直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2007年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見

2007 - 03/31 [Sat] - 22:30

桜の季節がやってきた。
夕方近くから天気が崩れるというので、朝のうちに近くの生田緑地に桜の花を見に出かけた。

花見(1)

桜咲いたねえ、ルーアくん


花見(2)

桜を眺めつつ、なにやら物憂げなルーアくん


広場の桜の木の下でゴザを敷いて花見をしている人たちを尻目に、人の少ない奥まったところでお弁当を広げてまったりと時を過ごすよすふく家であったが、今日はちょっぴり寒すぎた。
折りしも、よすふくは先週末から風邪で体調があまりよろしくなく、ルアママもよすふくの風邪がうつってしまっていたので、早々にお散歩モードに切り替えて、辺りを散策することにした。
途中立ち寄った岡本太郎美術館にある「カフェテリアTARO」にて、抹茶を飲んで体を温める。

花見(3)

抹茶――味は普通・・・


花見(4)

お散歩楽しいデスー


何だかんだで、2時間30分ほど生田緑地で過ごし帰途についたのであった。


☆おまけ☆

花見(5)

わ~い

スポンサーサイト

青汁はじめました。

2007 - 03/29 [Thu] - 18:02

青汁といえば、「まづづうううういぃぃ、もういっぱあ~い」でおなじみの悪役商会の八名信夫さんが真っ先に思い浮かぶ。
あれは確か“キュー○イの青汁”のCMで、八名信夫さん本人も悪役商会のサイトで「まずいよ」って書いているから本当にまずかったんだろうなと思う。
本当か嘘かわからないけど、飲んだと言う人に聞いたら「青臭かった」みたいなことを言っていたので、野菜がちょっぴり苦手なよすふくは一生飲むことはないだろうなと思っていた。
ところが、最近は結構飲みやすい青汁が出回っているみたいで、アマゾンなどで検索してみても飲みやすくて美味しいことを売りにしている青汁がたくさん目についた。

40歳を迎えてここのところ急激に体力の衰えを感じていたよすふくは「なら、試しに飲んでみっか!」と、中からひとつ良さそうな商品をテキトーに選んで購入してみることにした。


青汁はじめました。(1)

大麦若葉おいしい青汁 (シェーカー付) 3g*88包

「大麦若葉を美粉末加工した100%純粉末を使用。匂いや味にくせがなく、抹茶のような美味しい青汁」という売り文句とシェーカーが付属しているということに惹かれて購入したのであるが、はたして本当に美味しいのかどうか・・・。


青汁はじめました。(2)

シェーカーに100ccの牛乳を入れ、その上に粉末を入れる


青汁はじめました。(3)

フタをしっかりとしめ、シェイク!シェイク!!シェイク!!!


青汁はじめました。(4)

おいしい青汁のできあがり・・・・


青汁はじめました。(5)

さて、お味は・・・

まづづううううぅ・・・くない\(◎o◎)/!意外にイケる!
匂いや味に青臭さはほとんど感じず、後味が確かに抹茶っぽい。
おいしいか?と聞かれたら「いや・・・」と答えるかもしれないが、決して飲みにくいわけではない。
これなら何とか続けられそうである。
効き目のほどは・・・・今後のお楽しみである。

犬本紹介その33-「子犬の図鑑」

2007 - 03/26 [Mon] - 12:40

かわうぃいいいいい~(>_<)
まじ、やられちゃいました、この本に。
「子犬の図鑑」というその名のとおり、この本には105犬種におよぶ子犬(と親犬)の写真が掲載されている。
基本的に1犬種につき見開き2ページで紹介されており(ダックスは何故か4ページ。人気犬種だから?)、わんこの愛くるしい姿が堪能できる。

この手の図鑑で要となる写真については、子犬が生まれて最もかわいい時期を撮るために8年かけたと書かれているだけあって、白バックで非常に見やすく、授乳シーンや子犬同士でじゃれあっているところなど、子犬のかわいい瞬間がうまく捉えられている。
また、親犬と子犬が同時に見られるので、このわんこは成長するとこうなるのかと犬種の特徴を理解したり、逆にこのわんこの子犬時代はこんなんなのか~と意外に思ったりする。

中からいくつか抜粋して紹介してみると・・・。

犬本紹介その33(1)

やっぱり、フラット!37日目の子犬が紹介されている。
ルーアは、この時期はまだブリーダーさんのところにいたので興味深い写真である。

犬本紹介その33(2)

ワイマラナー。子犬の頃はラブラドールに似ているが、そのメタリックなボディは既に健在である。
左端の子が「His Master's Voice」っぽく小首をかしげているのがかわええ。

シッパーキーもしくはスキッパーキ。くりくりっとした目がたまらん・・・・(3)

シッパーキーもしくはスキッパーキ。くりくりっとした目がたまらん・・・・

そして、そして、この図鑑に載っている子犬でよすふくのいちおしはコイツである。

犬本紹介その33(4)

シャー・ペイ
やべええええ、こいつはやべええ。子犬のシャー・ペイ、ギガカワユス。
子犬なんだけど、皮膚は成犬用のを着てしまってぶかぶか~って感じなのが堪らなくかわええええええー。シッポまでぶかぶかだし・・・。
成長するにつれて中身がグングン膨らんで、顔以外のしわは少なくなるらしい。ずっと子犬のままならいいのに・・・。

とまあ、写真を見ているだけでもかなり癒されるのであるが、それぞれの犬種の説明もしっかりされており、資料的な価値も高いと思う。
3,800円という価格を高いと見るか、安いと見るかは各個人の判断であるが、少なくともよすふくは買ってよかったと思っている。

犬本紹介その33(5)

ルーアくんも図鑑に載るといいね




犬本紹介その32-「犬はどこから…そしてここへ―犬はオオカミの子孫ではない ムツゴロウのしつけ理論」

2007 - 03/25 [Sun] - 11:39

≪ルーアくん情報≫
首のしこりはかなり小さくなってきました。
日々の生活は薬を飲んでいる以外は、基本的にいつもと変わらず過ごしています。
ご心配いただいた皆様、本当にありがとうございます。ルーアくんも元気です(^o^)丿
まだ全快というわけではないですが、ブログのほうは犬本紹介など、あまりルーアくんがらみではないところから徐々に再開していきますのでよろしくお願いします。



この本は、あきる野市の東京ムツゴロウ動物王国で行われたムツゴロウ氏のティーチインの内容をまとめたものであり、氏自らがあとがきで述べている通り、ムツゴロウ氏の新説発表ともいえる本の内容となっている。
何が新説なのか?
一般的に、犬に関する書物には「犬はオオカミの子孫である」と記されており、しつけの本などでもたびたびオオカミの群れの特性を例に挙げて説明している。
例えば、「オオカミは群れのリーダーには絶対服従なのです。だから、オオカミの血を受け継ぐ犬に対して人間は必ずリーダーにならなければいけません」といった具合にである。

この本で、ムツゴロウ氏はこういった考え(犬はオオカミの子孫である)を真っ向から否定している。
犬はオオカミの子孫ではなく、犬科動物という大きな進化の流れから分化してオオカミがオオカミとなったように、コヨーテがコヨーテとなったように、犬は犬になったのである(オオカミからさらに分化した?)。
本の中で書かれている言葉に「犬は人間と出会い、契約を結んだ―どちらが上でどちらが下かというものではない、お互いに助け合い、ともに手を取り合って生きていくという契約を」というのがあるが、この考え方ってすごくステキだと思う。
しかしながら、現在の日本を見る限り、その契約が守られているとはとても言えない。相変わらず無知な飼い主による放棄犬は後を絶たないし、無責任なブリーダーの施設崩壊によって命を落とす犬もたくさんいる。
いい加減に改めないと犬から契約を破棄されちゃうんじゃないか?と思ってみたりもする。

とと、話が変な方向に行ったので戻すと・・・。
ムツゴロウ氏の新説発表と書かれているが、実はこの考え(犬の直接の祖先はオオカミではない)はムツゴロウ氏だけが言っているわけではなく、雑誌『わんLOVE』の3月号でも書かれていたが、最近の研究で有力視されてきた考えらしい。
確かに、体重2キロのちわわから80キロのセントバーナードまでが、オオカミにしろ何にしろ1種類の動物から進化したとは考えにくい、と言われると説得力がある。

この本はおすすめかというと、正直なところ、うーんという感じである(紹介しといて何だが・・・)。
文体についてであるが、スピーチの内容を元にしているためか、文体が口語体っぽくなっており、話の内容が予想しづらく、正直な所よすふく的には読みづらかった(単によすふくの読解力がなかっただけかもしれない・・・)。
内容についても、文体でつまづいてしまったいるので、ムツゴロウ氏の言わんとしている事が正しく理解できず、どうもこう、懐疑的に受けとってしまいがちであった。
興味のある方は読み物として一読されてみても良いかと思うが、わんこのしつけに直接役立つというものではないと思う。

犬本紹介その32(1)

ルーアくんとの契約は続行中である^_^;




心配・・・・・

2007 - 03/19 [Mon] - 18:38

ルーアくんの右首筋あたりに、またしても大きなしこりができてしまった(前回のことは2006/12/172006/12/21の日記を参考されたし)。
数日前から多少腫れはじめていたことには気づいていたのであるが、日によっては腫れがおさまることもあり、医者へ行く機会を逸していたのであるが、ここ1~2日の間にかなり大きく腫れてきたのでお医者さんに連れて行くことにした。

写真を見ていただいても、右首筋(向かって左側)に大きなしこりがあるのがはっきりわかると思う。

心配・・・・・(1)

顔がぶちゃいくなのは眠いせいです^_^;

お医者さんの診断は前回と同様であるが、大きく腫れているので念のため再度細胞を採取して検査してもらうことにした。また、前回もらった抗生剤とは違う抗生剤を処方してもらった。
何が違うのかと聞いてみたところ、前回の抗生剤より害が少なく効きめが良いらしい。
「えーっ、そんないいのがあるのなら、何で前回処方してくれなかったんですか?」と当然の疑問を口にすると、良い薬に慣らし過ぎたくなかったとのこと(ん?ちょっとニュアンスが違うか・・・)。
よく効く薬に慣らしすぎて、本当に必要なときに効かなくなると困るから、ということらしい。
う~ん、確かになあ・・・。

というわけで、そのほか気になるところを診てもらって終了である。
会計は・・・、げげっ、久し振りの諭吉さん超えである・・・。
良薬口に苦しと言うけれど、飼い主の懐も直撃してしまった。
まあ、これで治るのであれば安いものである。

家に帰り、ソファに横たわるルーアくんの首のしこりに、よすふくとルアママが手を重ねて、
「はやく良くな~れ、はやく良くな~れ・・・」
と呪文のように繰り返した。

心配・・・・・(2)

ヒーリング中





たまには洗車

2007 - 03/18 [Sun] - 19:51

いつか、いつかと思い始めて幾星霜。
もはやすっかり埃が定着してしまった愛車アクセラの洗車に、ようやく今日踏み切ることにした。
せっかくなので、洗車の間はルーアくんも外に出して自由にさせておくことにする。
うちの自宅の周辺は、大きな通りもなく、車通りも人通りも近所の住人以外はほとんど通らないので、ルーアくんを出していても問題ナシである。

車を自宅前に横付けし、ルーアくんを家から出すと、
「おでかけ?おでかけ?うわあああ~~~いいい♪」
とうれしそうに車の周りを駆け回った。
そう、ルーアくんの頭の中では「車=おでかけ」という図式が完全に出来上がっているのである。
ごめんよ、ルーアくん。今日はお出かけじゃないんよ。そこらで遊んでていいからね、と言ったところでルーアくんに理解できるはずもなく、
「行かないの?行かないの?」
とシッポフリフリのルーアくんをほっといて洗車開始である。

たまには洗車(1)

おでかけ、しないデスカ?

たまには洗車(2)

おでかけ、しないのかな・・・?

たまには洗車(3)

あの・・、おでかけ・・・

たまには洗車(4)

まだかな・・・

たまには洗車(5)

おでかけ・・・

たっぷり2時間かけて洗車完了。

たまには洗車(6)

いや~、きれいになった(^o^)丿

ルーアくんはといえば、すっかり待ちくたびれてしまったようである^_^;

たまには洗車(7)

すねモード

このあと、しっかりとルーアくんをお散歩に連れて行ってご機嫌を直してもらったのであった^_^;

たまには洗車(8)

すねモード2





戸棚の中身をめぐってのルーアとの攻防

2007 - 03/15 [Thu] - 18:56

ノブを回して開けるタイプのドアをなんなく開けてしまうルーアくん。
当然、引き戸なんかはその鼻力でひとたまりもなく開けてしまう。
その対策として、前回の日記で紹介した戸棚の扉開け防止のフックを使用しているのであるが、実は現在はふたつ同時に使用している(写真が古かった(´Д`))。

戸棚の中身をめぐってのルーアとの攻防(1)

フックふたつ体制

何故ふたつに増やしたかというと、ルーアがフックをはずせるようになりやがったからである。

ある日帰ってみると、フックがはずされており、あまつさえ、フックをカジカジするおもちゃ代わりにしたらしく、大幅に変形していた(>_<)
では、戸棚の中は荒らされていたのかというと、そんなことはなく、フックをはずすことに一生懸命になりすぎたためか、フックをはずせたことに満足して戸棚の扉は開けられていなかった(^o^)丿
その後もしばらく様子を見ていたが、フックははずすが戸棚の扉は無事な日が続いた。
どうやら、ルーアくんは『目的』のためには『手段』は選ばず、『手段』のために『目的』を忘れてしまうタイプのようである。

ここで安心したよすふくであったが、甘かった(>_<)
ある日帰ってみると、フックをはずして、その上戸棚の扉を開けて中に入っていたノリを食べていたのである。

ちちいいぃぃ、気づきやがったか!

すぐさま対策としてフックをもうひとつ生産することにする。
ひとつのフックより、ふたつのフックのほうが開けるのに時間がかかって、そのうちあきらめるんじゃないかという計算である。
なんか『ピッキング対策』みたいだな・・・・(´Д`)

●製作工程

戸棚の中身をめぐってのルーアとの攻防(2)

(1)クリーニング屋さんなどでもらう針金ハンガーを適当な長さに切る


戸棚の中身をめぐってのルーアとの攻防(3)

(2)長い辺の方を半分の位置で折り曲げる

戸棚の中身をめぐってのルーアとの攻防(4)

(3)完成~♪

戸棚の中身をめぐってのルーアとの攻防(5)

(4)隙間から差し込んで・・・

戸棚の中身をめぐってのルーアとの攻防(6)

(5)くりっとひねるだけ

今現在、フックふたつ体制は破られていない。
もし、ふたつ体制を破られたら三つ体制にして、三つ体制が破られたら四つにして、四つが破られたら・・・・。

ボク、知ってるよ!こーゆうのを『いたちごっこ』って言うんだよね!

だまれ、小僧!
いまさら生き方を変えることはできない。
大人とはそうゆうものなのだよ、ディーノ(誰?)。

お留守番できるかな?

2007 - 03/12 [Mon] - 23:55

ルアママの長期休暇やよすふくの休暇などで、約1ヶ月近くお留守番を経験していなかったルーアくん。かわいそうだが、本日からまたお留守番生活に逆戻りである。
ううっ・・・、大丈夫か?ルーアくん。
久し振りのお留守番ということで、実はよすふくも微妙にやることを忘れているので、一度手順の再確認をしなくてはいけない。

ではいきますよ!
ひとつ!
ティッシュやドライヤーなど、かじられて困るものはルーアくんの手の届かない高いところに乗せること!

お留守番できるかな?(1)

乗せること!

ひとつ!
ゴミ箱は部屋の外に出し、部屋のドアはヒモで結んで中から開かないようにすること!

お留守番できるかな?(2)

開かないようにすること!

ひとつ!
戸棚の扉はフックで引っ掛けて開かないようにしておくこと!

お留守番できるかな?(3)

開かないようにしておくこと!

ひとつ!
キッチンのドアはノブを取り除いて、中から開かないようにしておくこと!

お留守番できるかな?(4)

開かないようにしておくこと!

最後に!
出かける直前にルーアくんにおいしいオヤツ(肉やらヨーグルトやら)を与えて、食べている隙に出かけること!

お留守番できるかな?(5)

食べている隙に出かけること!

以上、準備完了!
では、ルーアくん!いってきまーす!


・・・・んで、その結果であるが。
問題なし!
部屋を荒らすことなく、お利巧にお留守番できていたとのこと(先に帰ったルアママ談)。

ルーアしゃあああん、おりこーしゃあああん♪((C)おしゃままさん^_^;)

雨散歩

2007 - 03/11 [Sun] - 18:56

天気予報どおり、今日は朝から雨が降っていた。
ということで、軽井沢のDOG・DEPTで購入したレインコートが役に立つ。
早速、ルーアに着せてみる。

雨散歩(1)

ステキやん

意気揚揚と散歩に出かけたルーアくんであったが、外が雨とわかるやオチッコとウンPだけ済ませると、さっさと帰ってしまったのであった。

雨散歩(2)

まじっすか?

ルーアくん、雨苦手やったっけ?
ていうか、口調変わってない?

P.S.午後は晴れたので、朝の散歩の分も付き合わされる羽目になり、雨上がりのドロの中でボール遊びをしたのでドロまみれに・・・(>_<)

ドッグランにて・・・・

2007 - 03/10 [Sat] - 20:16

今日はいい天気だ。
天気予報で明日は雨が降るというので、いつものドッグランに行って遊んだ。

ドッグランにて・・・・(1)

遊びに誘われたり・・・

ドッグランにて・・・・(2)

やりすぎたり・・・

ドッグランにて・・・・(3)

密談したり・・・

とまあ概ねいつものように楽しく過ごしたのであるが、ドッグランに来ると大抵ルーアくんは気に入られたわんこにしつこく追いまわされることがあったが、この日もやはりそういう目にあってしまった。

ドッグランにて・・・・(4)

オチリのにおいをしつこくかがれる

ドッグランにて・・・・(5)

ルーアくんも、気になるらしく、時折追い払おうと威嚇するのであるが、

ドッグランにて・・・・(6)

隙を見て乗っかられてしまう・・・

いつも思うが、こんなとき飼い主はどう対処すればいいのだろうか。
相手がルーアより大きいわんこのときは、なるべくルーアに近づけないようにガードしたり、そのわんこから離れて遊ぶようにしているのであるが(それでも大抵はついてくる)、今回のように小さいわんこの時は基本的に苦笑いしながら眺めていることが多い。
本当であれば、相手の飼い主さんが気づいてわんこをはなしてくれることを期待したいが、完全にわんこを制御することは難しいらしく、引き離されてもすぐにこちらに近づいてきてしまって、最終的にはほったらかしになってしまうことが多い(今回も注意はしてくれていたがわんこが言うことを聞かなかった・・・)。

よすふくが、そろそろ引き離したほうがいいかな~、でも小型犬相手に大人気ないかな・・・、相手の飼い主さんが気を悪くするかなあ・・・などとグダグダ考えているうちにルアママさんが引き離してくれた。

ドッグランにて・・・・(7)

はいはい、やめようね~

何で引き離したのかルアママに聞いたら、「なんか嫌だったから」だそうだ。
迷いがなくていいなあ、ルアママは。
今後もお願いしますよ(^o^)丿

熟睡

2007 - 03/09 [Fri] - 19:41

熟睡(1)

ルーア君は今日もぐっすりオネムだ!

熟睡(2)

よくねている・・・^_^

・・・と。

熟睡(3)

ひっくり返ったーΣ( ̄ロ ̄|||)

熟睡(4)

だ、大丈夫(゜O゜ ;)ルーア君・・・

熟睡(5)

問題ないようです^_^;

『わんLOVE』休刊

2007 - 03/07 [Wed] - 13:17

学研から出版されていた『わんLOVE』が5月号(4月8日発売)をもって休刊するとのお知らせが、今月届いた4月号に添付されていた。

↓ネットでも発表されている。
『月刊わんLOVE』休刊のお知らせ

この雑誌、ベネッセの『いぬのきもち』と同じで、購読申し込みをすることで毎号読者の自宅に郵送され、書店では手に入れることができない。
昨年12月から3ヶ月のお試し購読が行われ、この4月号(3月8日発売)から正式購読開始と思っていた矢先の休刊である。
思ったほど正式購読者が集まらなかったのであろうか。
あるいは、よすふくの勘繰りであるが、3ヶ月のお試し購読を行った人は、キャンセルの申し込みを行わないと自動的に正式購読になるというシステムが、一部の読者の怒りを買ったのであろうか・・・(んなことはないか)。

犬のしつけや世話の情報が中心の『いぬのきもち』とは違い、犬の雑学的な情報や読み物も載っているのでよすふく的には結構気に入っていたのであるが残念である。
それにしても、以前休刊になった『ドッグ・ワールド』といい、今回の『わんLOVE』といい、よすふくが気に入った雑誌は休刊になる運命にあるのだろうか。
そういえば、RETRIEVERも季刊誌になっちゃったしなあ・・・。

雪はやっぱり白かった~水上to軽井沢 最終日

2007 - 03/03 [Sat] - 23:01

朝起きて、散歩のかわりにペンションに併設されているドッグランでルーアを遊ばせる。
宿泊した部屋からドッグランへはベランダ越しにつながっているので大変便利である。

雪はやっぱり白かった3(1)

よすふく達が泊まった部屋は1階の左端の部屋である

雪はやっぱり白かった3(2)

浅間山を遠くに眺めることができる

ドッグランで運動した後は、朝食をいただいた。
朝食は和食、洋食のどちらか一方を選択できる。よすふく達は洋食を選んだ。

雪はやっぱり白かった3(3)

朝食

楽しかった旅行も本日で最終日である。
チェックアウト後、近くにある軽井沢マウンテン牧場へ行ってみることにした。
軽井沢マウンテン牧場はわんこを連れて入れる体験型の牧場である。
うまくすれば、いろんな動物とルーアを対面させられると期待してきたのであるが、何だかとっても閑散としている。

雪はやっぱり白かった3(4)

軽井沢マウンテン牧場

ますは、ミニブタくんとの対面。
ルーアは興味深々で柵に首を突っ込んでいるが、ミニブタくんはまったくのシカトである。
交流失敗!

雪はやっぱり白かった3(5)

ごはんはまだかブー

続いてポニーちゃんとの初対面である。

雪はやっぱり白かった3(6)

こんにちはー

さらに、ウマくんと対面。

雪はやっぱり白かった3(7)

顔でかっ!

その後はドッグランで遊んだ。

雪はやっぱり白かった3(8)

周りの柵がビニールの網で囲われているだけなので、わんこが飛び出す危険があるドッグラン

なんつーか、こう・・・、あまり楽しむものがない。
早々に切り上げて軽井沢へ向かう。
軽井沢へ向かう途中や軽井沢付近にはいくつかわんこのグッズ屋があるのであるが、基本的に冬季の間(11月~4月まで)は閉店中であった。やはり、軽井沢は夏に来るべきなのだろうか・・・。
しかたがないので、軽井沢の駅に車を止めて、チャーチストリートを中心に散策する。

雪はやっぱり白かった3(9)

民家と思わしき柵の中の広い庭にやたらでかいコリーが3頭
わんこが通ると見境なく吠えていた・・・うるさいよ

雪はやっぱり白かった3(10)

ピレニアン・マウンテン・ドッグと思われるわんこ

雪はやっぱり白かった3(11)

チャーチストリート

チャーチストリート内のDOG・DEPTにてルーアくん用のレインコートを購入。
その店では、購入すると写真を撮って店頭に飾ってくれるというのでお願いしてルーアくんの写真を撮ってもらった。
もしかすると、ルーアくんの写真が飾られているかもしれないので、行かれるご予定のある人はチェックしてみてください。

雪はやっぱり白かった3(12)

DOG・DEPT

雪はやっぱり白かった3(13)

聖パウロカトリック教会

雪はやっぱり白かった3(14)

せんべい屋さん

雪はやっぱり白かった3(15)

焼き鳥のように串に刺して売っていた。面白い(^o^)丿

とまあそんなこんなで3日間の旅行は終了である。
スノーシューはとっても楽しめたのであるが、最終日の軽井沢は今ひとつだったかな・・・。
ルーアくんも相当疲れたのか、帰りの車の中ではぐったりと寝続けて、家に着いてからもソファでぐったりしていた。

雪はやっぱり白かった3(16)

おつかれさま、ルーアくん

ルーアくん、楽しんでくれたかな?
よすふく的にはルーアくんが喜んでくれさえすればいいのである。
さて、次はどこへ行こうかねえ、ルーアくん。

雪はやっぱり白かった~水上to軽井沢 2日目

2007 - 03/02 [Fri] - 23:12

朝7時前に起床。
よく眠れたと言いたいところであるが、実はそうでもなかった。
昨晩は23時ごろに眠りについたのであるが、夜中2時や3時ごろにたびたび目覚めてしまってなかなか落ち着いて眠れなかった。
原因はわかっている。枕である。この旅館の枕が少し変わっていて、健康枕だか何だかよくわからないが、ゴロゴロした丸い硬いモノが枕の中に入っているのである。
枕が変わると眠れないとよく言うが、まさにそんな感じであった。
ちょっと神経質すぎるかも、俺・・・。

少し寝不足ではっきりしない頭のままルーアの散歩を済ませて朝食をとる。
今日は、今回の旅行のメインの目的であるスノーシューである。
10時に待ち合わせ場所である道の駅 水紀行館ファンテイルのガイドの方と落ち合い、そのまま宝台樹へ向かう。
ガイドの方に道中色々とお話を伺ったところ、2頭のロットワイラーと一緒に暮らしておられるとのこと。また、奥様がすごい人でトリマーでありハンドラーであり、訓練士の資格までお持ちだそうで、ドッグショウにも時折出陳されているとか・・・。
うーん、今回のスノーシューで是非ともロットワイラーちゃんとご一緒したかった。

そんなこんなで目的地に到着。

雪はやっぱり白かった2(1)

銀世界

うひょ~(@_@)、昨日のゲレンデとは違い一面の銀世界である。
車からルーアを降ろすといきなりはしゃいでそこら辺の雪の中で駆け回っていた。
お~い、今からそんなだと本番で疲れちゃうよ~^_^;
はしゃぐルーアを尻目に、こちらはスノーシューに履き替えて歩き方の説明を一通り受けて、さあ出発というところで、ルーアの足跡に血が付着しているのをガイドさんが発見。どうやら、パッドを傷つけたようである。
あらら、どうしたもんかな・・・と思っているとガイドさんからわんこのパッドに塗るワックスをいただけた。なんと、用意のいい(てか、飼い主が準備不足・・・すんません(>_<)
どこの足から出血していたのかよくわからないので、気前良く4本の足に分厚くワックスを塗りたくり、しばらく様子をみたところ、特に足を引きずることもなく、血が付着することもなくなったので、様子を見つつ出発することにした。

さあ、出発!

歩く。ひたすら雪の中を歩く。
一面真っ白な銀世界とはいえ、坂を少し越えると遠方に雪を抱いた山々が連なって見えるのが非常に美しい。

雪はやっぱり白かった2(2)

いい景色だ

下り坂のところではソリに乗って滑り降りたり、そのままお尻で滑り降りたりするのが楽しかった。

雪はやっぱり白かった2(3)

ソリで滑り降りてゴキゲンなルアママ

ここで一度、ルーアにルアママが乗ったソリを引かせようと挑戦したのであるが、ダッと走り出したときにソリの重みで思いのほか衝撃をうけたせいか、そのまま固まってしまい動かなくなってしまった(>_<)

雪はやっぱり白かった2(4)

ルーアくんが新しいトラウマをゲットしてしまった・・・

そんなトラブルがありつつも、スノーシューを楽しんだよすふく家であった。

雪はやっぱり白かった2(5)

ズボーっとルーアくんが雪に埋もれてしまった

雪はやっぱり白かった2(6)

雪上を走るルーアくん

雪はやっぱり白かった2(7)

ルーアくん、お鼻に雪が・・・

雪はやっぱり白かった2(8)

雪にダーイブ

雪はやっぱり白かった2(9)

ぐったりルーアくん

雪はやっぱり白かった2(10)

お昼はスイトンおいしかった(^o^)丿

雪はやっぱり白かった2(11)

家族で記念写真

初めてのスノーシュー体験は初心者コースということで、なだらかなアップダウンの道をぐるりと3~4時間ほどかけて一周した感じであったが、次回も機会があればもう少し上級者コースに挑戦したいものである。
ルーアも満足したのか、帰りの車の中ではぐっすりと熟睡したままであった。

その後、本日のお宿である北軽井沢のペンション南季の灯に向かったが、工事中で道路を迂回して進まなくてはいけないなどで到着が少し遅れてしまった(>_<)

雪はやっぱり白かった2(12)

南季の灯

到着後、すぐに夕食。

雪はやっぱり白かった2(13)

前菜

上の写真の前菜以外にも、スープやお肉やお魚のメイン料理など(写真撮り忘れた(>_<))ボリュームたっぷりの食事をいただき満足したところで、お風呂に入ってすぐに就寝。スノーシューで疲れたためか、死んだように眠るのであった・・・・。

雪はやっぱり白かった2(14)

お泊りした部屋(散らかっているのはよすふく達のせい^_^;)

さて、ペンション南季の灯について、食事もお風呂もルーアと一緒にいられるのはよかった(お風呂は脱衣所につないでおける)。
ただ、ペンションということで、ある程度食事の時間が決められているところや、お風呂が1時間ごとのタイムテーブルで区切られていて、好きな時間に入ることができない(他の宿泊者と順番で入る)のはちょっと不便かも・・・。
玄関にはわんこの足洗い場が設置されていて、お湯が出るシャワーが使えて便利である。

雪はやっぱり白かった2(15)

お湯がすぐ出るのがうれしい足洗い場

玄関を入ってすぐのところには暖炉のあるプレイルーム。
他の宿泊者の人やオーナーの方とお話したりできるのであるが、よすふく達は疲れていてすぐに就寝してしまったのであまり利用しなかった。もったいない・・・。

雪はやっぱり白かった2(16)

フリードリンクなどが用意されているプレイルーム

よすふく家のように、外でダーッと遊んで、宿では寝るだけという観光客にとって、この南季の灯というペンションは少々もったいなかった。
もっと旅行に余裕を持ってペンションでもゆとりをもって過ごせる人にはオススメだと思う。

雪はやっぱり白かった~水上to軽井沢 1日目

2007 - 03/01 [Thu] - 23:08

7時に起床。朝の散歩をしっかり済ませ、朝食のパンをお腹に入れて、旅行の準備に取り掛かる。
慌しく部屋を行き来するよすふく達に、いつもと違う雰囲気を察してかルーアも何だかそわそわと落ち着かない様子でよすふくやルアママの足元にまとわりついては「ルア君、ジャマ」と邪険に扱われている。
ルアママ、よすふくの休暇で、近頃めっきり留守番の機会が少なくなったルーアくんは置いていかれる事に敏感で、よすふくがちょっと車を玄関の前に出そうと外に出ただけで「キューン、キューン」と寂しそうに鳴いて玄関でオスワリして待っている。
休暇終った後の留守番大丈夫か、おまえ^_^;

何だかんだで、9時過ぎに出発。
途中、カーナビ君に騙されて渋滞に巻き込まれるトラブルもあったが、関越道に入ると道も空き空きで快調に進むことができた。
途中立ち寄った高坂SAには関越道で唯一のドッグランがあるので休憩がてらルーアをそこで遊ばせる事にした。

雪はやっぱり白かった1(1)

高坂SAドッグラン

写真だとわかり難いかもしれないが、全面傾斜のあるドッグランでちょっと面白い。上り線・下り線の双方から利用できるので便利である。また、水道や犬のフン専用のゴミ箱が完備されているのもありがたい。

雪はやっぱり白かった1(2)

左:水飲み場 右:フン専用ゴミ箱

高速道路にドッグランがあるのは、長時間のドライブを余儀なくされるわんこにとっては非常にありがたい。ルーアくんも短時間とはいえ体を動かせて満足そうであった。

雪はやっぱり白かった1(3)

ルーアくんは体を動かせてよかった

1時すぎに水上ICに到着。ここまでくれば、本日のお宿だいこく館はすぐである。
3時のチェックインにはまだ時間があるので少し先にある大穴スキー場で雪遊びができないかと思い行ってみる事にした。

車で移動すること約15分、大穴スキー場のゲレンデと思しき場所に到着!
・・・んが、雪なし。

雪はやっぱり白かった1(4)

雪な~し

水上市街に入ってからもまったく雪がなかったので、来る途中から嫌な予感はしていたのであるが、予感的中!である。
何だか明日のスノーシューが不安になってきたのであるが、電話で確認したところ、宝台樹のほうにはまだまだ雪がたくさんあるので大丈夫とのことであった。よかった、よかった。

さて、この大穴スキー場であるが、よくよく見てみるとゲレンデにすこ~しだけ雪が残っている箇所があったので、近くのロッジの駐車場に車を止めさせてもらい、歩いて上がってみることにした。

雪はやっぱり白かった1(5)

ルアくん、あそこまで行くよー
はいデスー

途中まではリードをつけていたが、辺りには人っ子ひとり見当たらないのでルーアをノーリードで走らせることにした。
遠くから見るとちょっとしかないように見えた雪が、近づいてみるとそれなりに積もっており、ルーアの足がずごっとはまるぐらいあった。おお~、意外にいいんじゃない、これ?

雪はやっぱり白かった1(6)

久し振りの雪にはしゃぐルーアくん

雪質はさすがに若干シャーベット状で、あまり良いとはいえなかったが、ルーアはかなり気に入ったのか、しばらく走り回ってはベタッとお腹をつけて雪の上で休憩していた。

雪はやっぱり白かった1(7)

お腹がつめたくてきもちいいデス

そんなこんなで、ふと気づくと1時間以上遊んでいたのであるが、これが意外に楽しかった。人がいなくて、ルーアをノーリードで自由に走らせることができて、しかもそれなりに雪があったのでまさにこの場所は「大穴」と言う感じであった(チャン♪チャン♪)。

大穴スキー場でたっぷり楽しんだ後は、本日のお宿であるだいこく館に行きチェックインを済ませる。

雪はやっぱり白かった1(8)

朝寝坊の宿 だいこく館
何故、「朝寝坊の宿」かというとチェックアウトが12時だからである。

看板犬のゴールデン・レトリーバーがいるはずだが、ちょこっと顔を見せただけでルーアを連れてきたときには奥に引っ込んでしまっていて、結局最後までルーアを対面させることができなかった。う~ん、何のための看板犬なのか・・・(ポチたまではだいすけくんと一緒に露天風呂にまで入っていたのに(-_-;)

まあ、それはさておき、部屋に案内される。
部屋は和室で、すでに布団がしてあった。なんだかいけない宿のような気もする^_^;

雪はやっぱり白かった1(9)

つ○こみ宿?

雪はやっぱり白かった1(10)

布団があると寝てしまうじゃないか・・・

いかん、いかん。
布団が敷いてあると自動的に寝てしまう仕組みになっているよすふくは、なんとか気力で起き上がり、近くの利根川沿いの河原へ散歩に行くことにした。
例年であれば、雪が積もっていてここでも雪遊びができたのであるが、それでも水がきれいで河原も広くて良い散歩コースである。

雪はやっぱり白かった1(11)

歩いて5分ぐらいの場所にある河原

雪はやっぱり白かった1(12)

水が冷たくてきもちいいデス

雪はやっぱり白かった1(13)

ボールくださいいイイィィ

雪はやっぱり白かった1(14)

あたちのボールですヨ

たっぷり2時間散歩をして、辺りが薄暗くなってきたので旅館へ戻ることにした。
ところでこのだいこく館の前にはペット専用の露天風呂がある。
冬のこの時期には、散歩で冷たくなった体を温めて、汚れも落とせるので一石二鳥である。

雪はやっぱり白かった1(15)

いいお湯デス~

雪はやっぱり白かった1(16)

ドライヤーや使い放題のタオルが完備されていて便利である

さて、夕食もわんこと一緒に食べることができるが、わんこ専用に食事が用意されているわけではないので、ルーア用の食事をボウルに入れて持ち込んで一緒に食べることにした。
この日はわんこ連れのお客さんが、われわれ以外にはいないらしく、ちょっぴり寂しかった。せめてテレビか、音楽でも流れていれば・・・。

雪はやっぱり白かった1(17)

こちらは人間用お食事

食事後、人間用のお風呂にはわんこを連れて行くことはできないので、交代でお風呂に入って寝ることにする。

さて、初日のお宿のだいこく館であるが、和室の部屋を自由にルーアとすごせるのはとてもよかった。その気になれば、わんこと一緒に布団で眠ることも可能である。
よすふく家では、和室はルーアの立ち入り禁止だったので、ルーアはしばらく和室に入ってこずに、窓際のカーペットの上から動こうとしなかった。

雪はやっぱり白かった1(18)

はいってもいいのデスカ?

「おいで」と呼んでも、カーペットの上をウロウロするだけで、決して自分から和室には入ってこようとしないのが、かしこいというか、健気というか・・・。




結局、ルアママが抱きかかえて無理やり和室に上げたところ、ようやく慣れたのか、和室でも自由に動き回るようになった。

雪はやっぱり白かった1(19)

あ~れ~

というわけで、念願の和室で家族3人同じ目線の高さで川の字になって眠ることができた。

雪はやっぱり白かった1(20)

おやすみなさい

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

02 ≪│2007/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。