直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2007年06月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日は朋ちゃんとお茶を・・・♪

2007 - 06/30 [Sat] - 23:10

今日は久し振りに朋ちゃん家さんと待ち合わせて、小山内裏公園のドッグラン→カフェである。
ルーアくんはドッグランの手前辺りから興奮しっぱなしで、ぐいぐいリードを引っ張って行く。
ドッグランに入り、興奮するルーアくんを落ち着かせるためにオスワリさせてリードをはずすとダーッと駆け出した。

土曜日は朋ちゃんとお茶を・・・♪(1)

おお(@_@)写真がブレるほどに速いぞ、ルーアくん!

今日はいつになく元気やな~と思うが早いか、数秒後にはピタッと立ち止まり辺りのにおいを嗅ぐ『まったりモード』に移行してしまった。

土曜日は朋ちゃんとお茶を・・・♪(2)

早いな~、ルーアくん

ああ、やっぱり今日も『ドッグラン』じゃなくて『ドッグレスト』(レスト:Rest=休憩、まああまり深く考えないで^_^;)なんだね。最近、ドッグランに連れて行ってもあまり走らないルーアくんであった。

まあ、それはさておき、朋ちゃん家さん登場。

土曜日は朋ちゃんとお茶を・・・♪(3)

おお~、久し振りの朋ちゃんだー

早速、においを嗅ぎあうふたり。

土曜日は朋ちゃんとお茶を・・・♪(4)

あれ?かぎあってない・・・・

久し振りの朋ちゃんは相変わらず艶やかなコートがくりんとしていて可愛らしい。ちょっぴりスリムになったような気がしたが、尋ねてみるとやっぱり2kgほど痩せたらしい。今ではルーアくんのほうが少し体重が多いようである。

そうだ、朋ちゃん。
せっかくだから、ルーアくんにドッグランでの遊び方教えてあげてくれない?

土曜日は朋ちゃんとお茶を・・・♪(5)

しまったー、そういえば朋ちゃん、まったり系のフラットだったー(>_<)

そんな訳で、フラット2頭とは思えないほどのまったりした時間をドッグランで過ごしたのであった^_^;

土曜日は朋ちゃんとお茶を・・・♪(6)

朋ちゃんは、ルーアくんにはない人懐っこさを持っているなあ・・・

一時間ほどまったりとドッグランで過ごし、その後は近くのドッグカフェでお茶をしながらワンコ話で盛り上がった。

土曜日は朋ちゃんとお茶を・・・♪(7)

ドッグランではまったりしてるくせに、何故か人の足元でガウガウ遊びをはじめるふたり

毎度、楽しいお話を聞かせてくれる朋ママさん達と、この日もふと気づけばたっぷり2時間以上お話しをして帰途につきました・・・。

あ、そういえばファニーフェイス(今日行ったドッグカフェ)に新しい看板犬が・・・。

土曜日は朋ちゃんとお茶を・・・♪(8)

4ヶ月の女の子(だったはず?)

かわええ(>_<)
最近、パピー熱が高まってきてるから、たまらんかった・・・。
やっぱり、多頭飼いはじめるかな・・・・。

スポンサーサイト

身体測定2

2007 - 06/29 [Fri] - 01:09

ちょうど1年ほど前にルーアくんの色々なサイズを測ってみたが、これがそのときの結果である

体長(胸の骨からお尻辺りまで):65cm
体高(地面から肩の上辺りまで):55cm
顔の長さ(鼻先から後頭部まで):27cm
耳の長さ(縦に一番長い箇所):12cm
首周り:40cm
前足の長さ:30cm
後ろ足の長さ:42cm
胸周り:67cm
腰周り:49cm
シッポの長さ:32cm
体重:21.7kg

んで、一年たった今、ルーアくんがどれだけ成長したか興味深いので、本日またルーアくんの色々なサイズを測ってみた。
まあ、例によって適当な測り方だがそこら辺はご容赦いただきたい。

結果:
体長(胸の骨からお尻辺りまで):68cm(+3cm)
体高(地面から肩の上辺りまで):58cm(+3cm)
顔の長さ(鼻先から後頭部まで):27cm(±0cm)
耳の長さ(縦に一番長い箇所):12cm(±0cm)
首周り:43cm(+3cm)
前足の長さ:35cm(+5cm)
後ろ足の長さ:46cm(+4cm)
胸周り:72cm(+5cm)
腰周り:54cm(+5cm)
シッポの長さ:35cm(+3cm)
体重:25.2kg (+3.5kg)

・・・・えーっと、ルーアくん太っ――

身体測定2(1)



あ、うそうそ^_^;
体格良くなったねえ~。
スキニーと呼ばれてた頃が懐かしいよ・・・(遠い目)。

犬本紹介その37-「ラブラドールの誓い」

2007 - 06/26 [Tue] - 22:25

かつて、犬たちは、「一つの家族を守ることは、すべての家族を守ることになる」という信念の元に、人間の家族を守ることを至上の命題とし生きてきた。犬の助けなくしては、人間の家族の平安は得られないと信じられてきた。
しかし時は流れ、スプリンガー・スパニエルの「スプリンガーの反乱」をきっかけとして人間と犬達とのかつての関係は失われ、大部分の犬たちは飼い主への忠誠心を忘れ、己の快楽のみを追及するようになっていた。そんな中、数ある犬種の中で唯一ラブラドール・レトリーバーだけは『ラブラドールの誓約』をかかげ、スプリンガーの快楽主義に抵抗する。
そして、現在、本書の主人公である若きラブラドール・レトリーバーのプリンスが暮らすハンター家に家族崩壊の危機が迫っていた。
これは、さまざまな危機に直面する家族を崩壊から救おうと、ただひたむきに『ラブラドールの誓約』の教えを守って生きるひとりの(とあえて言わせてもらう)ラブラドール・レトリーバーの物語である。
果たして、プリンスはハンター家を崩壊の危機から救うことができるのか・・・。

というところが、この本のあらすじである。

この本は、すべて犬であるプリンスの視点で描かれている少し風変わりな小説である。
登場する犬はみな人間の言葉を完璧に理解し、犬同士で会話をするが、人間にはその言葉は伝わらない(一部例外はあったが)。昔ジャンプで連載していた「銀牙 -流れ星 銀-」にちょっと似てるかもしれないが、別に熊を退治するわけではない^_^;

この物語で、ハンター家に起こる出来事は、いじめ、若者の性の問題、浮気などといった実際に現実で起こりえるものばかりである。また、それに対して、犬達が特に不思議な(現実の犬の能力を超えた)超能力を持って対抗するというわけではなく、こちらもまた、家庭の雰囲気が悪くなった場合には尻尾を大きな角度でゆったりと振るとか、家族の注意をそらすためにわざと絨毯の上に粗相するなどといった現実的な犬の行動で物事に対処しようとするのが読んでいてなんともおかしいのである。

この小説、文庫化の際に題名を変更したのであるが、もともとの題名は「英国最後の家族」であったらしい。もし、この題名であれば間違いなくよすふくはこの小説を手に取ることがなかっただろう・・・。

てなわけで、この小説は読みやすく、内容も面白かったので、個人的にはなかなかヒットである。
ラブラドールと暮らす人には特にお勧めかも。

犬本紹介その37-「ラブラドールの誓い」(1)

おい\(◎o◎)/!

代々木公園ドッグラン

2007 - 06/24 [Sun] - 16:22

本日は午後から天気が崩れるということなので、朝イチでルーアくんを連れて代々木公園に出来たというドッグランへ出かけた。
ドッグランを利用するにはまず管理事務所で登録をする必要があるらしい。
住所、氏名、狂犬病の予防接種の日付などの必要事項を書き込むと登録証をもらえるが、狂犬病の予防接種の済みかどうかは自己申告である(狂犬病予防注射済票の確認はしない)。

代々木公園ドッグラン(1)

代々木公園ドッグラン

小型犬用と全犬種用の2種類のフィールドがあり、それぞれ広い。
地面にはウッドチップが敷き詰めてあり、木陰もあるので夏場でも快適である。
あとは、水場があればなあ・・・。

さてさて、ドッグランに入ったルーアくんであるが、相変わらず他のワンコとは無関係に土のにおいを嗅いだり、落ちている枝をカジカジしたりと余念がない。
ていうか、走れよ!おまえ( ̄□ ̄;)

代々木公園ドッグラン(2)

そうなの(゚□゚;)~

フラットはルーアくんのほかに3頭いて、思いのほかフラット率が高くてビックリである。

代々木公園ドッグラン(3)

はなちゃん

Mフラのはなちゃん。
小柄でおとなしい性格で何だかルーアくんに似ていた。

代々木公園ドッグラン(4)

さらちゃん

ラン内をバビューンと走り回っていたさらちゃん。
フラットらしい性格であった。

あともう一頭見かけたのであるが、こちらは写真を撮るのも名前を聞くのも忘れてしまった(>_<)

代々木公園ドッグラン(5)

みんなでにおい嗅ぎ(黒ラブが一頭混じっている)

他にも、ニューファンやバーニーズ、サルーキー、ボルゾイなど大きいワンコがたくさんいたのでなかなか楽しかったぞ、代々木公園ドッグラン。

ドッグランを出て、代々木公園をぐるりと散歩したのであるが、気になったことがひとつ。
ドッグラン以外の場所でのワンコのノーリード率が高いことである。
犬連れじゃない人がいる場所やジョギングをしている人がいる中でも、普通にノーリードでボール遊びをしていたり、散歩している人がいるのには少々驚いてしまった。
とはいえ、それが悪いと言いたい訳ではなく(いや、本当は良くないのだろうが)、代々木公園って本当に色々な人がいるなあと感心してしまったのである。
中国武術をしているグループがいるかと思えば、木にネットをくくりつけてバレーをしていたり、踊りの練習や、何だかよくわからない民族楽器の練習をしている人、撮影会をしている人達などなど、それぞれが自分たちだけの世界を作って他とは干渉しあわないようにして楽しんでいるんだなあという印象を受けた。
そういえば、よすふくが所属するカポのグループも代々木公園でジョーゴ(ゲーム)をしたり、ビリンバウ(民族楽器)の練習をしたりすると言っていたが、これを聞いたときは「え~、目立つんちゃう?」と思ったのであるが、今日見る限りではそんなこと全然無いな、これは。

なんでもない一日

2007 - 06/23 [Sat] - 23:35

朝、ルーアくんに顔をペロペロなめられて起こされる。休日くらいゆっくり寝かせてくれよ~、と言いつつもお腹を見せてシッポをパタパタ振る姿を見ると苦笑するしかない。
散歩に出かけ、いつもの広場にさしかかると『ボールを投げてくだサイ!ボールを投げてくだサイ!』と興奮しているルーアくんを見ると、困ったやつだなあと思いつつもついついボールを投げてしまう。
遊びつかれて、ボールをくわえたまま横倒しになってハアハア呼吸を荒くしているルーアくんから強引にボールを奪い、再びボールを投げてやるとガバッと起き上がり必死になって取りに行くルーアくんには少々あきれてしまう。
カポに行くときに、『お出かけ』だと勘違いして喜び勇んで玄関までついてきて、自分が連れて行ってもらえないとわかったときのガッカリしたルーアくんの表情は何度見ても慣れない。
カポから急いで帰ってきて、玄関の扉を開けるとルーアくんがシッポをパタパタしながら飛びついてくるが、毎回前足が寸分たがわずみぞおちにヒットするのは、実は置いて行かれて怒っているのかね、ルーアくん?
部屋の掃除をはじめると、遠巻きにしながらも座り込んでこちらを見ているのは、ちゃんときれいになっているのか、ルアママに命じられて監視しているのだろうか?
夜のお散歩中、会うワンコ、会うワンコにダーッと走って近づくくせに、お尻のにおいを一度クンとかいだだけで興味を無くして、スィ~と去っていくのはいかがなものかと思う。毎回毎回「淡白なやつでして・・・(苦笑)」と相手の飼い主さんに言い訳している俺の身にもなってくれよ。
夜ご飯中、食卓の周りをうろつきながらクンクンにおいを嗅ぐことがなくなったのはえらいけど、ご飯を食べている俺らをオスワリしたままジーッと見つめ続けるのはやめてくれないかね?
食事が終って、俺らがテレビを見たり、パソコンをしだしたりすると、たったった~と2階の寝室へ上がり、さっさとゴロンと休んでしまうが、そういうとこクールだよなあ、おまいさんは・・・。

ワンコと暮らすまでは想像もしなかった一日。
でも、これが今のよすふく家の「なんでもない一日」である。


なんでもない一日(1)

夕日が少し美しかったねえ・・・

壁に落書き、いくない!

2007 - 06/20 [Wed] - 18:50

ニュースなどでもたまに取り上げられているが、壁などに描かれている何だかよくわからない言葉やマーク(?)は見ていてあまりいい気はしない。
描いている本人はアーティスト気どりなのかもしれないが、はたから見ていると『滑稽』のひとことである。

ルーアくんとの散歩コースでも見かけることがある。

壁に落書き、いくない!(1)

お、どうしたの?ルーアくん

壁に落書き、いくない!(2)

そもそも下手だしね

今日はもりだくさん

2007 - 06/17 [Sun] - 17:09

夏が来るー!
今年こそはルーアくんが泳げるように特訓しなくてはっ!

というわけで、湘南海岸公園へ出かけた。

今日はもりだくさん(1)

気持ちよいね、ルーアくん

渋滞にはほとんどぶつからず、9時30分頃到着。
すでに、海はサーフボードを担いだ人たちで埋まっているが、波打ち際は比較的空いていたので、とりあえず波打ち際で波と戯れることにする。
さてさて、ルーアくん海にはいるかな・・・?

今日はもりだくさん(2)

ダメだー(>_<)

やっぱり自分からはなかなか入ろうとしない・・・。――と一頭の黒ラブちゃんが海の中で遊んでいるのを発見。とっとっと~、と近づいて挨拶をしに行くルーアくん。

今日はもりだくさん(3)

おおー、入った、入った。

今日はもりだくさん(4)

なんだ、海に入れんジャン!

今日はもりだくさん(5)

なにを今更^_^;

黒ラブちゃん、ありがとー(^o^)丿
黒ラブちゃんが行ってしまったので、ルーアくんにはライフジャケットを着させて、いよいよ特訓開始っ!である。

今日はもりだくさん(6)

さあ!特訓、だよー!ルーアくん!

まあ、特訓といってもたいした事はない。
ただ、ボールを海に向けて投げて、ルーアくんにそれを取って来させるだけである。
ルーアくんがボールを取りに行かない可能性も考えられたが、日頃散歩中に必ずボールを取りに行くように洗脳しているので、体が勝手に反応して取りに行くはずだ、と思ってはじめることにする。

今日はもりだくさん(7)

ふっふっふ・・・

今日はもりだくさん(8)

とってこいー!

今日はもりだくさん(9)

ボールをキャッチすると一目散に海から上がるルーアくんであった

そんなこんなで約2時間ほど海で過ごして、次の目的地へ向うことにした。

今日はもりだくさん(10)

おつかれさま~(^o^)丿

次に向ったのが、ブログでお世話になっているLICCAさんのブログ『AHAHA☆ASH in SHONAN』の記事にでていた、5ヶ月のフラットちゃんがいるペットショップである。
実は事前に場所をLICCAさんに教えてもらっていて、今日湘南へきたのはそのフラットちゃんに会うためだったりするのだ。

んで、ルーアを連れて対面、である。

今日はもりだくさん(11)

おお?

なんや、意外に大きいし、それに心なしか白いような気もするし・・・・っておい( ̄□ ̄;)!
(ノリツッコミ)

すみません、これは階段に置いてあったホワイトタイガー(?)のぬいぐるみでした。
本物はこちら↓

今日はもりだくさん(11)

か・・・かわえええ(´∀`*)

ちょっぴり細めで、目がくりんとした小さなフラットちゃんである。
LICCAさんが書かれてたように、広いスペースにシェルティと一緒に入れられていて、時折ピョンコピョンコと跳ね回る姿は、いつまで見ていても飽きない。
そして、ルーアを見つけたそのフラットちゃんの反応は・・・。

今日はもりだくさん(12)

ガラス越しにルーア目掛けて飛び跳ねてくる(^o^)

同じ犬種だと理解したわけではないだろうが、ルーアくんを見かけたそのフラットちゃんは、ピョンピョンとガラス越しに飛びついてこようとして、これがまたかわえええええ(T_T)
しかし、当のルーアくんはノーリアクション。愛想ないやつだなあ、おまえ・・・。

このフラットちゃんはちょうど5ヶ月目ぐらいで、うちがルーアくんを迎えたのとほぼ同じぐらいの年齢である。うちが新しいワンコを迎えるには最適な年齢だなあなどとフラットちゃんを見ながら考えるよすふく。すでに頭の中では、ルーアくんと小さなフラットちゃんが家のソファの上で仲良く寝ていたりする。

う、やべ、衝動買いしそう・・・。

いかん、いかん。少し頭を冷やして考える。
どちらにしても、今は時期的に仕事が厳しいのでだめである。新しいワンコを迎えるにはそれなりに準備が必要なのである・・・っていうか、まだ多頭飼いするかどうかも決めていないのでちょっぴり先走りし過ぎである。

今日はもりだくさん(12)

フラットちゃん、耳めくれ

いつまでも見ていたかったが、この後ルーアのトリミングを予約していたので、泣く泣く店を後にした。

そして、トリミングが終了して家でぐったりとするルーアくんであった。

今日はもりだくさん(13)

今日はもりだくさんな一日だったね~、お疲れ様^_^


はじめてのモブログ

2007 - 06/16 [Sat] - 11:24

20070616110903

ただいま、ルアママと共に新神戸駅に到着!
今日は、従兄弟の結婚式である。\(≧▽≦)丿

ルーアくんは、前回の失敗を反省して、自宅でお留守番である。
急いで帰るから、いい子で待ってるんだよ~(^з^)-☆Chu!!

床暖?

2007 - 06/14 [Thu] - 18:00

ルーアくんはソファの上に何かが置いてあっても、平気でその上に座る。

床暖?(1)

違うから!てか、ノーパソの上にすわらないでええええぇぇぇ(T_T)

光る眼

2007 - 06/12 [Tue] - 22:41

ワンコの写真を撮るときにフラッシュをたくと、ワンコの眼が光るというのは周知の事実である。
これは、網膜の後ろにあるタペータムと呼ばれる「反射膜」から発せられるもので、光受容体が捉えきれなかった光を跳ね返し、再度光を捉えるチャンスを与えるためのものである。それゆえに、ワンコは薄暗い光の元でも感度が良いわけであるが、跳ね返ったときの光の反射の方向がずれるため網膜に結ばれる像は不鮮明になるという代償もともなう。
ワンコが夜ものを見るのに必要とする光の量は人間の四分の一だと言われている。

先日紹介した「犬も平気でうそをつく?」で仕入れた知識である。

で、夜の公園でフラッシュをたいて、ルーアくんを撮ったところ、左眼は黄色に、右目はオレンジ色に、星状に反射した。

光る眼(1)

なんかたくらんでいそうだな・・・^_^;

犬本紹介その36-「犬も平気でうそをつく?」

2007 - 06/11 [Mon] - 18:50

日本でもすっかりおなじみの(と訳者のあとがきに書いていた)スタンレー・コレン氏の犬本最新作。
よすふくも心待ちにしていた一冊である。

最初の作品では犬の偏差値について言及し、続く二作目では飼い主と犬との相性診断を行い(散々な結果だった(ToT))、三作目では犬語の話し方を紐解くなど、常に独自の発想で作品を生み出し続けてきた作者の四作目となる本作では、犬の考える力に着目し、犬には意識や自意識は備わっているのか、人間と同じように世界を思い描けるのかを作者自身の経験や様々な実験データに基づいて解説してくれる。

この本では、まず犬の五感(視覚、聴覚、臭覚、触覚、味覚)に焦点をあてて、豊富な実験データと作者自身の体験談を交えて犬の能力はどのようなものかをわかりやすく説明し、その上で、最後の章では犬に意識はあるのかを言及していく。
ま、ワンコと一緒に暮らしている人にとっては、そんなことは本を読むまでもなく自明の理なのですがね^_^;

スタンレー・コレン氏の本は、出所のわからない通り一辺倒の理論を載せて犬の教則本だとうたっている犬本とは異なり、実際に行われた実験データをもとに論理を構築していくので文章に説得力がある。また、文体の端々から感じられるそのユーモアセンスは、ともすれば退屈になりがちなこの種の本を、飽きさせず最後まで読者を導いてくれるのである。

以前紹介した本を含め、この作者の本は全てオススメである。

「犬も平気でうそをつく? 」(文春文庫)スタンレー・コレン (著), 木村 博江 (翻訳)


犬本紹介その36-「犬も平気でうそをつく?」(1)

ほほう(^o^)

メロン好きっす

2007 - 06/10 [Sun] - 23:27

実家の母がメロンを送ってきてくれた。かーちゃん、ありがと~(^o^)丿
ルーアくんにもおすそ分けである。

メロン好きっす(1)

お、ルーアくん、ちゃんとマテしてえらいね~

メロン好きっす(2)

ああああ、やっぱり(@_@)

食べていいよ~。

メロン好きっす(3)

おいしい?

気に入ってもらえてよかった^_^

ペッポレ

2007 - 06/09 [Sat] - 23:47

2ヶ月ぐらい前に、自宅から車で5分程度のところに、ペットショップのペットフォレストが開店していたと今朝の朝刊の折り込み広告を見てはじめて知った。で、今頃何故かオープニング感謝セールとやらで全商品20%OFFらしい。
早速、ルーアくんを連れて出かけてみることにした。

ペッポレ(1)

ペットフォレスト鶴川店

さぞかし混んでいるかと思いきや、駐車場にはスムーズに入れたし、店内もそれほどお客さんがいなかった。夕方遅かったためだろうか?

ペッポレ(2)

お客さんがそれほどいなかった

入り口を入った右の棚には、皮製の犬のぬいぐるみ(?)や犬種別の犬本(洋書)が並んでいてちょっぴり興味深い(でも、どちらもフラットモノがないので買わなかった)。

ペッポレ(2)

革犬、かわいいぬ^_^;

全体的な品揃えは他店舗と大差ないが、全てが新しくて気持ちいい。
結局、戦利品はウェットティッシュ1パックのみ(最近、散歩から帰った後にルーアのオチリを拭くのに活躍している)。

最近はペットショップであれやこれやと衝動買いしなくなったなあ、とちょっぴり遠い目をするよすふくであった。

紫陽花ギライ?

2007 - 06/08 [Fri] - 18:57

朝散歩の途中、ルーアくんが急に立ち止まって何かを警戒し始めた。
何かな~と思ったら・・・。

紫陽花が嫌いなようだ(25秒)



ずーっと低くうなっていて、最後には吠えてしまった。
見慣れないものだから警戒していたのか・・・・、あるいは、紫陽花の草の中に変な動物が潜んでいたのか・・・・。いずれにしても、背中の毛をあまり逆立てていないので、それほど恐怖を感じている(緊張している)訳ではないようだ。
最後に吠えながら、こっちをチラッと見てくるのは自信のないあらわれなのか、それとも「アタチが引き止めてる間に逃げてくだサイ!」とか言っているのかな・・・^_^;
面白いやつ^m^

クライミング体験

2007 - 06/06 [Wed] - 23:42

会社の同僚のfukatin氏に以前からお誘いを受けていたクライミングに本日ようやく参加することができた。
クライミングというとロープにぶら下がって断崖絶壁をよじ登るイメージがあるが、今回はそういったものではなく(当たり前^_^;)、ボルダリングと呼ばれるもので、高さ数メートル程度の岩をロープなどを使わずに体ひとつで登るスポーツ性の高いものである。よくテレビなどで、色のついた変な形をした岩のようなものが無数にへばりついている壁を手足だけを使い登っている人の姿を見たことがある人もいるのではないだろうか。今回行ったのはそれである。

横浜にそのジムはあった。
近代的なビルを予想していたよすふくであったが、その外観はちょっと大きい民家、もしくは倉庫と言う感じの佇まいであった。

横浜 B-pump2

中に入り、手続きを済ませ、着替えてウォーミングアップを行い、早速登りはじめることに。
ボルダリングには専用のシューズが必要であるが、このジムでは無料で借りられるのがうれしい。ボルダリングは小さな足掛かりに足を乗せることが多いので、シューズは足の指がすべて曲がっているほど小さなサイズを選ぶことになるらしく、ちょうど足の指の爪が肉に巻き込んでいたよすふくは、ちょっとした拷問を受けている感じになってしまった(でも、結局最後は楽に履けるサイズに変更した根性無しのよすふく)。

fukatin氏に指導を受けつつ、えっちらおっちら登ること約2時間ちょい。
簡単な課題であれば、そこそこ登れるようになってきたが、少しでも難しくなるとまったく歯が立たない。他の人が登るのを見ていると結構簡単そうに登っている(ように見える)のであるが、実際に見るのとやるのでは大違いである。
人工の壁に打ち込まれた岩のようなものを手掛かり(もしくは足掛かり)に登っていくのであるが、どの岩でも手掛かりにしていいというわけではなく、あらかじめ決められた岩のみを使って登っていく必要があり、その岩の設定によって難易度が決定されるようである。
初心者には比較的ホールドしやすい岩の形になっているが、レベルが上がっていくとホールドしにくい岩の形になっていたり、岩自体の大きさが指先が引っかかる程度しかないような場合もある。

よすふくがまったく歯が立たないところでも、fukatin氏が難無く登っていくのはさすがである。う~ん、見てるだけだとできそうなんだけどなあ・・・。

10時近くになり、そろそろ腕が限界に近付いていたので終了。腕をクールダウンするためにアイシングを行う。こうしておくと腕の損傷が抑えられるそうだ。
とはいえ、初心者が始めて登った翌日には腕が動かなくなり、指にも力が入らなくなるという話しを聞いていたので、実はちょっぴり楽しみにしていたりもしたのであるが、これを書いている翌日の晩になっても、多少指に違和感も感じつつも、腕を動かせなくなることはないのでちょっぴり残念である・・・。

感想。
思っていた以上に楽しむことができた。
今まで習ったことのあるカポや中国武術などは一斉に練習が始まり一斉に終わっていたが、これはいつはじめても、いつ終わってもいいので、なんだか新鮮である。
機会があればまた是非行きたいのでfukatinさん、また誘ってくださいね~。

注意:ボルダリング関係の説明は、所詮初心者のよすふくが書いたのであまり信用しないほうがいいかもです。

グロ画像注意(>_<)

2007 - 06/05 [Tue] - 13:14

調子こいて、半袖でルーアくんと野原で遊んでいたら、虫に刺されて(?)えらいことになっていた。

グロ画像注意(>_<)(1)

結構グロいのでモザイク付き(自主規制)
勇気のある人はクリックして拡大してみてみよう(^o^)丿

きっと、虫にとってよすふくの腕は新装開店開放台状態だったのだろうな。

翌日たまらず仕事を抜け出して、会社の近くの皮膚科に駆け込み、ステロイドとかゆみ止めの薬を処方してもらった。

家で風呂上りに薬を塗っていると、ルーアくんが「なんデスカ、ソレ?」と言う感じに近づいてきて肌をペロペロ舐めようとするのが困ったものである。


ぶらり多摩湖周辺

2007 - 06/03 [Sun] - 23:21

多摩湖周辺にある狭山公園東大和公園狭山緑地へ行ってきた。
行き先は、地図をパラパラ~とめくって、「ここええんちゃう?」という感じで決めたので下調べなどは一切しておらず、全て行き当たりばったりである。

まずは狭山公園。

ぶらり多摩湖周辺 (1)

お?東村山音頭なつかしいね~
・・・・てかルーアくん生まれてねえ( ̄ロ ̄;)

ぶらり多摩湖周辺 (2)

太陽の広場

ぶらり多摩湖周辺 (3)

宅部池――通称『たっちゃん池』
宅部池だから『たっちゃん池』なのかなあと思っていたら、実はとんでもない理由があった。
詳しく知りたい人はこちら
てか、なんでのどかな公園にこんな心霊スポットがあったりするのか((;゚Д゚)ガクガクブルブル

狭山公園のめぼしいものはこんなところである。
実は現在工事中で半分ぐらいがフェンスに囲まれて入れないのだ・・・otz
続いて、東大和公園。

ぶらり多摩湖周辺 (3)

そうそう^_^えらいね、ルーアくん

東大和公園は起伏に富んだ雑木林におおわれた公園である。
家の近くにあったらいい散歩コースかもしれないが、この時期は虫が多くて大変である。にしても、人が誰もいない・・・。
少し遅いお昼ご飯を食べて早々に退散。

そして、狭山緑地。
・・・あ、もはや写真すら撮ってないし。
フィールドアスレチックの設備があって、家族連れがそこそこいた。
ワンコ連れにはあまり関係ないかな・・・・――退散。

今回は行き当たりばったりなのが裏目に出て、駐車場がなかなか見つからず多摩湖をぐるっと1周してしまったり、狭山公園は半分工事中だったり、多摩湖の湖畔に入れなかったりと散々な結果であった。やはり下調べは重要だなあと思った次第である( ̄∇ ̄;)

とほほ・・・(>_<)

2007 - 06/02 [Sat] - 23:38

久し振りにドッグランへ行ったのであるが、ルーアくんが他のワンコとケンカをして鼻の毛が少し擦り剥けてしまった(T_T)

とほほ・・・(>_<)(1)

皮膚に傷がほとんど見られなかったのは不幸中の幸いであった

最近ちょっと諸事情でドッグランへは行っていなかったのであるが、久し振りだったせいか入場時にもオチリのにおいをかぎにきたワンコに吠えるなど少し神経質な行動が見られた。
ので、しばらく他のワンコと離して遊ばせ、たまたま出会った同じフラットのリビアちゃんともうまく挨拶ができるようになったので安心していたのであるが、ボールを取りにいったときにたまたまそこにいたワンコとケンカをしてしまった。
すぐに気づいて引き離したので、この程度で済んだが、やはりもっと注意すべきだったと反省である・・・。

とほほ・・・(>_<)(2)

念のため消毒

心地よい疲れ

2007 - 06/01 [Fri] - 23:46

仕事のつながりで中国武術のワークショップの体験レッスンに参加できることになった。
レッスン料は会社持ちとのこと。こりゃ、行くっきゃないでしょう~(^o^)丿
金曜日の定時少し前に会社を出て、中野方面へ向い、多少時間に余裕を持ってスタジオに到着。
天井は低いが(後で指をぶつけて突き指した(>_<))、鏡張りのなかなか良いスタジオである。
レッスン参加者はうちの会社から3名と他3名の計6名である。
こういうのは少なめのほうが密度の濃ゆい練習が期待できるのでちょうどいい感じである。
ちなみにうちの会社からの参加者は上司のO氏、同僚のF氏、よすふくで、このうち中国武術の経験があるのはO氏とよすふくで、F氏は趣味でクライミングをやっていてなかなかマッチョであるとの噂である。

さて練習開始。
まずは腰ぐらいの高さがある手すりに足を引っ掛けての柔軟である。
ここで足の裏や腰を伸ばしておかないとこの後の練習で大変なことになってしまう。
続いて基本の蹴りの練習。
スタジオの端から端まで数種類の蹴りを順番に、蹴りながら進んでいく。
さらに、基本のジャンプ数種類。
ジャンプ中に手をくるりと回転させたり、蹴りをいれたりとなかなか複雑な動作である。ここで、よすふくは手をしたたかに天井にぶつけて突き指をしてしまった。

この後も、時折1分程度の休憩をいれつつ、基本の拳の突き方、立ち方などを行った。
中国武術が他の武術と違って特徴的なところに、その立ち方があげられると思う。
例えば立ち方の代表的なものに「馬歩」というのがあるが、これはその名の通り馬に乗るような姿勢で腰を落として構えるのであるが、中国武術の基本功ではこの姿勢のまま数分間微動だにせずに耐えなくてはいけない。きついんだ、これが・・・。
この日は体験レッスンということもあり少な目の時間であったので助かったが・・・。

何だかんだで1時間半ほど経過し、残りの時間で基本の型(套路)である五歩拳を学んだ。
五歩拳はこの日学んだ五つの歩型(立ち方)が含まれている超短い長拳関連の基本套路である。
なのでおぼえるのは簡単である。が、『おぼえる』ことと『できる』ことは天と地ほどの開きがある。
同じ套路でも、うまい人がやるのとそうでない人がやるのでは、やっている内容は同じでもまったく違うものに見えてしまう。

さてさて、体験レッスンを終えての感想であるが、意外にきつかったなあというのが正直な感想である。一応、カポや会社の休み時間でのトレーニングで毎日それなりに体を動かしているので、余裕♪余裕♪という気持ちで臨んだのであるが、今これを書いている現在、足が筋肉痛でちょっちつらい状態である(嗚呼、F氏は翌日のクライミングは無事に行けたのだろうか)。
やはり、日頃使っていない部分の筋肉を酷使したためであろう。
でもまあ、知らない套路を習うのはやはり楽しいものである。ああ、一度はあきらめた中国武術への憧れがまた復活しそうで怖い・・・(~_~;)

練習後は3人とも心地よい疲れを引きずったまま、新宿の居酒屋で反省会を開き、家に帰り着いたときには日付が変わっていた。
そして、ルーアくんは当然の権利である夜のお散歩を主張するのであった・・・・(はい、しっかりとルーアくんの散歩行きました)。

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。