ≪│2012/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。