直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2007年01月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬本紹介その31-「セント・メリーのリボン」

2007 - 01/31 [Wed] - 12:45

最近読む犬本がありきたりなものばかりだったので、ここらでひとつ新しい分野を開拓しなきゃだな、と思っていたところ本屋で目に飛び込んできたのがこの「セント・メリーのリボン」である。

そういえば、今まで犬本のフィクション物には手を出してこなかった。
犬の作り話を読んでもなあ、という気持ちで今まで避けてきたのであるが、何故だか妙にこの本が気になった。
その理由は、帯に書かれた「この文庫がすごい!2006年版第2位!」という文字もさることながら、表紙に使われている黒いワンコの後姿の写真が印象的だったからである。

早速、手にとりあらすじを読んでみた所、失踪した猟犬探しを生業とするアウトロー探偵が主人公である表題作を含む全5作の作品集だとわかった。そして、表紙のワンコはこの探偵の相棒である猟犬ジョーを模しているのではないかと推測した(読んでみると、むしろ物語に登場する誘拐された盲導犬じゃないかと思いなおしたが・・・)。

著者はあとがきで、この作品集は「男の贈りもの」―「誇り高き男の、含羞をこめた有形、無形の贈りもの」がテーマであると書いている。
その著者の言葉通り、これらの物語に登場する男たちはみなタフでやさしく、誇り高く、それでいてどこか少年のような無邪気さを持っているのである。

全編を通して流れるハードボイルドな雰囲気は「渋い」のひと言である。
ハードボイルドは、現代のような軽薄な時代には、やりすぎると渋いを通り越して滑稽になってしまう危険を孕んでいる。
それは、過去に読んだ作品で、ハードボイルドな主人公とおちゃらけた周囲の連中とのギャップで大いに笑わせてくれた「トリガーマン」(火浦功著)なる本が示すとおりであるが、この本では、ちょうど良いハードボイルド(固ゆで)具合に調整されている。

犬本目当てに買ったものとしては、探偵の相棒である猟犬ジョーの活躍がもっと見たかったのであるが、今回は主人公の隣にいるだけでそれほど存在がクローズアップされることがなかったのは残念である。それは次作である「猟犬探偵」に期待してもいいのだろうか(すでに購入済み(^o^)丿)。

ひとつひとつの作品は短いため、若干ボリューム感に欠けていて、「あれ、もう終わり?」と思うことがあるが、どれもなかなか楽しめる物語である。
ただ、作者の稲見一良氏がすでに94年にこの世を去られているので、これ以上猟犬探偵のシリーズが見ることができないのが残念である。

犬本紹介その31-「セント・メリーのリボン」(1)

略してセンメリ

スポンサーサイト

ママがんばれ

2007 - 01/29 [Mon] - 12:46

先週末からルアママが土曜日、日曜日と休日出勤したり、今週も帰りが遅くなる日が続くらしい。
ルアママ、あんまり無理するな~。
ルーアも心配しているよ。

ママがんばれ(1)

ママ遅くまで、お仕事大変デスネ・・・・

ママがんばれ(1)

ルーアもさみしいけど、がまんシマス・・・・

ママがんばれ(1)

お暇になったらいっぱい遊んでクダサイネ

何を訴えているの^_^;

2007 - 01/25 [Thu] - 11:00

ルーアくん、じいさまみたいだよ・・・・。

メシはまだかいのう・・・^m^

お鼻のこと

2007 - 01/23 [Tue] - 23:59

さて、鼻を腫らして帰ってきたルーアくんであったが、今朝見てみると少しは腫れがひいているようであったので、とりあえずしばらく様子を見ることにした。

お鼻のこと(1)

昨日の状態(マズルが少し腫れている。あと、少し擦り切れている)

お鼻のこと(2)

今朝の状態(少し腫れがひいたようである)

写真ではよくわからないが、昨日の時点では若干人(犬?)相も変わっているように感じた。
今朝はいつものルーアくんに近くなっていたが・・・。

そして、再会・・・

2007 - 01/22 [Mon] - 23:35

待ちに待っていたルーアとの再会の日。
朝から、平日にしかできない用事を済まし、昼過ぎにルーアを迎えに犬舎へ向かった。

犬舎到着。
おお~、何だかドキドキするなあ。
ルーアは無事に過ごしていたのだろうか。
もしかすると、犬舎が気に入って帰りたくなくなっていたらどうしよう・・・、などとたわいもないことを考えつつ、いよいよルーアくんと再会。

犬舎から外に出されたルーアは、何故だかワンワン吠えている。
興奮している?
「ルーア」と呼んでもなかなかこちらに駆けてこようとしない。
げ、まじで帰りたくなくなっている?
再度呼ぶと、ようやくこちらに気づいたのか、たったったーと一直線に近づいてきて、ジャーンプ!

おお、感動の再会っ!

ルーアは喜んでいるようでシッポをパタパタ振りながら何度もジャンプしてくる。
う~ん、元気そうでよかった。
顔をペロペロとなめてくるので少ししゃがんでみたが、ルーアくん何だか犬くさいね~^_^;
家に帰ったらまずシャンプーだなこりゃ・・・。

その後、スタッフさんとお別れを済まし、一路家へ・・・、とその前にせっかく久し振りにあったのだからちょっとそこらの公園で散歩でもしようか~と言うことになった(よすふくの中で勝手に決めた)。

実はもう行き先は決めてあった。
引地台公園である。
ルーアを預けていた犬舎から車で約30分ほど行ったところにある公園で、公園巡りを趣味とするよすふくとしてはいずれは行っておこうと思っていた公園である。

公園に到着し、車を止めてまずは先に下りようとすると、敏感に察したルーアがヒンヒンと鳴いた。
置いていかれると思っている?
こんなことははじめてである。
犬舎に預けられて、ひとりぼっちだったのが少し影響しているのであろうか?
よしよし、心配しなくても置いてかないよ、と言ってルーアにリードをつけて外へ出すと、ようやく安心したのか辺りを散策し始める。

そして、再会・・・(1)

クンクンクン・・・・

さて、はじめてきた引地台公園であるが、なんか普通~って感じで、大きさもそれほど大きくないため、サクサクと一周してしまい、何だかとっても不完全燃焼である。
せっかくルーアと再会した初散歩。このまま家に帰るのはもったいない。
とはいえ、さっきのように行ったことのない公園だとリスクが高いので、今度は実績のある四季の森公園に出かけた。ちょうど、家へ帰る途中でもあるし。
四季の森公園は以前一度来たことがある
豊かな緑をそのまま生かした広大な公園で、よすふくが今まで行った公園の中でもお気に入りのひとつである。ここであれば、ルーアくんとの再会初散歩にふさわしい。

てなわけで、到着。

そして、再会・・・(2)

四季の森公園

そして、再会・・・(3)

お池の前で

そして、再会・・・(4)

ルーアくん待って・・・

たっぷり1時間以上ルーアくんと久し振りの散歩を楽しんだのであった。

そして、再会・・・(5)

楽しかったねー、ルーアくん

家に帰り、シャンプーすると、その後は疲れたのかソファで寝続けるルーアくん。

そして、再会・・・(6)

すやすや・・・

おつかれさま、ルーアくん。
しかし、これ以上はないと思われるルーアくんの消耗振りは、やはり家に来てからはじめてのお泊りだったからであろうか・・・。

その後、ルアママが帰ってきてルーアくんと久し振りの対面をはたしたが、ルアママはルーアくんのマズルが腫れているという。
ええ?・・・・うーん、確かに。
鼻のてっぺんがすりむけていて、そこから目まで続くマズル部分がポッコリと膨らんでいる。
普段バリケンに入っていないと、ストレスで吠えて鼻をドアにぶつけて擦りむけるとは事前に聞いていたが、まさかここまでとは・・・・。
普段の留守番はフリーにしていたとはいえ、夜寝るときはバリケンで普通に寝ていたので、バリケンにはそれほど抵抗がないと思っていたのが甘かった(>_<)
とりあえず、明日病院に行ってみるとするかな・・・・。

しばしの別れ・・・

2007 - 01/20 [Sat] - 22:00

今週末は、ルアママのお兄さんの結婚式出席のため高松へと出かけることになっている。
ルアママは久し振りに実家に帰るということで、前日入りして3日間ゆっくりしてから帰る予定で、よすふくは当日日帰りの予定である。
日帰りとはいえ、朝6時前には家を出て、帰ってくるのも夜遅くであり、その間ルーアをどうするか、これが問題なのである。
実は以前、日帰りで大阪に帰ったときには、ルーアに留守番をまかせてえらい目にあった経験がある。今回は同じ轍を踏まないようにしなくてはいけない。

というわけで、今回はブリーダーさんの犬舎に預かっていただくことにした。
ブリーダーさんの犬舎へ預ける1/20(土)から1/22(月)のお迎えまで、約3日間ルーアとお別れである。

うおおおお、耐えれるかなあ、俺・・・(T_T)

車に乗って、どこか楽しい場所へ連れて行ってくれるんだーと信じて疑わないルーアを連れて、ブリーダーさんの犬舎へ行く途中、何度引き返そうかと思ったことか・・・。まじ、胃が痛かった・・・。

しばしの別れ・・・(1)

スタッフさんに連れられたルーアくん

スタッフさんにお願いして、ルーアくんを預けて出ようとすると、ルーアくんがどこ行くの~、とリードを引っぱりついてこようとする。
うう、ごめんよ、ルーアくん。
スタッフのみなさま、ルーアくんをよろしくお願いします。

家に帰ると、よすふく原因不明の腹痛で下痢便です。
俺ってこんなに神経細かかったっけー。
ああ、明日早いから寝なくては・・・・。

おやすみ、ルアママ。
おやすみ、ルーア。
今日は、初めて家族3人別々の場所で寝るんだなあ・・・。

犬本紹介その30-「あなたの犬は幸せですか」

2007 - 01/19 [Fri] - 18:13

全米80万部突破の大ベストセラーの日本語版(本の帯にそう書いてる)である。
著者であるシーザー・ミラン氏は、アメリカでは著名人の愛犬を担当するなど超有名なドッグトレーナーであり、ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで放映中の「さすらいのドッグトレーナー」にも出演している。
この本はそのシーザー・ミラン氏による犬の飼い方の手引書のようなものであり、実際に著者が依頼を受けて担当した事例を取り上げて、その問題行動の原因や解決方法を紹介していくのである。

この本には著者独特の表現方法がいくつか目につく。
「エネルギー」という表現もそのひとつで、野生動物は「エネルギー」を体から発していて、それで会話するという。また、犬は飼い主が発する「エネルギー」を読んでその心の状態を把握する。
飼い主が弱いエネルギーを発していると犬はそれを敏感に察知し、自分は優位に立ったと判断することになる。
そのため、飼い主は常に「穏やかで毅然とした」エネルギーを放ち、くつろぎながらも優位に立たなくてはいけないと著者は言うのである。
「穏やかで毅然とした」エネルギーとは何なのか、具体的なことは説明されていないが、一朝一夕に身に付くものではないとよすふくは思うのであるが・・・。

また、著者は愛犬を幸せにするには3つの秘訣があるという。
それは、
1.運動
2.規律
3.愛情
であり、またこの順番が大切であるらしい。
運動が一番大切ということは、何となくわかる気がする。
大切な家族であるとはいえやはりワンコはワンコである。
人間とは種が違う以上、その本能は尊重し、満たしてあげるべきだと思う。
躾、躾と躍起になるのもいいかもしれないが、毎日の散歩、適度な運動といった犬の基本的な欲求を満たしてあげた上での躾であると思う。

様々な犬の問題行動が取り上げられていて、読んでいてなかなか興味深かった。
愛犬の問題行動に悩んでいる人は一度読んでもいいかもしれないが、具体的な解決方法が得られるというわけではなく、愛犬と暮らすための心構えを知ることができるという感じである。

冒頭で紹介した「さすらいのドッグトレーナー」は1月12日から毎週金曜日にNHK-BS2で23:30から放映中である。
興味のある方はこちらをご覧になられてみてはいかがだろう。

犬本紹介その30-「あなたの犬は幸せですか」(1)

ルーアくんは幸せですか?

爪が・・・(T_T)

2007 - 01/18 [Thu] - 21:25

昨日、朝の散歩から帰り、玄関でルーアの足をタオルで拭いていた。
前足を拭き終え、さて次は後ろ足~と思い、右後ろ足を持ち上げてパッドにタオルを押し当てたところルーアが嫌がる素振りをみせた。
ん?どっか傷でもしたかなと、何気なくタオルを見てみると血がべったりと付着している。
ちょっと切ったにしては出血量が多いので、よくよくルーアの足を観察してみるが、パッドに異常はなかった。
さらに調べてみたところ、・・・・おかしな所を発見!
通常4つに分かれたパッドの表側それぞれに爪がないといけないのであるが、一番外側のパッド(人で言うと小指側)のみ爪がないのである。
そう、ルーアの右後ろ足の小指(というかどうかわからないが)の爪が根こそぎなくなっていたのである。
折れたとかそういうのではなく、根元から抜け落ちたという感じである。
本来爪があるべき場所を触ってみても、ぷにゃっとしたパッドの感触がするだけで頼りないことこの上なしである。

すぐさま病院へ連れて行きたいところであったが、運悪くこの日は仕事で週に一度のミーティングデー(ミーティングが集中する曜日)であり、会社に遅れて行くことはできない。
仕方がないので、患部をきれいなタオルで拭き取りしばらく様子を見ていたが、直接患部に触れない限り、普通に動く分には痛みなどはないようなので、ルーアには申し訳ないが病院へ行くのは翌日にした。

明けて翌日(つまり今日)、朝から早速ルーアを連れていきつけのお医者さんで診てもらったが、今のところ患部に触れない限りは痛がる様子もなく、腫れている訳でもないので、消毒と薬を塗ってもらったのみで終了。
しばらくの間は家でも消毒と薬を塗るようにと、消毒液のしみこんだコットンと薬をもらって帰宅。

ふ~、やれやれとひと安心である。
それにしても不思議なのは、一体いつ足の爪が抜けたのか、まったくわからないことである。
深爪をしただけでキャンキャン鳴くぐらいなのだから、爪ごと抜ければもっと悲鳴をあげてもよさそうなものであるが、朝の散歩中、まったくそんな様子はなかった。
できれば記念にとれた爪でもとっておきたかったのであるが、う~ん、謎だ・・・。

てくてくエンジェル

2007 - 01/16 [Tue] - 01:17

1日2回、ルーアくんの散歩を欠かさず行っているわけであるが、ふと、よすふくは一体1日どれぐらい歩いているのかと気になった。
朝散歩・夜散歩約1時間ずつと会社の行きかえりの歩数を考えると、そこそこ歩いていると思うのだがどうだろう?
てなわけで、万歩計を購入しようかと思っていたのであるが、ちょうどその時、会社の同僚であるfukatin氏に薦められたのがこれである。

てくてくエンジェル(1)

ニンテンドーDSソフト「育成散歩計てくてくエンジェル」

万歩計が付属していて、DSにデータを持っていって管理できるすぐれモノであるが、難点がひとつ。万歩計からDSにデータを持っていく方法が赤外線で一発!とかではなく、いまどき12文字のパスワードを入力する方式なのが面倒である。これはいただけないねえ、ハド○ンさん・・・。
ところで、「育成散歩計」と書いてある以上ただの万歩計ではないのである。
これは歩けば歩くほど中の「ジェル君」が成長する歩数計付育成ゲームで、要するに一時期はやったたまごっちの万歩計バージョンである。
そういえば昔同じようなおもちゃで「ポケットピカチュウ」やら「あるくんです」とかいうのがあったなあ・・・(両方持ってた(-_-;))。

それはさておき、肝心のよすふくの一日の歩数であるが、去年の12/25から歩き始めて22日間で歩いた歩数と距離は以下のような感じである。
総歩数:322295歩
総距離:257.8km
平均歩数:14649歩
平均距離:11.7km

このゲーム、バーチャルで世界の色々なコースを歩くことができる。
ちょうど今は東海道を富士山を横目に通り過ぎたところである。

てくてくエンジェル(2)

先は長いな・・・

バカバカしいとは思いつつも、これがなかなか散歩の励みになるのである。

毛?

2007 - 01/13 [Sat] - 18:16

週末、いつものように掃除機をかけていると、何故だかルーアの抜け毛がやたら多い。
掃除機のゴミパックいっぱいに詰め込まれたルーアくんの毛を見ながら考える。
これってやっぱり暖冬だから?
ルーアくんの体はもう春が来たと勘違いしてしまったからなのだろうか・・・。
う~ん、なんにしてもルーアくん、毛はまだ生やしておいたほうがいいよ~。

試しに、買って以来活躍していなかった(時期ハズレに買ったから(>_<))ファーミネーターでかる~くルーアの体をブラッシングしてみると、それなりにアンダーコートがとれた。

毛?(1)

人間の頭髪だと考えるとちょっとしたモノ?

ファーミネーターの広告でよく見かける「毛がごっそりとれている写真」に比べるとささやかなものであるが、もともと毛が少し細い上に密度が少ないルーアくんではこんなものかな。

犬本紹介その29-「エアデールテリア物語―人にいちばん近い犬」

2007 - 01/11 [Thu] - 21:43

エアデールテリアとは―テリア中最大の体格を誇るこの犬は「テリアの王様」とも呼ばれ、かしこく勇気がありそのさばけた性格から最も人に近い犬だと著者は言う。
この物語は万能犬エアデールテリア復活を目指したひとりの獣医とそれに健気に応えようとする5頭のエアデールテリア(パスカル、ニック、ペニイ、メロディ、ゴッドマンⅡ号)との絆の物語である。

万能犬とはどういう犬のことをいうのか。
作中で著者が述べている言葉から読み解くと、警察犬、猟犬、軍用犬、セラピードッグ、災害救助犬、牧羊犬、盲導犬など様々な分野に対応でき、しかもそれを専門とする犬と同等以上に仕事をこなすことができる犬が万能犬であり、それができるのがエアデールテリアであるという。
しかし、エアデールテリアであれば、みなその能力を有しているというわけでもなさそうである。
事実、著者自身も最初に飼った日本内産のエアデールテリア・パスカルでは大きな期待を裏切られている(とはいえ、パスカルは優れた家庭犬であったが・・・)。

この本を単なる人と犬の友情物語として期待して読むと裏切られることになる。
猪猟では、100kgをゆうに超える猪を相手にして、時には命を落とすような危険を冒し、何故そこまでする必要があるのかと思ってしまうし、猟期以外のときも犬は訓練所での毎日で、そこには、一般の飼い主と愛犬という甘い関係は成り立たず、飼い主と使役犬というストイックな関係が存在するのみである(少なくともよすふくはそう感じた)。

エアデールテリアに興味のある人、あるいは愛犬との関係に悩み、信頼関係を見つめなおしたいと考えている人には有益な本かもしれないが、愛犬を家族の一員と考え、共に暮らすことに喜びを見出す人にはこの本は向かないかもしれない。
とはいえ、読み物としても読み応えのある骨太の物語であることは確かで、読んで損はしない質と量であると思う。
ネックは1,890円という値段かなあ・・・・。

犬本紹介その29-「エアデールテリア物語―人にいちばん近い犬」(1)

ルーアには真似できないデスヨ

むむむ・・・

2007 - 01/09 [Tue] - 18:37

何だかわからないけど不愉快デス・・・・。

受け取ったり~(^o^)丿(1)

ルーアくんが後から顔をのせてきたんだよ?

受け取ったり~(^o^)丿

2007 - 01/08 [Mon] - 11:58

文太母ちゃんさんとにーけすままさんより「ワンワンバトン(文太母ちゃんさん命名)」いただきました。
ほぼ同時に気づいてしまったので、文太母ちゃんさんからの質問とにーけすままさんからの質問から適当に5つ選ばせていただきますー。

1.もう1匹家族としてむかえるならどんな子?
ルーアよりほんの少しだけ小さくて、ルーアよりほんの少しだけハイパーで、ルーアよりほんの少しだけクールな女の子。

2.あなたの愛犬。寝ている時の体勢はどんな格好が多いですか?
↓こんな体勢^_^;

受け取ったり~(^o^)丿(1)

よすふくも寝る体勢の一部なのだ

3.一番最初に覚えたコマンドは?
「オスワリ」、「マテ」などはすでにブリーダーさんから躾られていたので、よすふくが純粋にイチから教えたコマンドは「ゴロン」。
いや~、かわええんだ、これが・・・^_^;

4.わんこを『ギューッ』って抱きしめたくなる瞬間ってどんな時?
会社から帰って来たときに、うれしくて飛びついてこようとしてるルーアを落ち着けようとしてオスワリさせても、シッポだけが待ちきれずにパタパタ振られている時。

5.あなたのわんこはあなたをどんな飼い主と思っているでしょう?
あたちの魅力にメロメロな飼い主(はい、否定しません)。

以上です。
次の方は上から3つと下のよすふくが考えた質問から2つを選んで回答してください。
私は152番目なのでカウントアップも忘れずに。
もし、すでにお答え済みの場合はスルーしてください。

しつも~ん。
1.なんと、愛犬が突如人間に変身してしまいました。その容姿は?
2.日本全国のあらゆる建物、乗り物に愛犬と一緒に行けるとしたら、どこに行って何をしますか?
3.あなたにとって愛犬はどんな存在?

てなわけで、次のバトンは
anonままさん
朋ママさん
にお渡ししちゃいます。

よろしくお願いしますー。

ビッグドラム購入ーっ!

2007 - 01/07 [Sun] - 22:31

っつても、でかい打楽器ではない。
洗濯機である。

独身時代から12年間愛用してきたサンヨーひまわり君の調子が悪くなってしまった。
ルーアくんがうちに来てちょうど1年、洗濯物の量が爆発的に増えるにともない、限界の6kgを超えて洗濯したり、カーペットなどの大物を(ムリヤリ詰め込んで)洗濯したりしているうちに一気に寿命がきてしまったようである。

ビッグドラム購入ーっ!(1)

ひまわり君

これで、よすふくが独身時代から使っている電化製品で、今も残っているのはテレビのみになってしまい、何となく寂しい気分である。
ひまわり君、今までありがとう!
12年間故障せず働きつづけた君はとっても良い洗濯機だったよ。

てなわけで、新しい洗濯機を購入することにしたが、狙いは「大容量」で「乾燥機能」がついていて「ドラム式」であること。
「大容量」という条件は、言わずもがなである。大きな洗濯物を洗いたいのでなるべく容量に余裕を持たせたいと思ったからである。
「乾燥機能」はやはりあると便利そうだからである。
シワになるとか、ゴワゴワになるとか、時間がメチャクチャかかるとか、色々と悪評も聞かれるが、洗濯物が乾きにくいこの時期にはあると非常に便利な機能なので、使う使わないは別として是非ともついていてほしい機能である。
「ドラム式」は、出始めた頃は、うるさい、汚れが落ちない、生地が痛むなどという噂を聞いたが、そろそろ改善されたのではないかという期待と単によすふくが新しいモノ好きだからである。

上記の条件でいくつか候補を絞り込んだところナショナルのNA-VR1100と日立のビッグドラムが最終候補に残り、新宿ヨドバシで実物を見比べて最終的に日立のビッグドラムに決定した。
決め手となったのは、投入口の大きさである。
やはり、ルーアと暮らしていると色々と大物を洗う機会が増えるだろうからというのがその理由である。

本日、配達されてきたビッグドラム君は意外に大きく、あらかじめサイズを測って決定した割には、排水口などを考えると設置場所ギリギリであった。

ビッグドラム購入ーっ!(1)

ビッグドラム君

早速、試しに洗濯(&乾燥)してみたが、やはり時間がかなりかかったようである。「ようである」というのは、洗濯中、外出していたからであるが、正確にはわからないが5時間ぐらいはかかったのではないか。
主に乾燥に時間がかかっていたようである。
洗いあがりは、う~ん・・・よくわからない。
もともとそれほどこだわるほうではないので、特に気になるほどゴワゴワしているわけでもない。
乾燥によるシワは、できやすい生地にはできているし、できにくいものはまったく気にならないという感じである。乾燥ムラは特になかった。

という感じの、まったく参考にならない感想であるが、これから使用していく上で色々と良い点や悪い点が見えてくるだろう。
なんにせよ、新しい家電がくるのはうれしいものである。
これからよろしく頼むよ、ビッグドラム君!

ルーアの貢ぎ物

2007 - 01/04 [Thu] - 23:16

今日はルアママのブラとよすふくのスリッパ(片方)だった。

ルーアの貢ぎ物(1)

お肉クダサイ

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ

2007 - 01/03 [Wed] - 23:10

昨日はいつもの散歩以外すっかり寝正月してしまったので、今日は以前から気になっていた所沢航空記念公園へ遊びに出かけた。
この公園では、無料のドッグランが去年から本格稼動しており、そこに行くのが今回のメインの目的である。

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(1)

所沢航空記念公園

とりあえず、公園内を散策する。

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(2)

落ち葉がいっぱいデス

そうこうしているうちに、ルアママとルーアがなにやらはじめたようである。

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(3)

いつのまにか肉まんをゲットしたルアママ

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(4)

始めはお行儀よくオスワリしていたルーアくん

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(5)

いつまでたっても、くれないので少ししつこくなったルーアくん

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(6)

とうとう実力行使にでたルーアくん

この実力行使で、ぽろっと肉まんのかけらを落としてしまったルアママ。
すかさず、拾い食いするルーア。
あ~あ、悪いことおぼえちゃったよ・・・。
とりあえず、ルーアくんにはペナルティを課して、いけないことをしたという自覚を持たせておいたが、今後はもっと気をつけないと悪いことはすぐにおぼえてしまうからなあと反省した新年のひとコマであった。

この公園内には航空をテーマとした所沢航空発祥記念館という博物館があり、飛行機が展示されていてちょっぴり興味深い。
が、残念ながらワンコは入場不可である。

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(7)

仕方ないので外から記念撮影

いよいよ、ドッグランへ行ってみる。

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(8)

ドッグラン(外から見たところ)

ドッグランは大型犬、小型犬のふたつのエリアに分かれており、大型犬用のドッグランの広さは約1,000㎡(と書いてた)で、中に入ってみた感じでは、都会のドッグランとしてはほぼ平均的な大きさだと感じた。
ラン内の地面は剥き出しの砂(?)で特に芝生やウッドチップを敷いているわけではない。
水道が一箇所、ベンチが数箇所に配置されている点はよかった。

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(9)

白いワンコとガウガウ遊び

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(9)

チョコラブちゃんとサッカー

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(9)

ルアママとボール遊び

たくさん遊んでへとへとになったので、公園の近くにあるドッグカフェFu~へと行った。

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(10)

ドッグカフェFu~

お昼ごはんを食べていなかったよすふくは、カレー(+エビフライトッピング)を注文したがなかなかボリュームがあり、味のほうも満足できた。
ドッグカフェというとあまり食事は期待できないイメージがあるが、この店はメニューの種類も豊富にあってよかった。
ワンコメニューもあったので鶏ささみボイルとお野菜添えを注文してルーアにあげると、案の定一気に食べ尽くしてしまった。

ところで、今日はグレート・デーンの集会でもやっていたのか、お店の一角にグレート・デーンを連れた集団がいて、デーンが5頭以上床に座っていた様は圧巻であった。

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(11)

3頭ほどトイレの入り口付近につながれていたので、トイレに行くふりをして間近で堪能したよすふく

グレート・デーンは本などで読んだとおり、体が大きい割には大人しく、みんな静かにご主人の隣に鎮座していたが、やはりあの大きさなのでかなりの存在感があった。
大型犬好きのよすふくには至福のときであった。

所沢航空記念公園へ行ってみたゾ(11)

ルーアくんも気になるようであった

寝正月

2007 - 01/02 [Tue] - 23:08

ソファの背もたれ部分のクッションを取っ払ったら、意外に広くなって家族3人で寝ることができるようになった。
・・・とはいえ、ルアママとルーアが向かい合わせで寝ている上に、よすふくが足を乗っけたぎゅうぎゅう状態であるが・・・^_^;

新春初ドッグラン(1)

くるちいデス・・・

新春初ドッグラン

2007 - 01/01 [Mon] - 23:48

新年が明けたからってやること全てに「初」ってつけるのはどうかと思う・・・。

てなわけで、元旦早々ルーアとともに「初ドッグラン」へと行って来た。
まったく、元旦からワンコのためにドッグランへ行くって、俺ってなんていい飼い主なんだーと思っていると、結構ドッグランには人がいてビックリ(@_@)
干支が亥に変わっても、みんながワンコが好きなんだな~^_^;
あ、ちなみに行ったのは最近お気に入りの小山内裏公園にあるドッグランである。

出発するのが遅れたために1時間ちょいしか遊べなかったが(17時に閉まる)、小さいワンコと追いかけっこをしたり、他の飼い主さんにボールを投げてもらって遊んでもらえたり、ゴールデンとガウガウ遊び(珍しい!)してもらったりで、かなり充実した時間を過ごしたルーアくんであった。

家に帰ると遊びつかれたルーアくんはぐったりとソファの上で爆睡してしまった。

むつ君ちのブログのネタをパクリました^_^;

新春初ドッグラン(1)

爆睡中

むつ君は自然に歯を出すみたいだが、うちはクチビルを人為的にめくった(ヤラセ)

初詣で

2007 - 01/01 [Mon] - 14:21

皆様、あけましておめでとうございます。
ブログをはじめて早1年。
昨年は色々な方からコメントをもらったり、ワンコ友だちができたりで楽しく過ごせました。
今年もルーアとのまったり生活をお届けできればと思っておりまする~。

てなわけで、朝の散歩がてら、ルアママ、ルーアとともに近くのお寺へお参りに行ってきました。

初詣で(1)

ママは何をしているのデスカ?

ん?多分きっと、ルーアにかわいい妹ができますようにってお願いしているんじゃないかな?

では、今年もよろしくお願いしマッスル~(^o^)丿

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。