直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2006年05月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の聖戦

2006 - 05/31 [Wed] - 12:52

先週はフリーでお留守番をしていたルーアくんであるが、日々エスカレートするいたずらと不可侵領域であるキッチンへの侵入・盗み食いに及んだため、今週からは平常どおりバリケンでのお留守番となった。

月曜日、火曜日と問題なくバリケンのお留守番をこなしたルーアくん(まったく問題がないわけでもないが・・・)。
こちらとしても、家に帰ってから部屋が荒らされていないという安心感があって、この2日間は平穏無事に過ごせた。

しかし、人間平和であれば悪いことを考えるもので、もう一度フリーを試してみたらどうだろうか、今度こそキッチンのバリケードが絶対突破できないようにすればいいんじゃないか、などと考えている自分に気がついた。
いや、正直に言おう。
前回自信満々で築いたバリケードを苦もなくルーアに突破され、あまつさえ、廊下への侵入まで許してしまった汚名を返上したいのである。

そう、これはリベンジなのである。

ルーアをもう一度フリーにしたいとルアママに相談すると、意外にも快くOKが出た。ルアママはルアママで何やら思うところがあるらしい。
そうと決まれば今度こそ絶対に突破できないバリケードを作らなくてはいけない。
朝の慌しい時間とありあわせの材料を寄せ集めて作った対ルーア用バリケード。
名付けて「ドラゴンシールド」の完成である。

最後の聖戦(1)

これがドラゴンシールドだっ!

数多ある聖闘士の聖衣の中でも最強の硬度を誇る龍座の聖衣に装着されている盾をもじってつけた名前は伊達ではないはず。

ルーアくん、勝負だー。

で、ルーアを部屋に残し玄関へでた我々。
その瞬間-

がこっ!!

何やら衝撃音が聞こえ、一瞬後にはルーアがキッチンのドアから飛び出してきた。

な、なにい~!( ̄□ ̄;)

慌てて戻ってバリケードを確認すると、さながら黄金聖闘士山羊座のシュラの一撃で真っ二つにされたドラゴンの盾のように(いや、わかんないから)、バリケードは犬一頭が通れるスペース分横にずらされていた。

完敗・・・・_| ̄|○

呆然とたたずむよすふくの横を飛び回るルーア。
よすふくにはルーアが
「ふっ、おまえは先の闘いで何を見ていた。聖闘士には一度みた技は通用しないのだ」
といっているように見えた。

・・・・それはさておき、とにかくそろそろ会社に行かなくてはいけない。
いまさら、ルーアをバリケンに閉じ込める訳にもいかないので、バリケンがずれないようにさらに15kgのダンベルを重しにして出かけることにした。

最後の聖戦(2)

15kgのダンベル追加

がこーん、がこーんとルーアが再度バリケンをずらそうとしている音が聞こえるが、今度はそう簡単にはいかないようである。
が、所詮は応急処置。それほど長くは持たないはず。

「い、急げー!バリケードは長くはもたない。今のうちに外に出るんだー。あ、あの黒い悪魔が来る前にー」

慌てて玄関から飛び出すよすふくとルアママ。


・・・・と、まあここまでが今朝の出来事である。
会社の昼休みを利用して書いているのであるが、家に帰ったら部屋がどうなっていることやら・・・・。

続きは帰宅後に書く予定であるが、被害が思いのほか大きかったりして、よすふくの精神的ダメージが大きい場合には書けないかも・・・・。

スポンサーサイト

あのCM

2006 - 05/30 [Tue] - 23:45

伊東に行くならハ○ヤ
電話は4126(よいふろ)
4126 4126
はっきり決めたハ○ヤに決めた
伊東に行くならハ○ヤ
ハ○ヤに決めた

トシがばれますわな^_^;

トシがばれますわな^_^;

犬本紹介その14-「新犬種大図鑑」

2006 - 05/29 [Mon] - 23:43

420種類にも及ぶ犬種について、オールカラーページで416ページに渡って詳細に解説されている犬図鑑である。
価格も7140円と破格の値段であるが、それだけの価値はあるとよすふくは信じている一品。

全ての犬種について、その歴史や原産国、寿命、大きさ、特性など細かく記入されており、犬のことが大好きな人には本当にお奨めの一冊である。

よすふくはパソコンの起動中に傍らにあるこの本を取り出して、パラパラっとめくって適当なところの犬のデータを読むのが殊のほかお気に入りである。

(ラブが表紙?

ラブが表紙?

ルーアくん、フリーでお留守番できるかな?リターンズ

2006 - 05/27 [Sat] - 02:51

でっきるかな?でっきるかな?はてさて、ふふー(小声で)。

アウウ(T△T)、もう書くことはないと思っていたのであるが、5/26の日記の続報である。

結局、金曜日もバリケンにいれずに、フリーでお留守番させてしまった。
しかしながら、今回はキッチンと居間の間の柵に、15kgのダンベルをふたつと(筋トレに使う)ベンチを立てかけて絶対に倒すことができないように工夫をしておいた。

んで、その結果がこれである。

フリーで留守番3(1)

玄関から続く廊下が荒らされている。

玄関を開けたらすぐにルーアがお出迎えにあらわれたのには正直かなりビビった。ルーアが留守番をしていた居間から玄関に続く廊下を出るには扉を開ける必要があるからである。

扉は2ヶ所ある。

ひとつは、居間から直接廊下に続く扉である。
こちらは居間から引いて開ける扉になっていて、ルーアに開ける事はほぼ不可能である。
もうひとつは、居間からキッチンを経由して廊下にでる扉である。
ルーアはこちらの扉を開けていた。

フリーで留守番3(5)

キッチンから廊下へ出る扉が開けられていた。

確かにこちらの扉はキッチンの中から押して開けるタイプの扉なので、ノブさえ回せればそのまま押して開くことは可能である。
それにしても、ドアの開け方まで既にマスターしていたとは・・・・。

キッチンの扉から廊下に出たのはわかったとして、ではどうやってキッチンに入ったかである。
上にも書いたように今回はキッチンに入れないように、柵は絶対に倒れないようにしたつもりである。

フリーで留守番3(2)


柵が横にずらされとるーーー!!( ̄□ ̄||| ガ-ン

倒せないと判断したルーアくんは柵を横にずらして、隙間からキッチンに入ったようである。
まじかよ・・・・。

謎は全て解けた。

さて、廊下に出たルーアくんは何をしていたかというと・・・・・。

フリーで留守番3(4)

半分以上残っていたおやつを全部平らげた(しかも、ふた袋も・・・)。

フリーで留守番3(6)

ドッグフードも食べた。

そのほか、部屋はいつものように荒らされて、細々とした物がいくつか破壊されていた。

もう、なんて言うか笑うしかないな、こりゃ(≧▽≦)ノ_彡 バンバン!

ルーアくん、フリーでお留守番できるかな?完結編

2006 - 05/26 [Fri] - 02:21

でっきるかな?でっきるかな?はてさて、ふふー。

5/23の日記の続報である。

結局、今週は月曜日から木曜日までずっとフリーでお留守番してきたルーアくん。
火曜日、水曜日は月曜日と同じ程度に部屋を荒らしていたが、それほど大事にはいたらなかったのでスルーしていたが、本日はちょっぴり困ったことをしてしまったので、その内容をアップすることにした。

その内容とは、キッチンへの侵入盗み食いである。

うちでは、いくつかルーアが入ってはいけない場所があり、キッチンもそのひとつである。これに関しては、ルーアがうちに来たときから厳しくしつけてきたので、少なくとも我々がいる前ではキッチンに入ることはなかった。
しかしながら、今日帰ってみるとキッチンと居間とを仕切る柵が倒されており、さらにキッチンの中が荒らされ、置いてあった食材がいくつか食い散らかされていた。

帰ってくるなりキッチンで興奮するルーア(音声無し・12秒)



フリーで留守番2(1)

キッチンとの柵が倒されている。タイルカーペットが引き剥がされている。
15kgの鉄アレイで重しをつけていたのに、一体どうやって倒したのか知りたい・・・・。

フリーで留守番2(2)

キッチン内があらされている。

フリーで留守番2(3)

パンがまるごと食べられている。

フリーで留守番2(4)

タイレッドカレーセットのココナットパウダーだけ食べられている。
何故か他のものには手をつけていない。

フリーで留守番2(5)

スルメの食べ残し
しょっぱいし、消化に悪いから結構ヤバイ?

フリーで留守番2(6)

エリザベスカラーが破壊されている・・・・
ガムテで補強してあったのに、どうやって・・・・

まあ、それ以外はいつものように居間の新聞が散らかされていたり、ビニールが散乱していたり、トイレシーツがひっくり返されていたりといった感じである。

今回はたまたま無事だったから良かったが、キッチンにはワンコが食べてはいけないものなど結構危険なものが置いてある。
残念であるが、ルーアくんのフリーでお留守番は本日までである。
ルーアくん、明日からはいつも通りバリケンでお留守番ね!

フリーで留守番2(7)

おいしかったですよ?

それから、今日は晩御飯抜きだから!

ルーアのお気に入りの場所

2006 - 05/25 [Thu] - 12:38

ルーアがいなくなったなーと思ったら、大抵この場所で眠っている。

お気に入りの場所(1)

ベッドと本棚の隙間

お気に入りの場所(2)

なんだか落ち着くの


そ、そうですか・・・

ルーアのトリビア検証

2006 - 05/24 [Wed] - 13:18

以前、トリビアの泉という番組で「犬は水を飲むときに舌を手前に曲げて水をすくって飲む」というトリビアが紹介されていた。

これを見た時にはへーへーと思ったのであるが、実際にルーアで検証してみると本当にその通りだった。

( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー

( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー

ルーアくん、フリーでお留守番できるかな?

2006 - 05/23 [Tue] - 12:41

でっきるかな?でっきるかな?はてさて、ふふー。

というわけで、ルーアくんフリーでお留守番に挑戦である。

5/17の日記に書いたとおり、ルーア君が足にケガをしてしまってから初めての長時間留守番である。いつもはバリケンでお留守番させているのであるが、足のケガをなめさせないためにエリザベスカラーをつける必要があり、バリケンに入れた状態でエリザベスカラーを装着するのはつらかろうということで、フリーでのお留守番ということにした。

というわけで、ルーア君いい子にしてろよ(^o^)丿
相変わらず、鳴いて我々を見送るルーア君に一抹の不安を感じつつ家を後にするよすふくとルアママであった。

・・・で、帰宅。

ルーア君はいい子でお留守番してたかなー、と部屋の扉を開けた瞬間飛び込んできたのが以下の光景である。

フリーで留守番(1)

なにやらビニールが散乱しており、エリザベスカラーがはずされている

フリーで留守番(2)

ソファの背もたれが倒されて、ティッシュが撒き散らされている

フリーで留守番(3)

タイルカーペットが引き剥がされている

フリーで留守番(4)

タイルカーペットがガジガジされている

それ以外にも、壁紙がツメで引っ掻かれていたりした。
そして、部屋を荒らした張本人はプラスチックの水入れをガジガジするのに夢中であった。

フリーで留守番(5)

こ、この、しょ、食感が・・・、た、たまらない、です・・・

ルーア君、お疲れ様。
ひとりでお留守番えらかったねー。
まあ、正直なところ、思っていたよりは被害が少なかったよ・・・。
次はもう少しおとなしくお留守番できるといいね。

愛犬フィギュアいかがっすか?

2006 - 05/22 [Mon] - 00:14

ルーアくんの誕生日プレゼントを探そうとネットの海を徘徊していたら、こんなものを見つけた。

愛犬メモリアルフィギュア godog制作

愛犬の写真もしくはビデオを送ると、職人さんが愛犬のフィギュアを心を込めて手作りしてくれるというものである。
実際に制作例の写真がサイトにあがっていたので見てみたのであるが(ゴールデンのようだ)、うーん、確かによくできているがちょっち微妙・・・・。
とはいえ、海外などでは愛犬の肖像画を書いてもらうというのは割と一般的に行われているようなので、そのフィギュア版というのは日本人らしくていいかもしれない。
制作対応犬種がレトリーバーに限るというのも何となくフラット飼いの心をくすぐる。

記念にいっこぐらい作ってもいいかもと思い、値段を見てみると、一体200,000万円(税込み)と書いてあった。

に・・・にじゅうまんえんんんーーーーっ!(@_@)

ゼ、ゼロいっこ多くないですか?
買えねえ、とてもじゃないが買えねええええーーー。

だ、誰かお金に余裕がある人買ってみてください・・・・。

とうとう買っちまった・・・・

2006 - 05/21 [Sun] - 20:46

ルーアの服である。

基本的にワンコに服は着せない主義だったのであるが、黒いコートが熱を吸収して暑かろうと思い、白っぽい服をグランベリーモールのペットパラダイスにて購入。

似合う~?

似合う~?
似合うよ、ルーアくん。ランニングシャツ一枚で裸の大将みたいだよ^_^
??

「I'M THE KING」と書いてある。
「I'M THE QUEEN」のがよかったな・・・(なかったが)。

ちなみに、左手のバンダナは包帯隠しである。

キミいつ撮影会参加!

2006 - 05/20 [Sat] - 20:28

RETRIEVER誌にて連載されている「キミといつまでも・・・」の撮影会に参加するために相模原公園に行ってきた。

12時、相模原公園到着。

キミいつ(1)

さて、どこだべか・・・

予定の時間より1時間ほど余裕を持って到着したので、待ち合わせ場所である芝生広場に向かう途中で昼ご飯にする。
よくよく見ると周りには撮影のために来たと思しき人とワンコの組み合わせがソコココに見受けられる。せっかくなので、フラットを連れている人を狙って挨拶をしてみた。

最初に出会ったのが、フウコちゃん。

キミいつ(2)

コートが立派なフウコちゃん

女の子なのにとても立派で艶々なコートを持つフウコちゃん。
飼い主さんの話では、ルーアと同じぐらいの頃はルーアよりもコートが短かくって、2~3歳ぐらいになってようやくコートが立派になってきたとのこと。
この話を聞いて、ルーアのコートが短かったのを心配していたよすふくは少し気が楽になった(^o^)丿

次に出会ったのが、マナちゃん。

キミいつ(3)

手作りのネームプレートがかわいいマナちゃん

目がくりくりっとしたとてもかわいらしいマナちゃん。
飼い主さんは静岡県から高速で朝早くやってきたとのこと。
う~ん、すごいな・・・。

最後にアーサーくん。

写真を撮り損ねてしまった(>_<)
王の名を持つアーサーくんはその名が示す通りとても大きくて立派なフラットであった。
太っているのではなく、フラット特有の筋肉質な体型であるがルーアよりも二周りぐらい大きかったし、コートもふさふさで立派であった。
こちらの飼い主さんは他にも2頭のラブと一緒に参加されていて、とても賑やかで楽しそうであった。
多頭飼い、いいな・・・・。

そうこうしているうちに、撮影場所に到着。

キミいつ(4)

撮影待ちのワンコ達

撮影は受付の先着順に行われた。
アンケートに記入し、撮影の順番を待つこと1時間(その間に少し辺りを散策した)。
ようやく順番が回ってきた。

カメラマンさんの指示通り、よすふく達ふたりはベンチに腰掛けてルーアは真ん中でおすわりをさせるのであるが、ルーアがまったくカメラマンさんのほうへ向かず、どうしてもこちらへ向いておすわりをしてしまう。
「ルーアちゃん、お父さんとお母さんが好きなんですねえ~」
とカメラマンさんは言ってくれたが、よすふくはあせってしまってそれどころではない。
結局、カメラマンさんの提案でベンチに腰掛けずにルーアをふたりで抱え込む形で写真を撮ることになり、カミサンとふたりで炎天下、汗だくになりながらルーアを抱きかかえてようやく撮影が終了した。

づがれだ・・・・(o_ _)o


帰り道。
疲れた体を引きずりながら、妙に納得した気持ちで歩くよすふく。
そうか、そうか、「キミいつ」でたまに見かけるワンコを抱いて撮っている写真はワンコを押さえるためにしているポーズなのか・・・・。

そして、疲れ果てたルーアくんはいつも通り帰りの車の中で熟睡。

キミいつ(5)

ルーアくん、は、鼻が曲がってますよ・・・

ええっ!?

2006 - 05/19 [Fri] - 19:05

め、めがねー┏◎-◎┓!?

め、めがねー┏◎-◎┓!?





メガーヌですた・・・・(>_<)

とりあえず、あやまっとくか(>_<)

2006 - 05/18 [Thu] - 23:48

このたびは、よすふくの不手際によりルーアさんの大切なお体に傷を負わせてしまい、大変申し訳なかったと思っております。
今後二度とこのようなことが無いように、日々精進して参りますので、これからも変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します。
なお、謝罪の意味を込めまして、エリザベスカラーを装着してお詫びさせていただきます。

謝罪(1)

申し訳ありませんでした。


謝罪(2)

ルアさん、話聞いてます?
んあ?

ルーアくん負傷あうううう・・・・

2006 - 05/17 [Wed] - 18:31

今朝の散歩の途中で、いつものように甲斐犬のなっちゃんと出会った。
すぐさま、遊ぼうとするルーアであったが、出会った場所がいつも遊ばせている公園から少し離れていたので、近くにある少し小さな公園で遊ばせる事にしたのであるが、これが良くなかった。

ダッと駆け出すルーアとなっちゃん。
と、ある草むらに入った瞬間、ルーアの姿がフッと消えてしまった。
不審に思い、慌てて駆け寄ると、そこには草に隠れるように溝が掘られており、どうやらルーアは溝にはまり込んだようであった。
ルーアの様子を確認するが、足を引きずることも、鳴いたりすることもなく、特に変わったところは無い様子。
ほっと安心して、その後は通常どおり散歩を続けた。

家に帰り、ルーアの足をタオルで拭いていると、左前足の皮膚が裂けて身が剥き出しになっているのを発見した。

負傷(1)

((( ̄□ ̄;)))ぐああああ・・・

うああああああ、痛いよ、痛いよ。
ルーアは意外と平然としているが(ワンコは痛さに強い)、見ているこっちが痛々しい(>_<)

慌てて病院へ連れて行き診てもらうが、骨には特に異常はなさそうなのでまずはひと安心。しかし、傷口は縫う必要があるとのこと(縫わないでおくとそこだけ毛が生えなくなっちゃう)なのでお願いすることに・・・。

処置室に連れて行かれるルーア。
待合室で待つよすふく。
すると処置室のほうから、キュイーン、キュイーンと哀しげな声が聞こえてくる。

うああああ、ルーアが鳴いている(T_T)

ごめんよ、ルーア。俺がもう少し注意してれば、こんな痛い思いしなくても済んだのに・・・・、と本気で反省するよすふく。
そして、なんだかわからないけど近くにあった聴導犬の募金箱にポケットの小銭を全部(といってもたいした金額じゃない)いれるという訳のわからない行動をとるよすふく(動揺しているようだ・・・)。

しばらくたって、「よすふくさん、縫った箇所を見にきてください」と声がかかった。
看護婦さんに押さえつけられて鳴いているルーアを想像しつつ部屋に入ったのであるが、見た感じルーアは大人しくしていた。
傷口を確認し(うわ~、縫われてる、痛々しい・・・・)、ルーアを押さえている看護婦さんに「暴れませんでした?」と聞いてみたところ、大人しかったですよと返されてしまった。
「あ、でも鳴いてましたよね」と言うと、「ああ、それは隣の部屋のワンちゃんですね」と言われた。

・・・なんだ、ルーアじゃなかったのか・・・。

その後、足に包帯を巻いたりする間、しばらく待合室で待っていたのであるが、看護婦さんに連れてこられたルーアが「こわかったよ~、ぱぱ~」みたいな感じで飛びついてくるのがとても健気でかわいかった。

負傷(2)

包帯が痛々しい・・・(T_T)

家に帰り、包帯が気になって仕方のない様子のルーアにエリザベスカラーを装着。

負傷(3)

なんか、ちょっとかわいいゾ(^o^)丿

これで患部をなめることができないぞと安心したのもつかの間、包帯以上にエリザベスカラーが気になるルーアは前足でエリザベスカラーを外そうと必死に試みる。
引っかかりが無いので、ツルツル滑って取り外すことができないが、エリザベスカラーがかなりストレスになるようでリラックスできない感じのルーアくん。
また、いきなり自分の横幅が倍以上に広がったことを認識できず、歩くたんびにエリザベスカラーをゴツンゴツンぶつけてしまい危ないことこの上なしである(特に階段とか)。

負傷(4)

不愉快です・・・・

結局、エリザベスカラーははずしてしまい(高かったのに・・・)、ルーアが患部をなめないように常に監視するために今日は会社を休んでしまったよすふくであった・・・・(あううう、仕事やばい・・・)。
まあでも、ルーアもリラックスして眠れているようなのでいいか・・・。

負傷(5)

すやすや( ̄¬ ̄)ZZZzzz・・・

ルーアの好敵手

2006 - 05/17 [Wed] - 00:18

「好敵手」と書いて「ライバル」と読む。

そして、

「強敵」と書いて「とも」と読む。


散歩をはじめて5ヶ月。
そろそろ、ルーアくんにも遊び相手ができてきた。
会うと必ずガウガウ遊びをしてくれるお友達が何人かいる。その中でも、よすふくが勝手にルーアの好敵手だと思っているのは以下の4頭である。

●ラブラドール・レトリーバーのガイナちゃん
はじめてルーアの遊び相手になってくれたのが、このガイナちゃん。
ガイナという名前の由来は当然ウルトラマンガイナから・・・・ではなくて、香川県の方言で「がいな」⇒「気が強い」からきているらしい。
飼い主さんは当然香川出身で、ちなみにうちのルアママも香川出身である。
そんなルアママはルーアのことを「おとっちゃま」⇒「臆病者」と言っている。

がいな VS おとっちゃま(9秒)



●柴犬のビオラちゃん
体格差などものともせずにルーアと遊んでくれるビオラちゃん。
小さいけど無尽蔵のパワーとすばしっこさでルーアをかき回す姿はさすが柴犬と思わせる。
でも、最近はさすがに体格差がきつくなってきたのか、前ほどは遊ばなくなってきたのが少し寂しい。

ライバル(1)

仲良く日陰でまったり

●スタンダード・プードルのレイちゃん
立居振舞いが優雅なスタンダード・プードルのレイちゃん。
しかしその優美な外見とはうらはらにおそろしいほどのパワーを秘めている。
持久力、走るスピードなどいずれもルーアが太刀打ちできないでいるこの事実。
好敵手というにはまだまだルーアは力不足である。

レイちゃんとガウガウ(16秒)



●甲斐犬のなっちゃん
実は「清少納言」という立派な名前をもつなっちゃん。
年齢が近いためか最も気が合う遊び相手のようである。
また、実力も伯仲しており甲乙つけ難い。
飼い主さんとの散歩の時間帯があうのか最もよく遊んでもらっている。

ライバル(2)

日本犬は凛々しいなあ

犬本紹介その13-「もずく、ウォーキング!」

2006 - 05/16 [Tue] - 00:47

ヤングチャンピオン誌上にて連載中のこの漫画は哲学する犬もずくと飼い主であるサチやまわりの犬猫たちが織り成すほのぼのコメディ漫画である。

室内犬の生活はまるでニートだ。
と言い放つもずくの独特の人間観が面白い。常に理詰めで考えるもずくは要領が悪く、まわりの被害を一身に背負っている感じがあるがソコがなんとも言えず笑いを誘う。

まわりの登場人物も個性的である。
もずくといつも一緒にいる不思議少女サチ、常識人かと思いきや実は一番変わってるかも知れない母さん、犬が苦手で夜中にひとりでこっそり書を書く趣味を持つお父さんなど。
中でも、もずくに助けられたネコはいい味出している。

もずく「オマエ、メスなのか・・・・」
ネコ 「キュートなネコ耳娘にゃ」
もずく「ネコ耳っつーか、ネコそのものだろ!」


うーん、2巻も楽しみである。

ぐすん・・・

面白いの?これ

食事時・・・・

2006 - 05/15 [Mon] - 12:50

ぐすん・・・

あたちはここん家の本当の子供じゃないんだ。
きっと、あたちにはもっと優しい本当のオトーサンと本当のオカーサンがどこかにいるんだ・・・。


とでも考えているのだろうか。
まあ、本当のオカーサンはブリーダーさんちにいるから、あながち間違ってはいないけど・・・・。

毎回毎回、(人間の)食事時にすねるなよ、ルーアくん^_^;

しつけ教室初参戦

2006 - 05/14 [Sun] - 21:53

全12回あるしつけ教室の第一回目である。

某大学キャンパス内にあるウッドデッキになっている広い場所に十数頭のワンコが集まりしつけ教室が開始された。

しつけ教室(1)

心なしか緊張気味のルーアくん

しつけ教室の最初に、参加者全員が自己紹介を行うことになったのであるが、よすふくはいきなり一番目に指名されたので、パニクッてしまい、訳のわからない自己紹介をしてしまった・・・_| ̄|○

集まった犬種はラブラドール、ビーグル、スタンダード・プードル、トイ・プードル、柴犬、ダックス、ちわわ、コーギーなど様々で、中でもよすふく的に最も注目したのがラブラドードル(ラブとプードルのMIX)で、一見するとプードルなのだがよくよく見ると顔がラブっぽくてなかなか興味深かった。

しつけ教室は約1時間。
今回はワンコ同士の挨拶のさせ方やワンコの興味を引く方法などを教わった。
授業の進め方は、始めに先生がデモンストレーションを行い、後で実際に参加者同士でやってみるという感じである。

しつけ教室(2)

ワンコ同士の挨拶のさせ方実演

ルーアもワンコと挨拶に挑戦するが、ワンコ目掛けて突進するのでなかなか見本通りにはいかない(T_T)

しつけ教室(3)

ルーアくん挨拶中

次におもちゃやおやつを使って、ワンコの気を引く方法にチャレンジ。

しつけ教室(4)

ルアママ、おもちゃでルーアの気を引こうとするが・・・

しつけ教室(5)

ルーアにおもちゃを取られて追いかけっこに^_^;

参加人数が多く、色々な種類のワンコに触れ合えるのはとても楽しかった。また、大学の研究機関が主催しているためか、スタッフ(学生さん?)の数がかなり多く、全体的に目が行き届いていて疑問点などがあればすぐに聞けてなかなかよかった。

最後に、研究協力ということで、しつけ教室後に1回目にするおしっこの採取を依頼された。当然、希望者のみ対象であるが、何かの役に立てばと思い協力することにしたが、これがなかなか大変であった。
ちょっとルーアから目を離した隙に、ルーアはおしっこをしていたが、何とか最後の数滴を採取することができてひと安心であった。(^^ゞヤレヤレ・・・

ゴールデンレトリーバーのパピーズとネコ

2006 - 05/13 [Sat] - 23:59

もう既にどこかでご覧になった方は多いと思いますが、パピーのかわいさにメロメロなのでご紹介(1'09")



ロングバージョン(5'30" Google Video)
http://video.google.com/videoplay?docid=1231578461915810236

クリークさんとこのパピーズはマイキーと上手くやっていたようですが
最初はこんなんだったのかしら?

カポ日記その1

2006 - 05/13 [Sat] - 23:59

注意:ワンコのことは一切かかれていないので、興味の無い人は飛ばしてください。

趣味でやっているカポエイラ(以下カポ)で今日はうれしいことがあった。
練習の最後は毎回ゲームを行って締めくくるのであるが、先生とジョゴしているときに先生の蹴りに合わせてハシテーラが会心のタイミングで決まった(^o^)丿
まあ、とはいえ技が完璧に決まったかといえばそうではなく、あくまでもタイミングが良かっただけで技自体はかかっていなかった。
練習の最後の挨拶のときには先生にブラジルの言葉で褒められたような気がするが、いかんせん言葉の意味がわからなかった(^^ゞ

カポをはじめて丸3年。
近頃、年齢的に無理がきかなくなってきて、モチベーションも下がり気味であったが、こういうことがあるからやめられないんだよな~。

今日のこの出来事を胸に、まだまだがんばって精進していこうと思う。

カポ帯

カポ帯。まだ下から2番目である。

ルーアの世界

2006 - 05/12 [Fri] - 01:09

ルーアにとって、世界は3つの要素から成り立っている。

ひとつは、食べ物に関係あるもの。

もうひとつは、食べ物に関係ないもの。

最後のひとつは、食べ物そのものである。


アゴのせルーア

で、ルーアくんにとって「ワンピース」は食べ物なのか?なのか?

吠えらりた・・・(´・ω・`)ショボーン

2006 - 05/11 [Thu] - 00:00

朝、気持ちよく散歩していたら、いきなり犬が吠えてきた。

ルーアはパニクって逃げ出そうとするし、いきなりリードを引っ張られてウンコ袋を落としそうになるし、なんだかなあ・・・。

吠えられルーア(21秒)



動画の最後にウンコ袋がアップで映る(; ̄∀ ̄;)

車中のルーアくん

2006 - 05/10 [Wed] - 00:00

車で出かけるときは、ルーアは後部座席にフリーの状態でいる。

よすふくが運転席で、カミサンが助手席にいるとき、ルーアは後部座席を独り占めしてさぞ快適かと思いきや、意外に寂しいらしく顔だけ出して、アゴを中央の物入れに乗っけて眠るのである。

アゴのせルーア

寂しいの・・・

なんつーか、かわいいことはかわいいのだが、そこ肘掛けの役割もするからちょっと邪魔だったりする・・・^_^;

犬本紹介その12-盲導犬・聴導犬関連

2006 - 05/09 [Tue] - 12:30

■「ベルナのしっぽ」 郡司ななえ著

犬嫌いであった著者は、子育てのため、盲導犬とパートナーを組むことを決意する。
そのパートナーの名はベルナ。
ラブラドールのメス、一歳六ヶ月であった。
これは、著者である郡司ななえさんが盲導犬ベルナと出会い、共に暮らし、そして最期の別れまでを綴った物語である。
とても静かで暖かい物語である。
著者とベルナの出会いのシーンではドキドキし、ベルナが心無い人にタバコの火を押し付けられるシーンでは怒りを感じ、ベルナが著者の息子さんに嫉妬するシーンではクスリと笑う。まるで目の前にそんな光景が広がっているかのように、こんな反応が自然に出てしまうのである。
ベルナが最期を迎えるシーンを会社帰りの電車内で読んでいたのであるが、こみ上げてくる涙を我慢するのに相当苦労した。
文字が大きく、全ての漢字にふりがながふってあるので全ての年代の人に読んで貰いたい。

■「ちびっこオルガは盲導犬」 三浦英子著

著者が、ちいさな黒いラブラドール・レトリーバーの盲導犬オルガと出会い、以後「娘」として接する日常の様子がぎっしりと詰め込まれた、現役ユーザーによる盲導犬エッセイ集。
著者のオルガに対する目線はまさに娘に対するそれであり、日常に起こる出来事が愛情いっぱいに綴られており、微笑ましく読むことができる。
上で紹介した「ベルナのシッポ」との最大の違いは、オルガはいまだに元気で生きていること。
最期のシーンを読むのが辛い自分にとっては安心して読める一冊である。

■「聴導犬・美音と過ごす幸せな日々」 松本江理著

23歳で聴力を失い、失意の中、偶然「聴導犬」という存在を知る著者。そして出会ったパートナー美音との二人五脚の物語が始まった。
物語の前半部分は、中学生で難聴になり23歳で完全に聴力を失うまでが描かれている。聴導犬・美音はまだ登場しない。
普段何気なく聞いている音。
それらがまったく聞こえなくなることが、どれほど辛いことなのか、不便なことなのかということをこの本を読んで改めて感じた。
物語の中盤で聴導犬「美音」と出会う。
この本を読んではじめて知って驚いたことに「聴導犬になる犬は決められていない」ということがある。盲導犬であれば大抵ラブラドールと決められていたりするのであるが、聴導犬の場合は適性さえあれば、極端な話、今自分が飼っている犬でも聴導犬になれるということである。
一般的にあまりなじみのない聴導犬について知りたい人にはおすすめである。

アゴのせルーア

どれもおすすめ!

ドライブスルー本屋

2006 - 05/08 [Mon] - 12:28

いらっしゃいませ~。ご注文をどうぞ(^―^)

マ○ジンとサ○デーですね。ご一緒にジ○ンプはいかがでしょうか?

ありがとうございます~(^o^)

注:イメージです。

本屋(1)

マガジンドライブスルー

黄金週間最終日特別企画

2006 - 05/07 [Sun] - 01:24

黄金週間中に撮った写真の中から面白写真を大公開!

◆貫禄部門第一位




◆なぐさめ部門第一位




◆でっかい夢部門第一位




◆ハグ部門第一位




◆変顔部門第一位(同率でふたつあり)






おあとがよろしいようで・・・・

新しいおもちゃが来た。

2006 - 05/06 [Sat] - 10:10

ペットグッズを扱っているFLAVOR.というショップでWOODY BONEを購入。

おもちゃ(1)

WOODY BONE

まあ、いわゆる骨型おもちゃな訳だが、木でできており重量感があっていい感じである。
材質はささくれになりにくいカリン材でワンコにあたえても安心とのこと。

おもちゃ(2)

アフアフアフ・・・
変顔ルーア^_^;

難点を言えば、木でそれなりに重量感があるので、フローリングの上だとゴツンゴツン派手な音がしてしまうところである。

川遊び

2006 - 05/05 [Fri] - 20:48

昨日、あんだけ「黄金週間甘く見てたッス」とか書いときながら、何の反省もなく、今日も朝起きてからその場の雰囲気で行き先を決めた。

「ルーア、川で泳がせたいね」

「そうやな~、どこ行く?」

「丹沢とかは?一応、神奈川やから近いんちゃう?」

「まじで?んじゃあ、そうしよか~」

こんな感じである。

案の定というか、自業自得というか、そんなお気楽極楽夫婦を神様が許してくれるはずもなく、行きの高速が大渋滞で、町田に行くだけでもかなり時間がかかってしまった。
しかし、昨日の「海の公園」での渋滞で教訓を得ていた我々は、あっさり高速をあきらめR246で向かうことにした。すると、ほとんど渋滞することなく昼前には目的地である秦野戸川公園へ到着することができた。

丹沢(1)

つきました~

丹沢(2)

秦野戸川公園ガイドマップ

秦野戸川公園は目的別にいくつかのエリアに分けられているが、本日の目的は川遊びである。
早速、橋を渡って川辺へと下りていくことにする。

丹沢(3)

橋から川辺を見下ろしたところ

川辺に着き、さてルーアをどこら辺で遊ばせるかなあと辺りを見回しているとなにやら看板が立っていた。

「ペットは水の中に入れてはいけない」

まじですかー(lll゚□゚)ガーン

やはり、神様は甘くなかった。

川で楽しそうに遊ぶ子供達を横目で見つつ、仕方なく辺りを散策するよすふく一行。
と、離れた一角に人がいない場所を見つけたので、ルーアのリードをロングリードに切り替えて少しだけ水遊びすることにした。

丹沢(4)

いいの?いいの?本当に入っていいの?

丹沢(5)

ままと記念撮影。へへへ(=^∇^=)

ふと見るとこんな看板が・・・。

丹沢(6)


まむしーΣ(゚□゚;)"


ま、ま、まむしですかー。
だ、だから人がいなかったのか?!
ルーアが噛まれでもしたら一大事なので、慌ててその場を後にした。

水に入れないんじゃあ、もうここにいてもしょうがないかー、とそろそろ帰ろうかと思ったのであるが、ルーアくんが動かなくなってしまった。

丹沢(7)

待て、ではないです。

ルーアくーん、帰るよ~。

いやだ、もっと遊ぶ~

だって、お水ん中はいれないよ?

遊ぶったら遊ぶんだーーージタバタ o(><)O O(><)o ジタバタ

だーかーらー、無理なんだってー

このカイショナシ・・・(ぼそ)

あ、( ̄_ ̄#)ムカ!

あーそう。そういうこと言うわけだ。

そんな聞き分けの無い子には・・・、お仕置きだ!!


ルーアのお仕置き(17秒)


え~ん、ごめんよう(≧△≦)

わかればよろしい

うーん、とはいえ確かにこのままでは消化不良である。

よーし、もう少し車で探してみるか!


ほんと?わーい\(^▽^)/

という訳で、近くにある表丹沢県民の森へ行くことにした。

車でうっそうとした森を走ること数分。

丹沢(8)

対向車が来ませんように・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル

表丹沢県民の森の駐車場に到着。
ここから、黒龍ノ滝のある河原へ下りることができる。

丹沢(9)

案内図

ひたすら下への階段を下る。

丹沢(10)

下へ下へ

そして、河原到着。

丹沢(11)

なんかいい感じである

期待通り辺りに人影はほとんどないのでルーアのリードを外し、自由に行動させてみた。

ルーアの水遊び(17秒)


丹沢(12)

いきなり深くなっていた^_^"

丹沢(13)

黒龍ノ滝

丹沢(14)

くんくん、なんだ、これ?

ま、そんな訳で結果的にはなかなか満足できたお出かけであった。
丹沢はまだまだ良さげな場所がいっぱいありそうなので、これから夏に向けてちょこちょこ散策してみようかと思う。
いや~、楽しかった^_^

黄金週間おそるべし!

2006 - 05/04 [Thu] - 23:52

自分、黄金週間甘くみてたっス。
まさか、こんなに渋滞するとは思ってなかったっス。

海の公園(1)

わかりにくいが、渋滞中。

海の公園(2)

どっかの誰かは事故ってるし・・・。

かねてより、ルーアを海に連れて行きたいっ!と思っていたので、せっかくの連休ということもあり、横浜の海の公園へ行くか~と軽い気持ちで出かけたらこの有様である。

本来なら2時間もあれば着くところを4時間かかってまだ着かず。
海の公園手前の3kmがひたすら大渋滞で一体何十回同じ信号を待ったことか・・・。

結局、カミサンとルーアには車を降りて先に歩いて行ってもらい、よすふくは少し(かなり)離れた駐車場に車を止めて、後から合流することに・・・。

海の公園(3)

海の公園・・・やっと着いた・・・

海の公園(4)

自由広場。でも、ワンコは入っちゃダメなんだって・・・

海の公園(5)

浜辺。人がいっぱいいるよう・・・

そんなこんなで、よすふく合流。
いよいよ、浜辺へ向かった。

海の公園(6)

はやく、はやく

さて、当ブログを以前から読んでいただいている人は覚えているかもしれないが、ルーアは以前プールで(フラットのクセに)溺れた経験から水に対してトラウマを持っていた(2/24の日記参照)。
今回の海旅行はそのトラウマ克服をかねているのである。

さて、ルーアくんは見事トラウマを克服することができるのか!


・・・・できますた( ̄ロ ̄ )


なんのためらいもなく海に飛び込むルーアくん。
一体、プールでの失態は何だったのか。
浅かったので泳ぐことこそ無かったが、水の中でしっかりはしゃぎまくっていた。

海の公園(7)

ふむふむ、これがウミですか・・・

海の公園(8)

なんかしょっぱいですよ、このミズ!

海の公園(9)

いやっほ~いい

海の公園(10)

こっちのミズは甘いですかーーー

はしゃぐルーアに引きずられて、よすふくはこけないようについていくのがやっとであった(>_<)

ルーアくん、ご機嫌で浜辺に上がってきたところ(6秒)



海の公園(11)

楽しかったですー
俺は疲れたよ・・・

さて、海の公園にはドッグランもあるが、何故だかワンコが一頭もいなかったので早々に撤収。

海の公園(12)

寂しいです・・・

しかし、通りすがりのワンコにはしっかり挨拶をするルーアくんであった。

海の公園(13)

コンニチハ!

海の公園(14)

コンニチハ!

海の公園(15)

もうワンコいないですか~

そんなこんなで、帰宅の時間である。

ルーアくん、楽しかった?

海の公園(16)

楽しかったですー
それは、よかった^_^

海の公園(17)

んじゃ帰ろうか、ルーアくん

帰りの車の中では、口の上におやつをのせられても熟睡しているルーアくんだった・・・^_^;

海の公園(17)

ぐうぐう・・・

 | HOME |  »

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

04 ≪│2006/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。