直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2006年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーアの名付け-その1

2006 - 03/31 [Fri] - 18:52

散歩中などに、初めて出会った人にルーアの名前を尋ねられることがある。

「ルーアです」

と答えるとほとんどの人は途惑った感じで、

「ルー・・・ア・・・ちゃん?ルーアちゃん・・・。ルーアちゃん」

と何度か反芻して確認している。

中には、

「ルアーちゃん?」

と聞き返してくる人がいるので、

ルーーーア、ですっ」

と「ル」と「ア」の間を長く引っ張って答えることにしている(失礼なヤツ)。念のため言っておくが、つりの趣味はない。

ルーア(lua)はポルトガル語で「月」という意味である。

何故「月」なのか。

別に「月」自体にたいした思い入れがあるわけではなく、趣味として3年ほど続けているカポエイラの代表的な蹴り技の名前である「メイア ルーア ジ コンパッソ」からとってつけたのである。
将来的にはワンコを3頭飼って、他の2頭に「メイア」と「コンパッソ」と名付ける野望も持っているが、これはカミサンには内緒である。

なんで最初の犬に「メイア」ってつけないの、と突っ込まれるかもしれないが、カミサンに「犬の名前メイアはどうかな」と尋ねたところ、「メイヤー?市長さん?」と聞き返されてしまったからである(どうせ発音悪いですよ)(´・ω・`)ショボーン

てなわけで、めでたく「ルーア」と名付けられたうちのワンコであるが、他にも候補がなかったわけではない。

スポンサーサイト

心霊写真!?

2006 - 03/30 [Thu] - 22:49

昨日の日記の2枚目の写真をご覧頂いて何か気づかなかったであろうか。

顔が写りこんでいるのである・・・。

レンズの反射やごみが付着したのではなく、はっきりと顔の形が確認できる。
もう一度見ていただきたい。
これが例の写真である。

ぐすかぴー
ルーアのかわいい寝相写真にこんな恐ろしいものが写るなんて・・・

確認できたであろうか、はっきりと写っていることを・・・。

もし、確認できなかった人は以下のリンク先に飛んでほしい。

続きを読む »

三つ子の魂百まで

2006 - 03/29 [Wed] - 23:10

寝かた変わらんね~、おまいは・・・・。

首があああ
ルーア生後2ヶ月


ぐすかぴー
現在生後8ヶ月

犬本紹介その6-「愛犬と幸せになる四柱推命」

2006 - 03/28 [Tue] - 23:04

自分の性格などを占うと「えっ、誰のことを言ってるの?」という気にさせられることが多々ある。この本についても同様で、俺ってこんな飼い主なの?と思ってしまう。そもそも、犬などはほぼ同時期に数頭まとめて生まれるものなので、生年月日から性格などを占う四柱推命だと兄弟犬はすべからく同じ性格になってしまうというおかしな結果になるのではないかと思う。

まあ、そんな風に占いには懐疑的な俺だが、だったら何故この本を買ったのかというと、うちのワンコとの相性が嘘でもいいから最高だという判定を見たかったからである。

事の発端は3/9の日記で紹介した「相性のいい犬、わるい犬―失敗しない犬選びのコツ」という本で、この本でも飼い主と犬をいくつかの性格パターンに分類し、それぞれ相性の良さが判定できるようになっている。
で、俺はフラット・コーテッド・レトリーバーが分類された「友好的な犬」グループには全くポイントがつかなかった。
そのためのリベンジとしてこの本を購入した。

いや、最初は立ち読みで済ませるつもりだったのだが、命式の出し方が面倒だわ、わかりにくいだわで、結局購入することになってしまった・・・・。

でまあ、肝心の相性であるが「水と油」だそうである。



(/#-_-)/~┻┻〃ヤッテラレッカ


ふむふむ・・・・
当たってるかも・・・・

留守番の悩み再び

2006 - 03/27 [Mon] - 18:57

やばい、やばい、やばい。
ルーアが本格的に留守番が出来なくなってきた。
出かける前にルーアをバリケンに入れると、鳴く、鳴く、すごい鳴く。
クーンクーン、ヒーンヒーンは当たり前で、ウォンウォン鳴き出したかと思うと最近は「おおおおおおおおーーん」と人間の雄叫びのような感じで鳴くようになり、一瞬スーパーサイヤ人になりかけているのかとバリケンの中を覗き込んだほどである。ところで、フラットがスーパーサイヤ人になったらそれってゴールデン・レトリーバーなの・・・?(あ、でも、毛の逆立ちが・・・)

鳴いているばかりでなく、最近はバリケンから出ようとガリガリと金網を引っ掻くようにもなってきた。
こんな状況の中をしばらく無視して過ごしてから外出するのは人間にとっても辛いし、いわんやワンコにとってのストレスは計り知れないものがある。

帰ってきたときは、早く出して~、と比較的静かにヒンヒン鳴いている程度であるが、バリケンの中は新聞紙がバラバラに噛み裂かれていてまるでハムスター小屋のようになっており、留守番中の惨状を物語っていた。

抜本的な解決が必要である。

まずは、原因の特定。
留守番開始当初は、出かけるときにヒンヒン鳴くことはあっても、ここまでひどくはなかったので、ある時点で原因となる出来事があったはずである。

考えられる原因は以下の2点である。

①長期休暇がきっかけ。
2月に2週間の長期休暇をとったのであるが、その間ルーアとべったり過ごしてしまい、留守番が出来なくなってしまった。

②寝る場所を2階に変更した。
当初、我々夫婦は2階で、ルーアは1階のバリケンで寝ていたのであるが、ルーアの行動範囲を2階にまで広げた際、寝床を2階の寝室に移動してしまった。
そのため、バリケン=ハウスという図式が成り立たなくなってしまった。

さて、原因が特定できたのであれば、解決に向けての方法を考えるのであるが、これをすれば必ず直るという方法は今のところ思いつかない。

まず、できることといえば、バリケンが安心して休んでいられるハウスだということを再認識させることである。
考えてみれば、2階に寝床を移動してから、ルーアはバリケンに入らなくなったような気がする。また、そこらに置いている俺のスリッパやカミサンのジャージを2階の寝床に持ってきて、せっせと巣作りに励んでいることから、ルーアは完全に2階の寝床をハウスだと思ってしまっているのであろう。
今更ルーアを、当初のように、1階のバリケンで寝かせようとは思わない。いや、本当はそうするのが一番良いのかもしれないが、おそらくルーアは納得しないであろうし、我々もなんか嫌である。
であれば、出来るだけバリケンの中でおやつや食事などを与えて、なるべく好印象を与えてやることが今出来る最善の手段だと考えられる。
それ以外では、しつけ本で書かれている留守番の基本事項を守るくらいしか今のところ手はない状況である。


・・・が、さらに、考えている方法がひとつある。
バリケンを寝室に持ち込み、寝る時はバリケンの中で寝かせるという方法である。
この方法には以下のようなメリットがある。
・今までどおり寝る時は同じ部屋なのでルーアには安心である。
・バリケンに入って寝るので、バリケン=ハウスという図式が成り立ちやすい。
・バリケンを手の届く範囲に置いておくので、早朝扉を開けてあげるだけで飼い主は睡眠を継続できる(これ重要)。
デメリットとしては、
・ハウスを寝室に入れるので臭くなるかも・・・。
・粗相をしたときにルーアを洗うための風呂場が遠い。
・夜寝る時にルーアが鳴くと眠れなくなるかもしれない。
など、結構諸刃の剣である。

いずれにしても、この方法は準備に時間がかかるし、カミサンの合意なくしては出来ないのでしばらくの間は様子見である。

机の下のルーアくん

2006 - 03/26 [Sun] - 23:12

3/5の日記でも書いたように、ルーアを2階のパソコン部屋に入れたところ、俺がパソコンをしている間、机の下で寝ることが多くなった。
とってもいじらしくもあり、パソコンばかりしていてすまないという気持ちもあるので、少しでも横になりやすいように1階の居間に敷いているのと同じタイルカーペットを部分的に敷いて環境の改善を図ってみた。

机の下のルーアくん
机の下のルーアくん(耳めくれ)

やれやれ、これでルーアも少しは居心地が良くなるだろうと、安心していたのであるが、しばらく日にちが経ってから何気に椅子の下を覗いてみると、下の写真のような光景が目に飛び込んできた。

傷
椅子の調整レバーが噛まれてボロボロに・・・

よくよく見ると、車輪など所々に噛み跡が残っていた(T_T)

そういえば、確かにルーアが下にいるときになにやら不審な音が聞こえていたのであるが、あまり深く考えずにスルーしてしまっていた。

あの・・・、ルーアくん。この椅子、一応アーロンチェアと言って、すごく高いのでやめてもらえないですかね・・・・m(__)m

ルーアの散歩道

2006 - 03/25 [Sat] - 23:13

ルーアと散歩をはじめて約3ヶ月。
ようやく「ルーアの散歩道」が出来上がってきた。

最初のうちは、毎回違う道を選んで進み、どこに何があるのかを確認しながら散歩を行っていた。それゆえに、時には暗い夜道で道に迷い慌てることも少なくなかったが、そんなときはルーアを自由に歩かせれば決まって、知っている道にたどり着くので便利であった。

「ルーアの散歩道」は閑静な住宅街を中心としたコースで、人通りや車通りがなるべく少ない道を選んだ。また、途中に大小6つの公園を経由するようにしており、人をいないのを見計らって、毎回どこかの公園で運動させるようにしている。

まずは玄関。全ての散歩道のスタート地点であり、ゴール地点でもある。
ねむーい
いくぞ~、ルーア
ねむいよ~

自宅を出て緩やかな坂道を登っていくと左手に小さな公園が見える。ここはルーアのトイレスポットである。
トイレスポット
おちっこ中^_^;

さらに進むと左右を雑木林に挟まれた道にでる。
夜は怖いんだ、コレガ・・・。
雑木林
耳めくれてますよ

雑木林を抜けると閑静な住宅街にでる。
朝晩ともに人通り、車通りがほとんどない。
住宅街
ポツーン

しばらく進むとふたつ目の公園が見える。
公園
変なのがいる・・・

へんなやつ
キョロちゃん・・・?

さらに三つ目の公園。
ここは、芝が植えてあるので良い感じである。
公園
誰もいないー

左右が芝生の道を通り抜けて、
ごろん
かゆかゆー

階段を下りると・・・
階段
下りは少し怖いの・・・

四つ目の公園に出る。
この公園は近所のワンコが集まるスポットになっている。
公園
今日は誰もいないね~

その後、さらに小さな公園を抜けると緩やかな上り坂の砂利道にでる。
ここら辺は、夜は暗く、近くに墓地があるので、夜の散歩には省略されることが多い。
山道


最後の公園は完全に窪地になっているので、人がいないときにはワンコを放して走らせることもある。
公園
やっぱり誰もいない・・・

以上、普通に歩いて40分~60分の「ルーアの散歩道」である。

せっかちルーアくん

2006 - 03/24 [Fri] - 23:53

ルーアは人の行動を先読みして行動する。

どうゆうことかと言うと、俺が部屋を出ようとするとルーアは敏感にそれを察知して、ドアを開けた瞬間サッと俺の横をすり抜けて部屋を出て行ってしまう。また、最近では階段を上ろうと一歩足を踏み出した時点でたったった~と階段を駆け上っていくので危なくて仕方がない。

まあ、そんなルーアの習性を利用して、部屋を出る振りをして、ルーアが先読みして部屋を出て行ったらドアを閉めて、ルーアを外に閉め出して楽しんでいたりするのであるが・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ

しつけの一環として、「おすわり」、「ふせ」などを教えているのであるが、そんなときにもルーアの先読み能力は遺憾なく発揮される。
例えば、「おすわり」→「ふせ」→「ごろーん」をいつも通しで練習していると、早くご飯を食べたいルーアは「おすわり」と言っただけで、「ふせ」→「ごろーん」も続けて行ってしまう。

おすわり状態から「ふせ」をさせたら一気に「ごろーん」まで行った図(4秒)



「ふせ」の後に一応「ごろーん」のコマンドは言っているが、明らかにルーアが「ごろーん」の体勢に入るほうが早い(T_T)

犬本紹介その5-「犬に尊敬される飼い主になる方法―ドンとハリーの飼い主しつけ教室」

2006 - 03/23 [Thu] - 23:54

書かれている本の内容は一般的な犬の飼い方に書かれているものとそれ程大差があるわけではないが、この本はその語り口として、著者の飼い犬ドンとハリーの対談形式として話を進めている点がユニークである。

犬を迎えるに当たっての心構えからはじまり、生活用品の選び方や食事の話、散歩の仕方や果てはウンチの話など様々な事柄に触れていて役に立つところも多い。
とはいえ、事ある毎に「日本では××だから」と日本のペット事情に対して皮肉った表現が多いのが気にかかる。確かにオーストリア人の著者からしてみれば、ありえない話だろうし、遅れているのかもしれないが、こうもしつこく書かれると日本人としてはあまり良い気はしないのである。
しかもそれに対して、ドンとハリーには「うちのお父さんはその点××でよかった」と書いているあたりが自画自賛っぽくてちょっと嫌だ。

あれ?なんだか、お奨め本という感じにならなかったぞ。

無関心ー
(関心がないようだ・・・・)

食事のはなし

2006 - 03/22 [Wed] - 22:37

ドッグフードの喰いつきが悪いときがある。
時折、野菜をトッピングしてあげたり、馬の軟骨をあげたりしていたのが裏目に出たのであろうか、ドッグフードオンリーの時に今ひとつ喰いつきが悪いときがある。
ドッグフードを食べなければもっとおいしいものがもらえると思っているのであろうか。

食べない
いらない・・・
ルーアのくせに生意気だぞー(by ○ャイアン)

食べたくないなら食べなくてよろしい。
おかちゃん、もう知らんで!
と食事を下げようとしたが、ふと思いついてドッグフードを手づかみであげてみた。すると、ガツガツ食べる。

食べる
ガツガツ・・・

もう一度、容器ごと差し出すと食べない。

手づかみであげると食べる。

何だよ、ルーア。俺に食べさせてほしかったのか~。
まったく、甘えん坊だなあ、おまえは(* ̄◇ ̄)エヘヘ

犬本紹介その4-富沢勝著

2006 - 03/21 [Tue] - 22:15

少々古い本であるが、草思社から出版されている富沢勝氏の著作である下記の3作品はいずれもお奨めである。

■「この犬が一番!―自分に合った犬と暮らす法」

犬を飼いたいと思い始めたときに、どんな犬種がいるのかを勉強しようと思って購入した本であるが、各犬種について細かく説明されており、犬種によってこれほど歴史や性格が違うのかと改めて犬への興味をかき立てた一冊である。
65の犬種について、性格、外見、買い方、どんな人に向くのかなど2ページに渡り詳細に説明されている。また、①興奮性、②活動性、③番犬性能、④訓練性能、⑤吠える性質、⑥咬む性質、の6つの項目についておおよその傾向をグラフ化されているので非常にわかりやすい作りになっている。
また、犬種のビジュアルはイラストにて紹介されており、写真などより数倍親しみがもて、想像力をかき立てる。
これから犬を飼おうと思っている人で、どの犬種にするか迷っている人は一度手にとって見ても良いのではないだろうか。
ただ、特定犬種についてのみ知りたい人にはこの値段設定は少々高く感じてしまうかもしれない。

■「珍しい犬を飼いたい!―自分だけの犬を見つける法」

まさにこの本の題名の通り、どうせ飼うなら誰も飼っていない珍しい犬を飼いたいと常々思っていた。日本人はブームに弱い。
ハスキー・ブーム、ゴールデンレトリーバー・ブームなどが記憶に新しいところだが、こういうのを聞くにつけ、「人と同じ犬を飼ってて楽しいか」と思ってしまう。いや、自分にあった気に入った犬種を探して見るとたまたま人気のある犬種だった、ということならそれはそれで良いのだが、今人気があるから自分もほしいと、その犬種について何も調べず(知らず)に飼うのはどうかと思う。
まあ、それはさておきこの本は、基本的に前著「この犬が一番!―自分に合った犬と暮らす法」と同じ構成になっており、前著では紹介し切れなかった52の犬種について新たに書き起こされている。
前著には記載されていなかったフラットコーテッド・レトリーバーのことも書かれており個人的にはお気に入りの一冊である。
前著が気に入って、さらに他の犬種について知りたい人にはお奨めである。

■「日本の犬は幸せか」

上で紹介した2作とは趣が異なる書籍である。
ペット・ブームといわれる中、毎年数十万頭の捨て犬が殺処分されている。この本はそういった日本のペット事情の裏側をレポートしている。悪いのはブームに踊らされる飼い主なのか、儲け主義に走るペット業界なのか、それとも何もしない行政なのか・・・。
この本が出版されたのが8年ほど前なので、現状に即していない部分もあるかもしれないが、犬が毎年大量に殺されているという現実は今も変わらない。
犬を飼うのに直接は関係の無いことかもしれないが、こういった本を読んでおくことで自身のパートナーである犬に対する責任をより一層自覚できるのではないかと思う。

眠いよ・・・
あたちのことが書いているこの本がお奨め!
「珍しい犬を飼いたい・・・」がお気に入りのようである^_^;

ルーアの歯磨き

2006 - 03/20 [Mon] - 22:36

ちょっと油断をしていたら、ルーアの奥歯に歯垢(歯石?)ができていた。
ちょくちょく口の中を覗いたり、歯磨き粉をまぶしたガーゼを指に巻きつけて磨いたりしていたのであるが、どうやらそこは見逃していたようである。
まあ、できてしまったものは仕方がないので、これからはマメに歯磨きをしてこれ以上ひどくならないように注意しよう。

で、早速歯ブラシを使ってルーアの歯を磨いてみた。

ワンコ用の歯ブラシに、これまたワンコ用の歯磨き粉をつけて歯磨き開始。
歯磨き粉にはワンコが好きな味付けがしてあるらしく嫌がることはあまりないが、むしろ逆に歯ブラシを食べようとして、噛んでくるのが鬱陶しい。

はみがき
うぎゃあああ、こーろーさーれーるー
人聞き悪いよ、ルーアくん・・・

・・・歯磨きをすること約数分。
全ての歯を磨けたと思うのだが、効果のほどはよくわからない・・・。
まあ、しばらく続けてみるとしますか。

はぶらし
ルーアの歯磨きセットも並べてみた\(* ̄∇ ̄*)/

兄弟姉妹再会 in グランベリーモール

2006 - 03/19 [Sun] - 20:25

本日、ルーアの兄弟姉妹であるanonくんとアニーちゃんに会うということで南町田のグランベリーモールへと出掛けた。

われわれ夫婦はこの日をすげ~楽しみに待っていたので、感動の再会に先立って、どうせならルーアをペットサロンできれいにおめかししてから連れて行こうと決めていたのであるが、どこもいっぱいで予約が取れなかった(T_T)
世の中ペットブーム、ペットブームと言われているが、ようやくそれが実感できたエピソードである。

まあ、予約が取れなかったのであればしょうがないので、せめて家でシャンプーだけはしておこうと、朝からルーアを風呂場に連れ込んでシャンプーし、ふたりがかりでドライヤーとブラシをかけた。

どらいやーん
俺:ブラシ担当 カミサン:ドライヤー担当
ここまでやってもらって幸せモンやでルーアは・・・
ほんまやで~
知らないも~ん

ペットショップ「ジョーカー」前に13時の約束であったが、少し早めに出掛けて食事をしたり買い物をしたりブラブラしていたところ、思いがけずペットパラダイスにてアニーママさんに遭遇した(もちろんアニーちゃんも一緒である)。

姉妹感動の再会である(しまったー、写真撮り忘れたー(>_<))。

最初は割と普通に挨拶を交わす姉妹であったが、俺とアニーママさんが話をしている間にどんどんテンションが高くなってきたのか、今にも飛びついて遊びだしかねない雰囲気になってきたのでたまらず店外へ退避。ちょうど時間もよかったので、一緒に待ち合わせ場所であるジョーカー前へ移動することにした。

おニューのリードと首輪
ペットパラダイスでママに買ってもらったおニューのリードと首輪だよ~

ジョーカー前では既にanonパパさん&ママさんが到着しており、いよいよ兄弟姉妹の感動の再会である。

再会ー
感動の再会!

状況を理解しているのかしていないのか良くわからないが、とにかく3頭は思い思いに挨拶を交わしていく。
同じ親から生まれただけあって3頭は本当に良く似ている。もちろん、細かい違いはあるのであるが、ぱっと見区別がつきにくい。

よし、せいれ~つ。

再会~
ビシッ!
左からanonくん、アニーちゃん、ルーアの順である。

待ち合わせ場所であるジョーカーの店先で立ち話をしていたのであるが、さすがに同じ背格好のフラット3頭は目立つらしく(しかも3頭ともかわいいしね^_^;)、「うわ~、かわいい~、黒ラブさんが3頭もいるよ~」などと周りから言われた。

黒ラブちゃうわ!Σ( ̄□ ̄;) ガビ-ン

ここで、おやつを取り出したanonパパさんに3頭は群がり始めて、おすわりをして「くれ~、くれ~」とアピールをする。

くれーくれー
お、おやつを使うなんてそんなうらやましい・・・(笑

ここでも、3頭の行動パターンが似通っていて面白かった。

その後、ワンコと一緒に入れるカフェに場所を移し、ワンコ談義に花を咲かせることに・・・。

飼い主たちが話しをしている間、ワンコ達はじゃれあっていて(主にアニーちゃんとルーア)、いつの間にやら周りにお客さんが誰もいなくなっていた(ごめんなさい>店の人)。

そんな、アニーちゃんとルーアの女の闘いの様子(53秒)



anon君われかんせず・・・
闘いつづけるアニーちゃんとルーア(ともに画像右)を尻目に冷静なanonくん(画像左)であった・・・。

以下、私信:
anonパパ様、anonママ様、アニーママ様
本日はありがとうございました。
色々とためになるお話を聞かせていただいて感謝しております。
私も妻も大変楽しい時を過ごすことができました。
ルーアも久し振りの兄弟姉妹の再会だったためか、いつになく興奮していて楽しそうにはしゃいでいる姿を見ることができて、とてもよかったです。
anonパパ・ママ様、おみやげまで頂いてしまってありがとうございました。また今度お近くによられた際には、これに懲りず、お声をおかけください。
アニーママ様、ルーアがアニーちゃんに乱暴に接していても笑って許して下さってありがとうございます。家も近いので今度ドッグランにご一緒させてください。アニーちゃんとルーアの女の闘いの決着をつけましょう(笑
そして、他の兄弟姉妹達のパパ・ママさん達も機会がありましたら、是非一緒に遊ばせてください。

遊びつかれてぐったりしたルーアからも一言
ぐた
おにいちゃん、おねえちゃん、楽しかったです。また、一緒に遊んでください・・・・グウウウウゥゥ・・・

それでは、また・・・m(__)m

ふっつかーつ!!

2006 - 03/18 [Sat] - 09:51

かねてより、ルーアに電源コードを齧られて使用不可になっていたわが家の空気清浄機が約1ヶ月の時を経てようやく使用可能になった。

電源コード交換だけなのにかかった費用が10,000円弱(>_<)

出張費と材料費はともかく技術料6,000円て、電源コード取り替えるだけなのにそんなに技術がいるの、○下さん?

ルーアくんもう齧らないでね・・・・

ナノイー
前向きに善処したいと思う次第であります

病院探しは大変だ・・・

2006 - 03/17 [Fri] - 10:38

先日の日記にも書いたが、ルーアを連れて病院へ行って来た。
実は今回行った病院で3軒目となる。

最初に行った2軒の病院は今ひとつしっくり来なかったので、新しく探して見つけたのが今回行った3軒目の病院である。
先のふたつの病院が良くなかったという訳ではない。むしろ、最初の病院は外耳炎をしっかり治療してくれたので良かったのであるが、自分にとっては引っかかることがあり、新しい病院をいろいろ探していた。

良い病院の定義は人それぞれであろう。
安ければいいという人もいれば、逆に金はいくらかかっても病気を治してくれるならいいという人もいる。
俺にとって良い病院とは、飼い主の話をしっかりと聞いてくれ、(それがたとえ正論であっても)通り一遍の答えではなく、その飼い主の状況に合わせた治療とアドバイスをしてくれるお医者さんがいる病院のことである。さらに診察代が安いともっといいな・・・。

例えば、食事はドッグフードにトッピングとして野菜を混ぜていますと言うと、ドッグフードで栄養は十分取れるから余計なものは混ぜないほうがいいという。それがアレルギーなど病気の原因になる可能性があるからである。
また、おやつとしてドッグフード以外の食べ物を与えるのもやめたほうがいいという。おやつは必要ない。しつけの褒美はドッグフードで良い、と。

それは、そうかもしれない。
確かにドッグフードだけを食べていれば、何か病気になったときも食事が原因かどうかで悩まなくて済むし、飼い主としてもそのほうが楽だろう。

しかし、一生ドッグフードのみを与えられるワンコはどうなのか。いくらそれで栄養がとれるからといっても、味気ないだろうし、食事も楽しくないだろう。
ワンコはそんなこと考えないよ、という人もいるかもしれない。また、所詮は飼い主の自己満足だと言われるかもしれない。
飼い主の自己満足なら、それはそれでいいじゃないか、と思う。
俺は、普段ドッグフードを食べているときは尻尾がダラーンとたれていて、あまりおいしそうに食べていないルーアが、目の前に馬の軟骨を差し出されたら尻尾をブルンブルン振って、何とかして食べさせてもらおうとしておすわりから伏せ、ごろーん、ハウスなど自分が持っている技(?)をこちらが何も言ってもいないのにしてくれる様を見るのが大好きであるから。
また、俺とカミサンがリンゴを食べていたら、ソファに座ってこちらをジッ・・・と見つめつづけるルーアに俺は対抗手段を持たないからだ。
(もちろん、犬に害になるものはあげないが・・・)

てなわけで、こんな困った飼い主でも受け入れてくれる病院を俺は探している。
お金は・・・・、まあ、正直それほど裕福ではないが、そのためにルーアをひとり寂しい思いをさせてまで働いているんだから、がんばりますよ・・・^_^;

血が出たって・・・、あれ?

2006 - 03/16 [Thu] - 16:32

ルーアがウンコをしていた(←のっけからこれですみません)。
その日、5度目のウンコである。
よくでるな~、と思って感心してみていたが、ちょろっと小さいのが少し出ただけであった。
さもありなん、とウンコの処理をしようと思ったらウンコに少し赤い液体が付着していた。

「そうかあ~、おまえ、とうとう・・・」(目を潤ませながら)

お~い、母さん、赤飯炊いとくれ~、とかねてから用意していたセリフを吐こうと思ったが、何かおかしい。
生理の血って、便に混じって出るか?しかも、こんな少量だけ・・・。

もしかして、これって血便?( ̄ロ ̄;) ガビ-ン

かなり嫌な想像を膨らませつつ、ルーアの下半身を確認する。

きゃー
嫌だ、やめてよ!レディの股間を覗くなんて、このケダモノ!

抵抗するルーアくんを押さえつけて確認するが、陰部からの出血した形跡はない。
今ひとつモヤモヤしつつも、とりあえず様子をみることにした。

そして、その後何回かウンコをしたが、血が混じることはなかったので、この間のは何かの間違いか、とホッと胸を撫で下ろしたところ、昨晩の散歩で再び血が出ているのを発見した。
最初の出血疑惑以降、ルーアのウンコ時にはお尻を覗き込むようにしていたので(散歩中人に見られると(/-\)ハズカシ~)、今度は肛門から血がたれていることはバッチリ確認した。

という訳で、今朝ウンコ持参で病院へ行って来た。

検査の結果、ウンコに異常はなし。
血が鮮血でウンコの最後のほうにポトッと落ちたところやその他諸々の状況から大腸が荒れて出血したのではないかとのこと。
そして肝心の原因はストレスなど精神的なことではないかということであった。

ストレス・・・・。
だとすると、原因はおそらく留守番である。
うちは共働きなので、平日ルーアをひとりにする時間が長い。普段我々の後ろをちょこまかついて歩き(じゃま(>_<))、少しでも部屋からいなくなるとピーピー鳴いているルーアはひとりの時間がたまらなくストレスになっているのであろう。
比較的出社時間の遅い俺が朝はぎりぎりまでルーアと過ごし、夜は交代でなるべく早く帰っているのであるが、それでもルーアは寂しいのであろう。
留守番の時間はこれ以上長くなりこそすれ、短くなることはない状況である。
では、どうするか。
留守中のルーアの住環境を変えていくしかないというのが俺の今時点での考えである。具体的にはまだまだ考え中であるが、ルーアのためにできることをやっていこうと思う。

今日はルーアを病院に連れて行ったら、即行会社に行こうと思っていたのに、ストレスが原因とか言われたら行けなくなってしまったよ・・・・。

ぐったり・・
病院で疲れてぐったり休むルーアくん(耳めくれ)

今日は1日家に一緒にいるから、ゆっくり休めよルーアくん。
でも、明日はまた留守番だからな・・・。

ルーアの本名!?

2006 - 03/15 [Wed] - 11:45

ルーアの兄妹であるanonくんのブログの2/28の日記を見て知ったのであるが、血統書にはルーアくんの正式名(?)が記載されているようである。

よくわからないが、「飼い主が決めた名前」+「ブリーダーさんがつけてくれた名前」と言う感じになるのであろうか・・・・。

早速、ルーアの血統書を確認してみた。

血統書
ルーア ノーブル マインド(LUA NOBLE MIND)!!

おおーっ、NOBLE MINDですかー。
直訳すると「高潔な精神」

すげー、すげー、いいのー?こんなにいい名前もらっちゃってー\(◎o◎)/!

自分でつけると恥ずかしいけど、他の人がつけてくれるのはとてもうれしい。
う~ん、気に入りました。
なんか、スタンド名みたいでかっこいいな・・・。

そうか~、ルーアくんノーブルマインドなんだ~。

まったりルーア
そうですよ♪

じゃあ、あんまり「おなら袋(注1)」とか「ウンコ袋(注2)」とか呼ばないほうが良いよね?

まったりルーア
う~ん、あんまり気にしてない。事実だし

認めちゃうのΣ( ̄□ ̄;) ガビ-ン


(注1)車の中で臭いおならをしたときにそう呼ばれる。
(注2)室内ででかいウンコをしたときに呼ばれる。

白日

2006 - 03/14 [Tue] - 23:20

一応、バレンタインのお返しということで・・・。

ホワイトディ
和菓子が半数を占めてる・・・。

吠えルーア

2006 - 03/13 [Mon] - 12:37

近頃ルーアが吠えるようになった気がする。
一週間に一度あるかないかであるが、ルーアがうちに来てから最初の一ヵ月半ぐらいはほとんど吠えなかったことを考えると、若干吠えやすくなったといえるだろう。

ルーアが吠えた例をいくつか挙げてみると、
・俺とルーアがリビングでくつろいでいる時に、玄関から郵便屋さんが郵便受けを開け閉めしている音が聞こえてきた時に一声ウォンと吠えた。
・散歩中、子供が後ろを歩いていたのであるが、ルーアはしきりに後ろを気にしていた。子供が突然走り出して我々を追い越していくと、ルーアはウォンと吠えた。
と言った感じである。

以上のことからルーアの頭の中の吠えるアルゴリズムを考えてみると以下のようになる。

------------------------------------------------------------

①不審な物音

②目で確認できるか
↓yes                      ↓no
③しばらく注意して見る           ④うなってみる
↓                        ↓
⑤発生源に急激な変化はあったか    ⑥音がやんだか
↓yes       ↓no            ↓yes       ↓no
吠える      ③へ戻る          緊張を解いて   吠える
                          また~り

------------------------------------------------------------

では肝心のルーアが吠えるようになった原因は何かと言うと、はっきりとはわからない。
ルーアは元々臆病な性格である。
特に音に対しては過敏で、少しでも聞きなれない音がするとビクッとして音の発生源に目を向けて固まってしまう傾向がある。
再三書いているが、うちは共働きで、ルーアはバリケンの中で長時間の留守番を強いられている。
もしかすると、留守番中ひとりで不安になり、外の物音にいっそう過敏に反応するようになったのかもしれない。
また、リーダーであるべき俺がそばにいるにもかかわらず吠えるということは、ルーアは自分をリーダーだと思い、自分が群れを守らなくてはと思って吠えているのかもしれない。

今はまだそれほど吠える頻度が高くないし、吠えそうな気配(うなること)があれば「よしよし」となだめるようにしているのでさほど問題にはなっていないが、今後とも注意が必要である。


ところで、ワンコは足音や気配で飼い主を判別することが出来ると良く聞くことがあるが本当であろうか。
もし本当であれば、飼い主である俺が玄関先で不審な物音をたててもルーアは吠えないはずである。
会社帰りに思いついて、実際にやってみた。
家にカミサンとルーアが一緒にいる状態で、郵便受けを開けたり閉めたりしてみたり、庭に回ってシャッターを叩いてみたりしてみたが(すごい不審者だ・・・)、一向に吠える様子はなかったようである。
また後日、カミサンとルーアが家にいる時に普通に帰ったのであるが、ルーアが急にソワソワしだしてから少ししたら俺が帰ってきた、とカミサンが言っていたので少なくとも飼い主の足音は憶えているようである。

昭和記念公園に行って来た。

2006 - 03/12 [Sun] - 20:35

昭和記念公園へ、俺とカミサンとルーアの3人で出掛けた。
主な目的は公園内にあるドッグランであるが、広い園内を散策するのも楽しそうである。

昭和記念公園入り口
行くじょ~
ルーアくん、耳、耳めくれてるよ!

まずはドッグランへ行った。
日曜日ということで、たくさんのワンコがいた。
人(犬)見知りの激しいルーアは相変わらず他の犬たちを遠巻きに見ていたが、それでも何頭かの犬とは楽しそうに遊んでいたのが微笑ましかった。

まったり
ひとりでまったり・・・
他の犬と遊んだら?ルーアくん

あとで~

遊ぶ
いやっほ~

前回のグランベリーモールの一件で、若干雄犬を警戒していたのであったが、やはり一頭ルーアにしつこく乗っかろうとする犬がいたのには少々辟易したが、それを除けば十分楽しめた。

ドッグランを後にして、公園内を散策した。

噴水前
カナール噴水前

ごろん
ふれあい広場
草まみれだよ、ルーアくん
気持ちいい~
あと、耳めくれてるよ

花木園
花木園
もうすぐ春だね~、ルーアくん
ふ~ん・・・

園内はいくつかのゾーンで区切られており、総面積は180haある。とてもじゃないが、全てを歩いてまわる体力はないので、半分ほどまわったところで本日は帰ることにした。残りは後日の楽しみである。

橋
ルーアくんまた来ようね

ルーア目覚まし

2006 - 03/11 [Sat] - 11:59

ここ1週間ほどとてもねむい!!
どれぐらいねむいかと言うと、今まで会社の同僚と休み時間に欠かさず対戦していた「マリオカートDS」をやる気力もなく、空いた時間を睡眠時間にあてるほどねむいのである(イマイチわかりにくい・・・・)。

原因はわかっている。

↓こいつのせいである。
諸悪の根源
なになに~。どちたの~?

3/5の日記に書いたが、ルーアの2階への入室を許可した。このときの日記ではマシンルーム(パソコン部屋)のみ開放したように書いていたが、実はその夜からルーアを寝室で一緒に寝かせていたのである(床にルーア用ベットを置いて)。
睡眠不足の原因はここにあり、ルーアは朝5時前に起きだして、人の顔をペロペロなめて起こしにくるのである。

1階のバリケンで寝させていたときもかなり早い時間から起きて、ヒンヒン鳴いていたのは知っていたのであるが、こちらはまだ寝室のドアを閉めていればそれ程気にならなくてすんでいた。
しかし、眠っているところにいきなり顔をペロペロなめられると防御のしようがない!しかも、その後はこちらが起きるまで俺とカミサンの間を行ったり来たりして、あっちでペロペロこっちでペロペロと顔をなめていくのである。

ねてられるかーノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!

しばらくは布団をかぶって我慢するのであるが、布団の中にまで頭を突っ込んでくるので、結局は耐え切れず起きてしまうのである・・・。

それなら、ルーアをまた一階のバリケンにもどせばいいじゃない、と言われるかもしれないが、朝ワンコにペロペロなめて起こされるのが、実はやってみたかったことなので、これはこれで悪くないかなと・・・・(いいんじゃん!)。

それにしても、ああ、ねむい・・・・o_ _)oZzz 。

ねむルーア
そのくせ、自分は好きなようにねている・・・・

グウグウ・・・・もう食べられないよ・・・・

ベタやなあ、ルーアくん・・・

カッパッパ

2006 - 03/10 [Fri] - 18:51

先週末、南町田のグランベリーモールにて雨ガッパ(レインコート)を購入。ほしいサイズが店頭になかったので取り寄せてもらっていたのであるが、先日ようやくモノが届いた。

カッパ
GORE-TEX パラカグール

使用目的は、もちろん、ルーアとの雨の日の散歩用である。今まで、雨の日は傘をさして散歩していたのであるが、片手しか使えなくなってしまうのでとっさの対応に不安を感じていた。その点、カッパであれば両手は自由に使えるので普段と変わらず行動できる。

色はゴールデンイエローである。
本来自分は黒などの地味色好みであるのだが、ワンコも黒、首輪もリードも服も全て黒だと視界の悪い雨の日には危険だと判断したためなるべく派手な色を選んだ。

で、早速着てみた。

カッパ男とルーア

シャッキーン!ルーアくんどうよ^_^

(こんな格好の人と一緒に歩くの・・・・?)

雨の日が待ち遠しいね~、ルーアくん♪

(雨、降らなきゃいいなあ・・・・)

犬本紹介その3-スタンレー・コレン著

2006 - 03/09 [Thu] - 19:57

文春文庫から出版されているスタンレー・コレン氏の著書はどれもお奨めである。

■「デキのいい犬、わるい犬―あなたの犬の偏差値は?」

犬の知能をテーマに豊富なエピソードと研究を交えてわかりやすく説明されており、読んでて全く飽きない。
特にこの本の肝となる誰にでもできるIQテストの具体的な方法と著者が行った133犬種にも及ぶ作業・服従知能から見た犬種別ランキングは必見である。まあ、犬種別ランキングについては色々と異論もあるかもしれないが・・・。
ちなみに、フラット・コーテッド・レトリーバーは18位という好成績。
やったぜ、ルーアくん(^o^)丿
あと、個人的に気に入ったのは章の最初に書かれている犬に関する格言(?)で、中でも第一章の
「人間はこの運命の惑星でただひとり、ひたすら孤独な存在である。そして私たちを取り囲む生あるものの中で、犬だけが人間と手を携えた。」-モーリス・メーテルリンク
が一番のお気に入りである。良い言葉だ・・・・。

■「相性のいい犬、わるい犬―失敗しない犬選びのコツ」

前著「デキのいい犬、わるい犬―あなたの犬の偏差値は?」と同様、興味深いテーマで楽しませてくれた一冊。
飼い主の性格の代表的な例として、日本ではあまりなじみがない有名人と彼(彼女)らが選んだ愛犬とのエピソードが随所に紹介されているが、かなり興味深く読むことができた。
本書の目玉はなんといっても、7つに分類された犬種とそれにあう飼い主の性格の相性診断だろう。どの犬種を飼うか迷っている場合には判断の一助になること請け合いであるが、自分にとって都合のいい結果になるとは限らないので要注意である。
さて、自分でももちろんやってみたのであるが、最も相性がいいとされる犬種は「防衛心の強い犬」もしくは「独立心旺盛な犬」であり、そろって性格特性の三つが合致。これらのグループにはフラットは含まれていない・・・。
フラットが含まれている「友好的な犬」には全く性格特性が合致せず・・・。
作者は性格特性がひとつも合致しない犬種はいかにその外見が気に入り、いい犬だと聞かされたとしても、飼うのは避けたほうが無難だと言う。
そんな、ルーアくん・・・(T_T)

■「犬語の話し方」

犬と話をするといっても、良くある「心を通わせる」だの「感性を磨く」などといったオカルティックな話ではなく、吠え方、耳・尻尾の動き、体全体の表情を読み取る方法を、豊富な研究内容から紹介する極めて実用的な本である。
ただし、前2作が豊富なエピソードを交えて飽きさせない構成になっているのに対して、こちらは全体的にエピソードが少なく、犬の行動を網羅してその意味を解説する理論集になっており、若干読んでいて退屈な印象はある。
もちろん、その分実用的であると言えるのであるが、単純な読み物としては前2作と比べると少し劣る。


以上、3作品に共通していえるのは読んでいて楽しく、そしてためになるということである。
お奨めしたいのは、犬を飼っている全ての人と犬に興味のある全ての人である。

スタンレー・コレン著
相性悪かったのか・・・、そうかあ・・・、それで・・・

コラコラ、妙に納得しない、ルーアくん!ヾ(`ロ´;)

ルーアで実験! 第一弾

2006 - 03/08 [Wed] - 12:46

ルーアでじ~っけん♪ ルーアでじ~っけん♪ た~のしい~な♪

と言うわけで、「よ~し、ルーアで実験という名目で、ルーアを少しいじめて楽しんじゃうぞ~」略して「ルーアで実験」の第一弾である。
これは要するに、よすふくがワンコに対して(というか、ルーアに対して)日々疑問に思っていることを、実際にルーアを使って実験し、その過程でルーアのかわいい姿が見られるといいなというだけの企画である。

記念すべき第一弾は
「ルーアは目標物の手前に障害物があった場合ちゃんと迂回するか」
である。

以前、伊豆のマウンテンドッグランで、ルーアと俺の間にちょっとした崖(?)があった時に、ルーアは俺めがけて無理やり真っ直ぐに降りてきた(というか、落ちてきた)。ちょっと迂回すれば楽な道があったのに、である。
では、越えることが不可能な障害物があった場合、ルーアはちゃんと迂回するのか、と言うのが実験の主旨である。

実験開始!U^ェ^U ワン!

まず、段差のある地形の下側にルーアを「待て」状態で座らせておく。

待つルーアくん
いっちゃうの?(不安げなルーア)

階段を使って上に回りこみ、ルーアの様子をしばらく観察する。

見下ろしルーアくん
まだあ?

ルーアに「来い」のコマンドを使い、ルーアがどうするか観察する。

見下ろし
ルーア、来い!

と・・・・。

よじ登りルーアくん
いくよ~


一直線にキタ━━━━(゚∇゚;)━━━━ !!!!!

まるで出来の悪いゲームの敵キャラのように、間に障害物があろうとも、ルーアは一生懸命こちらへよじ登ってこようとする。

無理だってルーアくん(T-T)。。。

つーか自分、俺が階段使って上がっていったの目で追ってたやろに!
それと同じようにすればええんやで!


・・・・よ~し、来い!
もう、それならいっそこの愛の(?)障害を乗り越えて見事この俺のそばまで来て見るが良い(-_☆)キラーン

あきらめルーアくん
あきらめますた

早っ!!(゚□゚)


[実験結果]
少なくとも、うちのルーアくんのアルゴには「迂回する」というプログラムは組み込まれていない。
ルーアくん、ご苦労様!

パピーウォー参戦

2006 - 03/07 [Tue] - 22:30

PUPPYWARというサイトがある。
飼い主がアップしたワンコの写真がランダムで2頭ずつ表示され、どちらか一方を選んでいき、上位10頭と下位10頭を表示するサイトである。

これはもううちのルーアも参戦しないわけにはいかないと思い、早速画像をアップした。

首があああ
↑以前このブログでものっけたこの写真をアップした。

もし見かけましたらルーアに清き一票をお願いします(^o^)丿

P.S.猫版であるKITTENWARというのもある。

ルーアくんは魔性の女?

2006 - 03/06 [Mon] - 18:55

昨日、南町田のグランベリーモールに行った時の出来事である。

スタバのオープンテラスでお茶しようとルーアと共に席についたのであるが、近くの席にいたラブがやたらワンワン吠えて、こちらへ向かって来ようとしていた。飼い主さんは制止してくれていたのであるが、あまりのしつこさに周りの迷惑になると思い、いったん席を離れることにした。そのとき、ふとラブの股間に目がいったのであるが、ちょっと書きにくいことであるが、陰部のところから性器が少し露出していた(こういう表現が正しいのかわからないが・・・)。
その後、時間をおいて、スタバのテラスにてお茶をしていたのであるが、やはり近くを通りかかったワイアーフォックステリア(かな?)もルーアに激しく向かってこようとしていたので、確認したところ、こちらも少し性器が露出していた。

これはもしや、ルーアくんのヒートが始まってしまったのかと思い、そそくさとグランベリーモールを後にして、自宅でルーアの様子を確認したのであるが、どうも俺が知っている限りのヒート中の現象-陰部がふくれるとか、血が出るとか、といったことが見当たらない。しかしながら、ワンコの中には自分で血をなめて、飼い主がヒートに気づかなかったと言うこともあると何かの本で読んだこともあるので油断が出来ない。もし、ヒート中であればドッグランなど犬が集まるところには行ってはいけないし、散歩中も気をつけなくてはいけない。ここはひとつはっきりさせなくてはと思い、他の用事のついでもあって、今日動物病院へ行ってきた。

結果はまだヒートは始まっていないとのことである。

とりあえず安心したのであるが、じゃあグランベリーモールでの出来事は何だったのであろうか。
ヒート中でもないのに男を惑わすルーアくんは魔性の女なのか?

ルーアくん2階へ・・・

2006 - 03/05 [Sun] - 22:25

ルーアの攻撃!

ルーアは噛み付いた!

ギガンテスに99のダメージを与えた!

ギガンテスの攻撃!

ルーアは身をかわした。

どうする?  攻撃 ・ 魔法 ・ 特技 ・ アイテム ・ 逃げる

特技(ピコーン)

ルーアはすかしっ屁をこいた!

ギガンテスを毒ガスが包み込む!

ギガンテスは息ができない!

ギガンテスを倒した!!

ギガンテスは宝箱を持っていた!

宝箱を開ける?    はい  ・  いいえ

はい(ピコーン)

ルーアは宝箱を開けた。

宝箱の中には「滑り止めマット(階段用)」が入っていた。

ルーアは2階へ上がることが出来るようになった。

ルーアの行動範囲が広がった。


・・・という訳で、ルーアが自由に2階に上がれるようにした。
2階には我々夫婦の寝室、マシンルーム(パソコン部屋)そして和室の3部屋がある。当面はこのうちのマシンルームを開放することにし、慣れてくれば寝室に入れて朝まで一緒に(ベットには上げない)寝るようにする計画である。

というのも、平日ルーアは12時間ぐらいバリケンの中でひとりで留守番をしており、寝るときもバリケンに入れているのであるが、ひとりの時間があまりにも長すぎるので家にいる間はなるべく一緒にいようと思ったからである。
階段の上がり降りをさせすぎると足腰に負担がかかりすぎるのではないかという不安なこともあるが、階段の上がり降りの回数をある程度制限するなど気をつけていこうと思う。

早速、階段にマットを敷いてみた。

階段
もはや美観にはこだわらないことにした。

関係ないが、階段の段数が13段であった。なんか縁起が悪い数字だ(T_T)

マシンルームは床がフローリングなので、ルーアが寝転がれるように円形のラグを設置した。

ラグ
直径1.8mあるのでルーアくんでも広々横になれる。

しかし、ルーアは何故か俺の机の足元にもぐりこんで落ち着いてしまう。
ルーアくんそこには何も敷いていないから冷たいやろに・・・・。

見上げるルーア
股間越しショット。

ルーアの気持ち

2006 - 03/04 [Sat] - 23:48

ソファに座っているとルーアが隣にやってきておすわりをし、下の写真のような表情でジッ・・・・と見つめられることがたびたびある。

ルーアくん
ジッ・・・・

めちゃくちゃ切なげな表情をして、何かを訴えかけているのは良くわかるが、何を訴えているのかが今ひとつ良くわからない。
ご飯も食べたとこだし、散歩にも行ったし、遊んでほしいわけでもなさそう・・・。

そのうちルーアの言いたいことが手にとるようにわかる日がくるのだろうか。

深大寺だるま市に行って来た

2006 - 03/03 [Fri] - 20:01

3月の3日と4日に深大寺でだるま市をやるというので、近くのドッグランに行くついでに寄ってみた。



深大寺マップ

さすがにだるま市というだけあって、そこここにだるまが売られていた。

だるま
だるま

だるまの前で
火の用心のだるまの前で

屋台も人もたくさんいてルーアと歩くには一苦労であった。

雑踏
屋台と人

ルーアも人がいっぱいいる場所は久し振りだったので少し興奮気味であった。

人がいっぱーい
人がいっぱ~い


さて、本来の目的のドッグランであるが、少し嫌なことがあったので書いておくことにする。

そこのドッグランは二面あり、すでに先客がいた。
片方の一面には小型犬が、もう片方には大型犬がいた。七ヶ月とはいえ、ルーアも一応大型犬なので、大型犬のいる方に入ることにした。

するといきなりその大型犬は近づいてきてルーアにじゃれつこうと周りを飛び跳ねていた。
まあ、いつものことかとしばらく様子を見ていたが、少ししつこく感じたので間に割って入ろうとすると、大型犬は自分に向かって吠え始め、さらに飛び掛ってきた(避けたが)。

飼い主が止めに入ってくれたのでよかったが、正直かなり恐怖を感じた。
とはいえ、ドッグランで知らない犬が入ってきたら興奮することは良くあるので別に目くじらを立てるつもりもなかったのであるが、次の飼い主の第一声に少しカチンと来た。

「大丈夫です、この犬は噛まないから」

初めて会った犬で性格もわからないし、絶対に噛まないという保証もないはずである。いや、それより何よりまずは謝罪なのではないか。一言「すみません」とか言った後に先の一言が出てくるのであればまだわかるが、いきなり噛まないから、と言われてもそんなことはこっちは知ったこっちゃないのである。
結局、そのドッグランはすぐに出て、隣の小型犬がいるスペースの端のほうで遊ぶことにした。

昨日降った雨の水がまだ水たまりとして残っていたので、ルーアの水のトラウマを解消するための特訓を行った^_^;

水たまり
水たまりを駆けるルーアくん

全身泥まみれになって帰りの車の中がえらいことになってしまった・・・(T_T)

ルーアの爪きり

2006 - 03/02 [Thu] - 19:03

ルーアと共に暮らし始めて二ヶ月が過ぎた。実はこの間、一度もルーアの爪を切っていなかった。
さすがにまずいと思ったのか、カミサンがルーアの爪を切ると言い出したので、お願いすることにした。

ここだけの話、俺もそろそろ切らなきゃだなとは思っていたのであるが、ワンコの爪には血管と神経が通っていて、深爪しすぎると血がでる(当然痛い)と聞いて少し怖気づいていたのである。

パッチン、パッチンと、ルーアが少し嫌がっているようであるが、それでも軽快に爪切りは進んでいる模様。

なんだ、簡単そうじゃん(^o^)丿

意外にすんなり切れている様子に、それなら俺もと交代を申し出た。

こら、ルーア動くなよ・・・。

パッチン。

おお、切れた。

ちょっとビビってしまったので、爪の先っちょがちょこっと切れただけである。

あ~、もう少し追い込めるかなと思い、少し深めに切ってみると


キャイン!


ルーアが一声鳴いてジタバタもがきだす。

慌てて爪先を見ると、血がトクトクと流れ出ている。

やっちまった~(T_T)

慌てて、止血剤(念のため買っておいた)を爪に塗り、何とか出血はおさまり事なきを得たのであるが、しばらくルーアくんは俺に爪を触らせてくれなくなってしまった。

そういえば、俺って自分の爪でも深爪する癖があるんだっけな・・・・。
ごめんよ、ルーアくん・・・。

爪
今回の戦利品

 | HOME |  »

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

02 ≪│2006/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。