直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2006年11月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーアの変化

2006 - 11/30 [Thu] - 23:27

ある時期を境にルーアくんの挙動に変化が見られるようになった。
どんな変化か具体的に挙げてみると・・・。

(1)他のワンコとあまり遊ばなくなった。
もともと、ルーアはドッグランなど、不特定多数のワンコがいるところではあまり遊ぶ性格ではなかった。しかし、それでも以前は散歩中に出会う顔見知りのワンコとは、喜んでガウガウ遊びをしていたはずである。
ところが、ある時期を境にそうしたワンコともほとんど遊ぶことはなくなった。相手のワンコに挑まれると手をだすことはあるが、自分から仕掛けることはほとんどなくなってしまったのである。

(2)散歩に行きたがらないことがある。
主に夜の散歩にのみいえることであるが、家を出てチッチとウンPを一通り済ませてしまうと、その時点で先に進もうとしなくなることがある。
両前足をガッと突っ張って「これ以上は進みまセン!」と前に進むのを拒否するのである。
無理にひっぱると不承不承ついてくるが、日によってはしつこく拒否することがある。
そんなときは、家の前まで戻りボール遊びをするのであるが、そのときは嬉々としてボールを追いかけるので、病気や怪我の類ではないように思う。

(3)食にたいして貪欲になった。
それまでは、毎朝毎晩のドッグフードですら残すこともあったのであるが、あるときを境に常に完食するようになった。
それだけであれば、こちらとしても喜ばしい限りであるが、食べてしばらくするとキッチンの前にちょこんとおすわりをして「もっと、なんかクダサイ」とさらにオヤツを要求したり、こちらが食事をしているときにはジーッと物欲しげに見つめたり、時には執拗ににおいを嗅ごうとして顔を近づけてくるのである。

(4)フリーのお留守番がかなりできるようになった。
喜ばしいことであるが、ここ2ヶ月間、留守番時のルーアによる被害は激減した。
もちろん、悪戯できないように手の届く範囲に物を置かない、リビングとキッチンの扉は閉め切る、戸棚の扉も封印するなどといった基本的な工夫はしているのであるが、帰ってきて様子を見ると、朝出かけたときとほとんど同じ状態、ということも何度かあった。
また、出勤時に哀しそうにクゥーン、クゥーン鳴くことも、ウォン、ウォン吠えることもほとんど無くなり、平常心で見送ることができるようになったようである(出勤時にオヤツで気を紛らせてはいるが・・・)。
しかし、帰ってきたときに興奮しまくるのは相変わらずである(^_^;)

さて、ではその「ある時期」とは、一体いつのことであるか。
よすふくが考える可能性は3つある。
ひとつは「初ヒートの時期」で、もうひとつは「フードを変えた時期」で、最後は「カラーを変えた時期」である。

ルーアの変化の原因として、もっとも可能性が高いのは、初ヒートを迎えたからではないかと思う。
要するに大人(レディ)になったのではないかということである。
同時に、食に対して貪欲になったのは、フードを変えたことが原因とも考えられるし、散歩に行きたがらないのはカラーをハーフチョークからフルチョークに変えたためとも考えられる。
いずれにしても、原因はひとつとは限らず、上記3つ(もしくはその他の原因)が関連しあっている可能性もあるのである。

こうしたルーアの変化に対して、よすふく的にはけっこう複雑な気持ちである。
留守番が落ち着いてできるようになったことは、それ自体喜ぶべきことであるが、反面、早く落ち着きすぎたなと残念に思う気持ちもある。
もう少しの間、やんちゃなルーアでいてくれてもよかったのに、と。
2歳になっても、3歳になっても、部屋が荒らされてまともな留守番が出来ずにいるルーアに「おまえは本当にいつまでたっても子供だなあ」などと言ってみたかったような気もするのである(でも、実際にそうなると早く落ち着けとか思っているだろうな(-_-;))。

また、散歩中、他の飼い主さんに会う都度、おとなしいワンコですね~と言われることがよくある。
そんな時、少し前までのよすふくは「この犬種(フラット)にしてはおとなしいほうですね~」と答えていたのであるが、フラットという犬種も性格も知らない人(うちの周りの人は大抵そうであるが)からもおとなしいワンコだと、あまりにもよく言われると、褒められているのはわかっているのに何故だかフラットらしくないなあといわれているような気もしてしまう。

もしかすると、ルーアは毎日長時間の留守番を強いられていたため、否応なく落ち着くようになったのではないか、親にほったらかしの子供が早く一人前の子供に成長するように、ルーアもさっさと大人になってしまったのではないか。そんな風に考えるとルーアに対して申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまうのである。

スポンサーサイト

犬本紹介その27-ドッグフード関連

2006 - 11/28 [Tue] - 13:40

おお?そういえば、最近犬本を紹介していない。
今まで読んだ犬本のストックはたくさんあるし、紹介したい本もいくつかあるのに、いざ書こうと思うとなかなか文章が思いつかないのである(文章書くのって難しい・・・)。

今回はよすふくが読んだドッグフード関連の書籍を3冊同時に紹介。

■「新・ペットフードにご用心!」

前著「ペットフードにご用心!」(未読)にて、当時は多くのペットフードに添加されていた酸化防止剤―エトキシキン、BHA、BHTによる発ガン性や原材料の不透明さを指摘し、多くの反響を得た著書の続編である。

前著出版から10年以上の時がたち、ペット業界も大きく変化した。
とりわけメーカー間には危険な酸化防止剤の使用をやめようという動きが広がり、一方で厳選された「天然素材」を使った高級フード(プレミアムフード)が続々と発売されてきた。中でも、「無添加」や「天然素材」にこだわったものは「ナチュラルフード」と呼ばれ自然食ブームが到来した。

この本では、こうしたナチュラルフードとよばれる製品の製造工程や原材料の不透明さを指摘し、実際にいくつかの製品の成分検査を行っている。
また、ハーブ入りフードの副作用についても注意を促している。

この本にはドッグフードにまつわる「こわい」話が満載されており、自分が今使っているドッグフードは大丈夫なのかと不安な気持ちにさせられる。
悪く言えば、不必要に読者の不安を煽り立てる本と言えるかもしれないし、では一体どんなドッグフードであれば安心してワンコにあたえることが出来るかが書かれているかというと、ある程度ドッグフードの選び方のポイント的なことは書かれているが、明確な回答は書かれていない。
とはいえ、これは当たり前だと思う。
現代のように、多様化したワンコの生活や病気で、このドッグフードならどんなワンちゃんでも大丈夫ですよ、と言う人の方が信用できないとよすふくは思う。

ドッグフード業界の現状を知るのに読んでも損はないと思うが、あまり鵜呑みにしすぎて不安になりすぎるのも良くないと思う。


■「食べてはいけない! ペットフード大解剖 愛犬編」

上記「新・ペットフードにご用心!」を読んで不安になり、市販のドッグフード56製品の成分表が載っているこの本を購入。
ドッグフード選択の助けになればと思っていたのであるが、結構微妙な本である。

まず、成分表についてであるが、この本に載っている成分表は基本的にメーカーが自主的にパッケージに表示しているものをそのまま載せているだけだということである。
それにどれだけ信憑性があるのかがまず疑わしいのである。
ご存知の方も多いと思うが、基本的にドッグフードには原材料の表示義務はないのである。
現状では、各メーカーの自主的表示にまかせられ、原材料の8割程度の表示が一般的とのこと。
それに対して☆~☆☆☆☆☆の5段階評価はどれだけ信憑性があるのかということである。

よすふく家でのドッグフード選びは、この本の☆の数はあくまで参考とし、やはり実際にある一定期間食べさせてみて、体調・便・毛艶・喰いつきなどを見て判断するようにしている。
まあ、そのため今まで7~8種類のドッグフードを試してきたわけだが・・・。

次から次へと新しいドッグフードが発売されているので、今買うのはあまりお勧めできないかも。よすふくが一時期使っていたティンバーウルフも載ってなかったし。


■「かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食」
Amazonの犬本を「売り上げ順」に並べると、いつも上位に食い込んでいるワンコのための手作りレシピ本である。

獣医師である著者は半断食など自らの体を実験台にして検証し、西洋医学ではなかなか治すことができなかった病気を、食事を改善することでワンコの自然治癒能力を高め治そうとしている。
この本には、著者自身の体験からやがて手作りフードに傾倒していったいきさつと、後半では、具体的な症例を挙げて、それにあう手作り健康食の作り方の紹介を行っている。

単純に、料理のレシピ集を望む人には、前半部分の長い文章が無駄なように感じられるかもしれないが、何故ドッグフードではなく手作り食にすると良いのか、ということをしっかりと理解するには前半部分も読んでおいて損はないと思う。

手作り食を考えている人にはおすすめである。
よすふく家のように手作り食の有用性は理解しているが、忙しくて手作りできないーと言っている人は逆に読まないほうが良いかも・・・(^_^;)

犬本紹介その27-ドッグフード関連(1)

ドッグおじや食べたいデス・・・

生田緑地はでかかった

2006 - 11/26 [Sun] - 22:36

近頃、公園めぐりにハマっているよすふくであるが、今回は川崎市多摩区にある生田緑地に出かけた。

都合により、今回ルアママは参加しない。
ルーアとふたりっきりである。
なもんで、カメラも一眼デジカメではなくコンパクトカメラで撮影を行った(ルーアと一眼を同時に扱うのは無理(>_<))。

生田緑地はでかかった(1)

生田緑地

実は、生田緑地に来るのは初めてではない。
確かまだ結婚前にルアママと一緒にきた思い出の地でもある。
その時は、それほど広いという印象はなかったのであるが、今回端から端まで歩きまわってみると、起伏にとんだ山道が縦横無尽に広がっており、2時間ほど歩きっぱなしでようやく網羅できるかと言うところであった。

生田緑地はでかかった(2)

パパ行くデスヨ~

生田緑地はでかかった(3)

枡形門前で記念撮影

ゲンジボタルが生息しているエリアに木の橋が渡されて、ホタル観賞期間中であればホタルが観賞できる。ただし、期間中は夜間ペット禁止なのであまり意味がなかったりする。

生田緑地はでかかった(4)

ホタルの里

芝生広場では紅葉が楽しめた。

生田緑地はでかかった(5)

芝生広場

生田緑地はでかかった(6)

よい眺めデスネ~

前回、ルアママと行ったときには建築中だった岡本太郎美術館が完成していた。
当然、ペット不可なので外から眺めるだけである。

生田緑地はでかかった(7)

岡本太郎美術館

岡本太郎美術館の前にある「奥の池」付近で記念撮影していると、柴を連れた女の人がやって来て「まあ、ラブ(ラドール)ちゃん、かわいいわねえ」、「うちの子はほんとラブちゃんが大好きで~」、「このラブちゃんは女の子なの?」などとやたら「ラブちゃん」を連発してくる。
最初のほうに訂正し損ねたので、今更「ラブじゃなくてフラットです」と言うわけにもいかず、結局最後までラブだと誤解されたままであった(-_-;)

生田緑地はでかかった(8)

奥の池で記念撮影

車を駐車した東口駐車場近くの青少年科学館の前にはD51やブルートレインの客車があり、子供連れのファミリーが多く来ていた。

生田緑地はでかかった(9)

D51前で記念撮影

生田緑地はでかかった(10)

実際に使用されていたブルートレインの客車

とまあこんな感じで約2時間ちょいかけてぐるりと一周して帰って来た。
天候が今ひとつすぐれず、ルアママもいなかったが、それなりに楽しむことが出来た。
今度はルアママとルーアと3人でゆっくりと散策したいものである。

ルアくん、おつかれさま~。

生田緑地はでかかった(11)

パパ楽しかったデスヨ

家に帰ると、疲れたのか、よすふくの股間をマクラにぐっすりと眠るルーアくんであった・・・。

生田緑地はでかかった(12)

天使の寝顔だ・・・

プリア

2006 - 11/24 [Fri] - 23:46

無料の写真プリントサービスPriea(プリア)というものがあるとルアママに教えてもらったので、早速使ってみた。

Priea(プリア)は会員登録(無料)をすると、ネットアルバム(2Gまで)、写真プリント(月に30枚×2回まで)、プリントした写真の郵送を無料で行ってくれるサービスである。

サイトの説明では、申し込みから約1週間程度かかると記載されていたのであるが、実際には11/18(土)に会員登録をして発注すると、3日後の11/21(火)には、クロネコメール便で届いていたのでかなりスピーディーであった。

早速、写真を出して確認したところ、サイズは通常の写真プリントサイズ(L判)である。
見た感じ画質も写真屋さんに出したのとそれほど変わらないような気がする(まあ、よすふくはあまりこだわりがないから・・・)。

さて、プリントから郵送まで無料というのには、当然ながら訳がある。
プリアはスポンサーからの広告収入で成り立っているのである。
広告はプリントした写真に印刷されており、印刷のパターンは下記の2種類に分類される。

プリア(1)

写真の半分に広告が印刷されているハーフタイプ

プリア(2)

広告のロゴが印刷されているロゴタイプ

どちらのタイプがいいかというと、どちらにも長所短所があるので一概には言えない。
例えば、ハーフタイプだと、小さくてもいいというのであれば、広告部分をちょん切ってしまえば普通の写真になるし、また、ロゴタイプはロゴ自体かなり小さいので思ったよりも気にならない。

ロゴタイプだとそれほど変わらないが、ハーフタイプだと印刷される広告によってもかなり印象が変わってくる。
例えば、ORICONの広告はシンプルなので広告自体あまり気にならない。

プリア(3)

ORICON

写真の内容によっては、妙に広告とマッチしているような場合もある。

プリア(4)

ORICON2

逆に、ヤマダ電機やTSUTAYAの広告は派手でうるさすぎる。

プリア(5)

ヤマダ電機とTSUTAYA

そうかと思えば、このハーフタイプの広告をうまく利用している企業もある。

プリア(6)

花王

写真だとわかりにくいが、広告の静ちゃんが「うわっ、上の子カワイイわ~。エッセンシャル使うたら、もっと私に近づけるで。」と言っている。
ルーアにエッセンシャルは遠慮しておくが・・・。

さて、実際に使ってみた感じの印象は「思っていたより良かった」である。
印刷品質も悪くないし(よすふく的に)、対応も迅速で、(モノによっては)広告もそれほど気にならなかった。
まあ、さすがにこれを人にあげたり、アルバムに保管というのは躊躇われるが、テストプリントや自分では印刷しないような写真であれば十分利用価値はあると思う。
懸念事項としては、住所を登録しなくてはいけないので個人情報流出の心配があることとプリア自体儲からなくてつぶれてしまわなかってことかな。

ヨーグルトの逆襲

2006 - 11/23 [Thu] - 22:58

ヨーグルトの容器に顔を突っ込んで抜けなくなってやんの。

ヨーグルトの逆襲(1)

うひゃひゃひゃひゃψ(`◇´*)ψ(ヨーグルトに負けて意地悪になっているよすふく)

ルーアはヤキモチ焼き?

2006 - 11/22 [Wed] - 21:26

散歩中、他の飼い主さんが連れているワンコをよすふくが「かわええなあ、おまえ~」とか言いながら、わっしわっし撫でていると、大抵ルーアが間に割って入ってきて、よすふくの顔をペロペロなめようとする。
「なんや、ルーア。お前ジャマするなよ~」とか言いながらも、ヤキモチを焼いているのか?となんだかルーアがとってもいとおしくなる瞬間である。

とまあ、それはそれでいいとして(いいのかよ!by ルーア)。
じゃあ、ルアママに対して同じようなことをすれば、ルーアはどんな反応をするかなあとふと思ってしまい、思わず行動に移してしまった。

ルアママの頭を膝の上にのっけて、背中辺りを「よ~し、よし、いい子だ~」とわっしわっし撫でてみる。すると、それを見たルーアはシッポフリフリ近づいてきて間に割って入ろうとする。

おお、実験成功!

この結果を踏まえて推測してみると・・・。
『ルーアはルアママもよすふくに飼われていると思っている』
ということになると思うのだがどうだろう?

ヨーグルトに完敗(T_T)

2006 - 11/21 [Tue] - 23:41

会社から家に帰って来て玄関の扉を開けると、いつもは真っ先に飛び出してきて出迎えてくれるルーア君が、今日に限って一向にでてこない。
おかしいな~と思い部屋に入ってみると、ちょうどルアママがルーア用に買った明治ブルガリアヨーグルトプレーンをルーアにあげようとしてるところであった。

「ルア君、ただいま~」
と言っても、チラッとこちらに目線を向けるだけで、一心不乱にヨーグルトを食べていた。

あああああ、憎い!
こんなにもルーアくんのハートを鷲掴みにしてしまうヨーグルトが憎いいいいいぃぃぃ・・・・・。
エロイムエッサイム、エロイムエッサイム・・・・。

ヨーグルトに完敗(T_T)(1)

にっくきヨーグルト様

撫でること

2006 - 11/20 [Mon] - 22:01

あるしつけの本には、意味もなくワンコを撫でないほうがいいと書いてある。
「撫でる」という行為はワンコにとってご褒美であり、理由もなくワンコを撫でてしまうとご褒美としての威力がなくなってしまうから、というのがその理由らしい。

あ~、そうするとうちはダメだ。
ルーアにとって撫でるということはご褒美としてはまったく意味をなしていない。
なんせ、よすふくはルーアがソファでくつろいでいたり、ベッドで休んでいるときには必ず近づいて「ええのんか?ここが、ええのんか?」とか言いながらわっしわっし撫でまくるので、ご褒美と言うよりはむしろ軽い罰みたいになっているのである。

撫でるのがご褒美だから、あまり撫でないようにしようなんてケツの穴の小さいことは言わないで、撫でたいときには撫でればいいと思う。

撫でること(1)

「撫でる」価値が暴落中の図

カニ鍋

2006 - 11/19 [Sun] - 23:39

実家の母が旅行先から丸ごと一匹カニを送ってきてくれたので、本日はカニ鍋である。
わーいいいいい(^o^)丿

カニ鍋(1)

カニ鍋

はじめてみるカニにルーアくんも興味津々である。

カニ鍋(2)

カニ・・・おいちいかな・・・

カニ鍋(3)

なくなっちゃう・・・、なくなっちゃう・・・

カニ鍋(4)

なくなった・・・

ドッグショウinTBS緑山スタジオ

2006 - 11/18 [Sat] - 22:38

11/18(土)にTBS緑山スタジオにてドッグショウが行われ、そこにピースくんがピース兄さんのオナハンで出場すると聞き、ルーアを連れて見学&応援しに行ってきた。
ドッグショウは以前から一度は見たいと思っていたし(色々な犬種が見れそうだから)、しかも緑山スタジオといえば自宅から車で10分程度で行ける場所である。

ピースくんの午後の出番は13時30分ぐらいとのこと。
少し早めに行って、ショップを見てみようかと思い、到着したのが12時30分ぐらいである。

ドッグショウinTBS緑山スタジオ(1)

ドッグショウは屋外で行われていた

とりあえず、ルーアを車に残し、辺りを散策してみると、見つけた!
ピースくん家さん達がちょうど練習(?)をしているところであった。

ドッグショウinTBS緑山スタジオ(2)

ピース家さん達

早速、近づき挨拶をするとピースくんはシッポをフリフリ飛びついてきて、顔をペロペロなめるという真にフラットらしい歓迎の挨拶をしてくれた。
久し振りに見るピースくんは以前より体格も立派になって、大人のフラットになったなあという感じであった。

さて、そうこうしているうちに朋ちゃん家さんも到着。

ドッグショウinTBS緑山スタジオ(3)

ピースくんの大歓迎をうける朋ママさん

いよいよ、ピースくんの出番である。

ドッグショウinTBS緑山スタジオ(4)

しっかりとピース兄さんを見つめるピースくん

ドッグショウinTBS緑山スタジオ(5)

口の中をチェックされている

ドッグショウinTBS緑山スタジオ(6)

そして走る!

ピース兄さんの指示どおりにキビキビと動くピースくんは、先ほどまでの興奮してペロペロとなめてくるワンコとは同一ワンコとは思えないほど立派であった。
残念ながら、最終選考(と言うのかどうかわからないが)まで残ることは出来なかったが、ちゃんとピース兄さんの言うことをしっかり聞いていたピースくんに感心しきりのよすふく家であった。

ドッグショウinTBS緑山スタジオ(7)

出番を終えたピースくん「ただいま~」

そして、初めてドッグショウを見たよすふくの感想は、
「ルーアには絶対無理だな・・・・」
であった。

ドッグショウinTBS緑山スタジオ(8)

ショウを終えたピースくんと三つ巴で遊ぶ

その後は、以前も行ったはるひ野のドッグカフェに場所を移して、談笑して楽しく過ごさせてもらった。

ドッグショウinTBS緑山スタジオ(8)

テーブルの下でオチリを突き合わせてフセてる朋ちゃんとルーア

泉の森公園

2006 - 11/16 [Thu] - 20:00

珍しく夫婦そろって休みがとれたので、ルーアを連れて大和市にある泉の森公園へ出かけた。

R246を挟むようにあるこの公園は、東京ドーム9個分の大きさで、小川や森林の散策などができる都会のオアシス的な場所である(と紹介されていた)。

泉の森公園(1)

泉の森ガイドマップ

まずは森林内を散策。
この公園、周辺に住む人々の生活道路にもなっているようで、時折買い物帰りと思しき荷物を手にぶら下げた人とすれ違う。
そんな訳で、平日の昼間の公園と言う割には人通りがけっこうあった。

泉の森公園(2)

ロングリードに付け替え、散策開始!

泉の森公園(3)

木の後ろに隠れてみる

しばらく歩くと池のある場所に出た。

泉の森公園(4)

しらかしの池

と、ネコ発見!

泉の森公園(5)

対峙するネコとルーア

ネコはルーアを見てもまったく動じることはなかったが、逆にルーアはネコに対して過剰なほど反応して、しまいには唸り声まで発していた。

泉の森公園(6)

体中の毛を逆立てているルーア

泉の森公園(7)

かたや、まったくヘーゼンとしているネコ

情けないよ、ルーアくん・・・・(T_T)

一方、川には色々な生き物がいてなかなか楽しめた。

泉の森公園(8)

なんか飛ぼうとしている

泉の森公園(9)

水面の写りこみが良い感じ

負けじとルーアも川遊びに興じる。

泉の森公園(10)

水冷たかろうに・・・

その後は、適当なところで昼食をとりのんびりし、ざっと公園内を一周して帰途についた。

家から約一時間強のところにある公園であるが、平日の割には人が多かったように感じた。
上に書いたように、生活道路として利用している人も多かったが、鳥などの写真撮影や風景の写生、我々と同じくワンコの散歩などが目的で訪れている人もたくさんいた。
都会の喧騒から逃れ、心を癒すには良い場所かもしれない。

ワンコ分析

2006 - 11/14 [Tue] - 18:15

ワンコ分析
mixiの某コミュで紹介されていたので、早速やってみた。

●よすふくの場合
よすふくの63%はアフガン・ハウンドで出来てるワン!
よすふくの23%はドーベルマンで出来てるワン!
よすふくの7%はマルチーズで出来てるワン!
よすふくの6%はポメラニアンで出来てるワン!
よすふくの1%はチワワで出来てるワン!

見かけは大型犬だが、実はハートは小型犬っていうのがばれた!


●ルアママの場合
ルアママの70%は四国犬で出来てるワン!
ルアママの16%はミニチュア・ピンシャーで出来てるワン!
ルアママの8%はウェルシュ・コーギー・ペンブロークで出来てるワン!
ルアママの5%はシー・ズーで出来てるワン!
ルアママの1%はプードルで出来てるワン!

おおお!ルアママは四国出身なのであながち間違ってないかも!
すげえ・・・・。


●ルーアの場合
ルーアの51%はエアデール・テリアで出来てるワン!
ルーアの46%はイングリッシュ・コッカー・スパニエルで出来てるワン!
ルーアの2%はマルチーズで出来てるワン!
ルーアの1%はプードルで出来てるワン!

エアデールとコッカースパニエルが半分半分か・・・。
フラットの要素がまったく入っていない(T_T)

ルーアのキ○タマ

2006 - 11/13 [Mon] - 20:26

えーっと、あのう・・・、なんだかキ○タマみたいにみえるんですよ・・・。
いや、本当はおちちなんですがね・・・。
それはわかってるんですが、なんとなく、こう。
ヒートが始まったときからおちちがちょっとふくらんで、終ったら元に戻るかな~と思ってたんですが、ぷっくりとしたままなんですよね・・・。
これって大丈夫なんですかね。

匿名希望のYさんより(音声は変えてあります)

ルーアのキ○タマ(1)

ルーアのキ○タマ

小金井公園寒かったよ・・・・

2006 - 11/12 [Sun] - 22:39

木枯らし一番きたー。
いやー、小金井公園に行ったんですがね。
これがまた、寒い寒い。
昨日とはうって変わって天気が良かったので、比較的軽装で行ったら、風がビュンビュン吹いてて寒いこと寒いこと・・・。

さて、小金井公園であるが、うちん家からは比較的近く(車で1時間弱ぐらい)、園内には無料のドッグランがあるので一度は行きたいと思っていたのでるが、ようやく今回はじめていくことができた。

小金井公園寒かったよ・・・・(1)

都立小金井公園

休日ということもあり、園内は家族連れで賑わっており、サイクリングを楽しむ人やバーベキューをする人、アスレチックで遊ぶ人、また広場で遊ぶ人などなど・・・皆思い思いに楽しんでいた。

何はともあれ、我々はドッグランへ移動。

小金井公園寒かったよ・・・・(2)

ドッグラン

ドッグランも例外ではなく、たくさんのワンコがいた。
早速、中へ入りルーアをフリーにするが、相変わらずあまり遊ばない。
そこら辺のにおいを嗅ぐか、よすふくかルアママの後ろをついてくるだけで、他のワンコが遊びに誘ってもあまり遊ぼうとしない。

こいつほんとにフラットか?

小金井公園寒かったよ・・・・(3)

アゴを乗っけられても・・・

小金井公園寒かったよ・・・・(4)

頭を押さえつけられても・・・

小金井公園寒かったよ・・・・(5)

フラット仲間に誘われても・・・・

小金井公園寒かったよ・・・・(6)

遊ばない

まあそんなこんなで、まったりと過ごしていたのであるが、あるラブラドールがやって来て、執拗にルーアを追いかけ始めた。

小金井公園寒かったよ・・・・(7)

追いかけられるルーア

はじめのうちこそ、ルーアのいい運動になるなあと微笑ましくみていたのであるが、ルーアがいい加減疲れて立ち止まると、すかさずそのラブはルーアの後ろにまわりこんでマウンティングの体勢にはいる。
ルーアのヒートは当然1ヶ月以上前に終っているのであるが、自分のワンコがマウンティングされるのは見ていてあまり気持ちいいものではない。
とはいえ、あからさまにラブを引き離すのも、今まで一緒に走り回っていたのを微笑ましそうに見ていただけに、ちょっと躊躇われた。
ので、疲れて座り込んでいるルーアをラブからガードするように、こちらもルーアの傍らにしゃがむことにした。

それでも、しつこくルーアの周りをぐるぐるとまわっているので、ルーアをなでつつラブをけん制していたのであるが、なかなかあきらめようとしない。
なんだかな~と思っていると、ようやくラブの飼い主さんと思しき人が来て、そのラブを連れていってくれた。

結局、その後は、寒かったということもあり、すぐにドッグランを出て公園内の散策を行った。

小金井公園寒かったよ・・・・(8)

ボール遊び

小金井公園寒かったよ・・・・(9)

公園散策

と言うわけで、ラン内では多少不愉快な思いをしたが、園内は広くて散歩向きであったし、ランもなかなか広く、水道設備もあり、木陰などもあって非常に過ごしやすかった(これからは寒くなるが・・・)。
家からそれほど遠くないのでちょこちょこ利用しようと思う。

雨の日は・・・・

2006 - 11/11 [Sat] - 20:43

ルーアとのんびりお昼寝をしよう。

雨の日は・・・・(1)

下半身があたたかくて幸せだ^_^

今さらワンダーボール

2006 - 11/09 [Thu] - 17:52

半年以上前にペットショップで見かけて以来、ずっと気になっていた「ワンダーボール」。
先日、とうとう衝動買いしてしまった。

今さらワンダーボール(1)

スイッチを押すと、自動的にコロコロとランダムに転がるボール「ワンダーボール」

本体自体はプラスチックでできており、電池をいれると中のモーターが重りを回転させてランダムな動きを発生させるようである。

よすふくは当初、まっすぐピューと転がっていくだけかと思っていたが、意外にもかなり予想外な動きをする上に、袋小路に迷い込んでもほっとけばそのうち出て来るのでなかなかの優れものである。

早速、ルーアにあたえてみた。

ワンダーボールと戯れるルーア(31秒)



部屋が散らかっているのは見なかったことにしてください(^_^;)
思った以上にルーアの喰いつきが良かったが、なかなかボールを掴まえられないのはルーアが不器用なせいとボール自体が常に振動しているので掴まえにくいのであろう。

ひとりで遊ばせるにはなかなかいい感じであると思うが、本体がプラスチックでできており、普通のフラットであればひと噛みで粉砕してしまいそうであまりおすすめできないかも・・・(もともと小型犬用として売られているので仕方がない)。

ルーアの鼻パク

2006 - 11/07 [Tue] - 17:06

練習中~。




いつもは、パクってやったときにオヤツ(グルコサミン)があさっての方向に飛んでいく。
その「オヤツがあさっての方向に飛んでるのに、あたかも口に入っているかのようにパクって食べる様(ちゃんとパクって音がする)」が妙にかわいくてカメラを構えたのであるが、カメラを向けられたときに限って成功している。
実は本番に強いのか、ルーアくん・・・・。

甘えルーア

2006 - 11/06 [Mon] - 23:28

最近、ルーアが甘えん坊である。

甘えルーア(1)

足の上にのっかって寝てルーア(体痛くない?)

甘えルーア(2)

ルアママとソファの間にもぐりこんで寝てルーア(狭くない?)

甘えルーア(3)

足にアゴをのっけてテレビをみルーア(これは楽そう^_^)

甘えルーア(4)

手の上に頭をのせて寝てルーア(幸せそうに寝ちゃってまあ・・・)

なんだか、どんどんかわえくなるルーアくん。
どうしようか。

ラ・フェット多摩 南大沢

2006 - 11/05 [Sun] - 20:09

朝の散歩代わりに小山内裏公園内にあるドッグランへ出掛けた。

比較的朝早く出かけたので道も空き空きで快適である。
公園内の無料駐車場に車を止めて、ドッグランのある場所まで散歩がてらにてれてれ歩いていくと、途中のベンチに大きなワンコを連れている人がいた。
ルーアがノリノリで近づいていくので挨拶してみる。

その飼い主さんが連れていたのは、垂れ耳で短毛で、均整の取れた筋肉質のスラッとした体型のワンコである。
ぱっと見ラブかと思ったが、毛色がブリンドルというかまだらっぽい感じであったので違う。

ラ・フェット多摩 南大沢(1)

相手の勢いにちょっと引き気味のルーアくん

飼い主さんに犬種を聞いてみるとプラットハウンドとのこと(プロットハウンドと言ったのかもしれない)。
ブラッドハウンド(Bloodhound)であれば知っているが、プラ(ロ)ットハウンド(Plotthound)は初耳である。
念のため、家に帰って今年の犬種カタログを見てみるが載っていない。
フォーグル先生の犬種図鑑を調べてみるとプラットハウンドとして確かに載っていた。

ドッグラン内についてみると、すでに数頭ワンコが遊んでいた。
早速中に入り、ルーアのリードをはずすが、今ひとつ乗り気じゃないようで、ルアママかよすふくの後ろをテクテクついて歩くだけで、他のワンコが遊びに誘ってもほとんど遊ぼうとしない。

ラ・フェット多摩 南大沢(2)

遊ばないルーアくん

しょうがないので、ボール遊びをしてみる。

ラ・フェット多摩 南大沢(3)

ボールを投げると取りに行くが・・・

ラ・フェット多摩 南大沢(4)

すぐにごろんと横たわってしまう

ラ・フェット多摩 南大沢(5)

他のワンコが挨拶に来ても固まってしまう

あれ~?ルーアくん、こんなに他のワンコと遊ばなかったっけ?とちょっと不思議に思ってしまった。

結局、ルーアくんがあまり遊ばないのでこのままドッグランにいても仕方がないと判断し、公園内をぐるっと散歩してから帰ることにした。

次に向かったところはラ・フェット多摩 南大沢である。
ここはアウトレットのお店が多数集まったエリアで、南町田のグランベリーモールに少し似ているかもしれない。

ラ・フェット多摩 南大沢(6)

ラ・フェット多摩 南大沢

基本的にワンコを連れて歩けるのであるが、ワンコ連れで入れるお店はペットショップぐらいしかないかもしれない。
3連休の最終日ということもあり、そこそこ人出も多かった。

ある一角で、ワンコを連れた人が集まっていたので何かと思い覗いてみると、なんとワンコの早食い王者決定戦という催しをやっていた。

ラ・フェット多摩 南大沢(7)

早食い王者決定戦

事前に知っていればルーアくんも参加させていたのであるが、残念である。
最近、ルーアくんは食べているときと寝ているときと散歩しているとき以外は常におやつをねだっている状態であるので、参加していたら結構いい線行ってたのではないかと思うのは飼い主の欲目(?)だろうか。
今回が第3回ということなので、もしかするとまた第4回目があるかもしれないことを期待しつつ、帰途についたよすふく家であった。

不完全燃焼・・・

2006 - 11/03 [Fri] - 13:49

ふなばし三番瀬海浜公園へ行った。
が、実はそもそも当初は別の場所へ行くつもりだったのであるが、3連休初日だからなのか渋滞続きですっかり行く気がなくなってしまい、たまたま近くにあったこの公園へ飛び込んだ、というのが正解かもしれない。

海辺におりてみると、潮干狩りのシーズンが終わったにもかかわらずそこそこ人がいる。
適当なところにマットを敷いてのんびりすることにした。

不完全燃焼・・・(1)

海辺を散歩

不完全燃焼・・・(2)

逆光は勝利!

不完全燃焼・・・(3)

ボール遊び

浜辺でのんびり過ごした後は、帰り道の途中にある辰巳の森海浜公園にあるドッグランに立ち寄った。

不完全燃焼・・・(4)

辰巳の森ドッグラン

不完全燃焼・・・(5)

遊びに誘ってくれているのに、イマイチ乗り気じゃないルーア

不完全燃焼・・・(6)

写真だとわかりにくいが、でかかった・・・(ビアデッド・コリーかな?)

不完全燃焼・・・(7)

ボール投げ待ち中

まあ、そんなこんなでそれなりに楽しく過ごすことは出来たのであるが、今ひとつ不完全燃焼な1日であった・・・。

ルーアくんからひとこと

2006 - 11/02 [Thu] - 22:01

ルーアくんからひとこと(1)


ルーアくんからひとこと(2)


・・・・・だそうです。

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。