直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2006年02月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻のRETRIEVER1月号

2006 - 02/28 [Tue] - 18:45

レトリーバー愛好家の御用達雑誌「RETRIEVER」。
その表紙を飾ることは、全国百万人(ウソ)のレトリーバーユーザーの悲願とも言える事であろう。

そんな中、昨年11月に発売されたRETRIEVER12月号にて、表紙モデルの募集が行われ、全国の多くのレトリーバーユーザーから申し込みが殺到した。
当然、うちのルーアも応募したかったのであるが、当時ルーアはまだうちには来ていなかった(諸事情でブリーダーさんに預かってもらっていた)ため応募することが出来なかった。

くうう、応募してさえいれば採用されたこと間違いなかったのに!そう、風の強い日に立ちションをしたらスボンにひっかかってしまうほど当たり前のことなのに・・・(妄想です)。

まあ、間に合わなかったのは仕方がないので、それならば、勝手に表紙を飾ってしまおうと言うのがこの企画である。
幸いなことに、RETRIEVERは隔月誌である。奇数号というものが存在しないので作ってしまっても文句はないであろう。

と言うわけで幻のRETRIEVER1月号の表紙を作ってしまった。
書いてある記事の内容は適当であるので気にしないでほしい。

レトリーバー1月号
↑クリックで拡大!

スポンサーサイト

外耳炎完治ーー!!

2006 - 02/26 [Sun] - 21:03

本日、お医者さんへルーアを連れて行き、外耳炎が無事完治したことを告げられましたので、ここで連絡させていただきます。
ご心配下さった方ありがとうございました。
ルーアの耳たぶが見違えるように白くきれいになりました。

ところで皆さんに質問なのですが、耳の掃除とかはどのようにされているでしょうか?
かかりつけのお医者さんが言うには、健康な犬の耳であれば掃除をする必要がない、とのことでした。
汚れてきたり、変な臭いがしたらすぐに病院へ連れて来いとのことでした。
雑誌や本などでは月に1~2回ぐらい掃除したほうが良いとも書かれていますし、どうも一度失敗しているだけに悩んでしまいます。

うちではこうしているよ、というのがありましたら是非ともお教えください。
よろしくお願いしますm(__)m

伊豆高原一泊二日旅行顛末記-その5

2006 - 02/25 [Sat] - 15:40

夜中の2時。
ベットの脇に置いてある、家から持ってきた、ルーアベッドに寝ていたはずのルーアが廊下でゲホゲホ言っているのに気づいて目覚めた。
見るとルーアが少しもどしていた。夕方レストランで食べたものではなく、朝出発前に食べた食事をもどしていた。
慌てて飛び起き、ルーアの背中を撫でつつ様子を見る。
少しもどしはしたものの、その後は多少えずく程度でそれほど具合が悪そうに見えない。とりあえず、今晩はこのまま寝かせ、明日の朝まだ具合が悪ければ病院に連れて行こうと思い、再度眠ることにした。

翌朝、6時ごろルーアに顔を舐められ起こされる。家ではバリケンに入れていたので初めての経験である。

心配したルーアの体調であるが、その後もどすこともなく元気そうなので、旅の疲れと慣れない環境での緊張のためだと思い、とりあえず当初の予定通りに行動することにする。

朝食後、早めにホテルをチェックアウトし、自宅とは反対方向にある伊豆マウンテンドッグランへと向かった。

昨日とは打って変っての快晴で絶好のドッグラン日和である。
伊豆マウンテンドッグランは今回の旅行で最も行きたかった場所である。
少し迷いながらもホテルから車で30分ほどで到着。

駐車場に車を止めていると管理人さんらしきおじさんが現れ、
「ようこそ!××(よく聞き取れなかった)へ~」
とやたらテンションが高い。
おじさんは「ボール遊びなんかしちゃだめだゾ、ワンちゃんが周りがみえなくなるからな」とか「ここはワンちゃんにとってめちゃんこ楽しいところだゾ!」とかいまどき誰も使わないような単語を使ってみたりする愉快な人であるが、我々より少し早く到着したカップルの女性に「ハイヒールは危ないからやめときなって。靴を貸してあげるゼ」とやさしかったりもするナイスなキャラクターであった。ただ、個人的な意見としては、まだもうひとつキャラが固まっていない印象も受けたが・・・・。

伊豆マウンテンドッグランは文字通り山の斜面がそのままドッグランとなっている施設である。
入り口にはワンコの水飲み場もあり、水筒も貸してもらえる。
また、要所要所にワンコの糞取り用のビニール袋と専用ごみ箱、ベンチや椅子なども完備されており、至れり尽せりである。
ドッグラン内はネットなどで仕切られており、周りに生えている草木の手入れも行き届いているし、芝生や地面の質も驚くほど良く、前日は大雨だったにもかかわらずほとんど泥など見当たらず、水はけの良さを感じさせた。

伊豆マウンテンドッグラン
入り口

伊豆マウンテンドッグラン
管理人さんがいないときに付属の木槌で叩いて知らせる。

伊豆マウンテンドッグラン
中腹付近

伊豆マウンテンドッグラン
頂上からは海が見える。

伊豆マウンテンドッグラン
上方向にも横方向にも広がっている広大なスペース。
画面右上の山小屋(肉球マーク)にはワンコのおもちゃになる木片や風船が置かれている。

伊豆マウンテンドッグラン
出会った黄ラブ君と遊ぶルーア。

伊豆マウンテンドッグラン
ペットボトルをくわえて一休み中。

結局2時間以上遊んでいたのだが、ルーアはへとへとに疲れきってしまった。
この施設が、家から車で1時間圏内で年間パスポートを5万円ぐらいで販売していたら、毎週末通うのにと思わせるほどに気に入ってしまった。

これにて今回の伊豆高原の旅行記は終了である。
後ろの座席で疲れきってぐっすりと眠っているカミサンとルーアを乗せて、片道3時間の家路へと向かうのであった。

お疲れルーア
あお向けて寝ているので、唇がべろんとめくれている^_^;


P.S.変なものがあったので、カミサンに写真を撮ってもらった。
怪しい・・・


怪しい・・・

怪しすぎ・・・・。

伊豆高原一泊二日旅行顛末記-その4

2006 - 02/24 [Fri] - 19:43

ワンコの撮影サービスをやっていた。
プロが写真を撮って、パソコンで加工して印刷またはデータでもらえるというサービスである。もちろん無料ではない。
ただ、撮るだけであれば無料で、インデックス(撮影したサムネイル一覧表)も印刷してもらえるということなので試しに撮ってもらうことにした。

よくある撮影セットの前に座らされるルーア。
当然大人しくしている訳もなく、近くにいるワンコの所へ行こうとしたり、あちらこちらへ臭いを嗅ぎに行こうとする。
撮影される当のルーアよりも緊張して、ルーアをなだめてお座りさせる俺。

「ルーア、おすわり。おすわりだってルーア」

「こらっ、動かない」

「こっち、こっち向け、ルーア」

「よしよし、いいぞ、そうそうルーア」


あ、お父さん、そこに立たれると邪魔です。


うわあ、注意されちゃったよ・・・(T_T)

すみません、すみません、と後は隅っこで大人しくしていた(・.|コソコソ

そんなこんなで、合計20枚ほど撮られたルーアくん。
インデックスを渡され、よかったら印刷しますよーと言われたが、

こんなん見たら注文しないわけにいかないじゃん!

全部はさすがに無理なので、結局1枚印刷、5枚データとして購入することにした。
20枚から5枚を選ぶのに夫婦そろって散々迷ったあげく、選んだのは以下の5枚である。

ルーア01
印刷用としても使用。文字も入れてもらった。
ルーアくん凛々しいよ(^o^)丿
レトリーバーマガジンの表紙に使えるんじゃないの、コレ(親バカ)

ルーア02
全身の正面図がほしかったので注文した1枚。
右唇のスペキュラーがちょっとやな感じ。でも、これぐらいならフォトショで修正可能である。

ルーア03
背中に花をしょったアップ図。
顔の角度もバッチシ!
ルーア、あんたきれいやで~。

ルーア04
唯一、顔左半分のショット。
バックが白いので、抜いて、色々加工に使用できそうである。

ルーア05
何気に気に入っているのがこの伏せポーズ。
超キュート(>_<)

伊豆高原一泊二日旅行顛末記-その3

2006 - 02/24 [Fri] - 19:00

ここわんわんパラダイスホテルでは、ワンコと一緒に入れるお風呂を1時間貸しきることができる。
もうこうなったら、できることは何でもやっておこう、という気になっていた我々はすぐさま予約、家族3人水入らずでお風呂を楽しもうと思ったのであるが、お察しのようにそう簡単にはいかなかったのである。

風呂
ワンコと入れる貸切風呂(画像左下の浅い浴槽にワンコを入れることができる)

ドライヤー
ドライヤーなど装備も充実

元々お風呂がそんなに好きではないルーアである。しかも、お昼にプールでトラウマをゲットしてしまい、湯船に入るどころか風呂場に入らせることすら一苦労であった。

入りたくない
はいりたくないよう

強引にルーアを抱き上げ湯船に入る。

いやだよう
いやだいやだ

よっしゃー、これでワンコと仲良くお風呂達成~

って、何か違う(T_T)

結局、その後も暴れつづけるルーアに強引にシャンプーして、乾かして、疲れ果てた状態でお風呂を終えたのであった・・・・。

ええ、もう2度と一緒に入ろうなんて思いませんとも!

伊豆高原一泊二日旅行顛末記-その2

2006 - 02/24 [Fri] - 18:45

夕食はホテル内のレストランで食べた。
ここならルーアと一緒に食事を楽しむことができる。
いつもは、ルーアにはドッグフードと限られた食材しか食べさせていない。アレルギーなど健康面に留意してのことである。ドッグカフェでワンコと一緒にお食事といえば聞こえはいいが、今までは我々が食べている間中ルーアは足元で待たされていた訳である。これでは、ルーアも楽しいはずがない。
ここわんわんパラダイスホテルのレストランのワンコ向けの食事のメニューは充実している。折角の家族旅行なので、今回はルーアが食べても大丈夫そうな物を数点選んで我々と一緒に食事楽しむことにした。

そこで選んだのが、
「わんばーぐ」
「まぐろの角煮」
「わんぺん」
の3品である。
このレストランでは、小型犬向けに少なめ、大型犬向けに多めなどのリクエストに答えてくれるので非常にうれしいポイントである。
当然ルーアには大盛をお願いした^_^

食事
左が「わんばーぐ」右が「まぐろの角煮」

食事
「わんぺん」

いつものように足元でふてくされていた(ように見える)ルーアであるが、目の前に見たことのない食事が並べられると、最初は戸惑いながらも一口二口食べ始め、終いにはガツガツとものの数分でペロリと平らげてしまった。

食事中
ガツガツ・・・

もうないの?
もっとください

もう少し味わって食えよ・・・(T_T)

ルーアの食事のスピードが圧倒的に速すぎて、結局我々が食べ終わるまで、いつものようにルーアが待つはめになってしまった。
うーん、やはりワンコと一緒に食事を楽しむのは難しいな・・・。

伊豆高原一泊二日旅行顛末記-その1

2006 - 02/24 [Fri] - 18:45

いや~、行ってきましたルーアと共に初のお泊り旅行へ。
ワンコと一緒に出掛けるお泊り旅行は今回が初めてだったため、色々と面白い出来事があり、かなり楽しい旅行になった。これから先何十回、何百回とルーアと共に旅行へ出掛ける機会があるだろうが、今回の初旅行の思いではいつまでも記憶に残っていると思う。それほどに感慨深い旅行であった。

伊豆高原を行き先に選んだのは、自宅から車で3~4時間ぐらいで行けて、この辺りにはワンコと泊まれる施設が多いためである。
ルーアにとっては初めてのお泊り旅行であるので、宿選びは慎重に行い、その結果、伊豆高原わんわんパラダイスホテルに決定した。
宿選びの際のポイントは
①館内をワンコと共に自由に行動できること
②ワンコへの配慮が充分になされていること
③ワンコ用の遊興施設が充実していること
である。
大型犬を対象にした場合、これらの条件を満たす施設は他にもいくつかあったが、決め手となったのはわんわんパラダイスホテルにはワンコ専用の温水プールがあることであった。
今でこそ、ルーアも家庭犬としてぬくぬくと暮らしているが、そのご先祖様といえば、撃ち落された鳥を追って水の中を泳いで渡る回収(レトリーブ)犬だったのである。ルーアの体にも脈々とその血が受け継がれているわけで、ここはひとつルーアくんの泳ぎっぷりを拝ませてもらおうという企画である。

2/24(金)朝9時出発。
途中少し休憩をとりながらも、平日なので、渋滞することもなく3時間チョイで伊豆に到着。

海の見える駐車場
休憩ポイント、海の見える駐車場にて(雨が降り出すギリギリ前)

しかしながら、昼前から振り出した雨が激しくなり、途中立ち寄ろうかと思っていたいくつかの場所(グランバル公園やしゃぼてん公園など)はあきらめて、そのままホテルへ直行、少し早めにチェックインを済ませる。

天候を恨みながらも、部屋とホテル内の散策を行う。
部屋はちょっと広めのメゾネットタイプ(3人泊まれる)。階段で上の階と下の階に分かれており、上の階はベットルームとバスルーム、下の階は和室とソファルームになっており、二人と一頭ではかなり広々と使える大きさである。さらに、ワンコ用のトイレやペットシーツ、食器、リードを引っ掛けるフックなども常備されており、さすがはワンコと泊まれるホテルを売りにしていると感心してしまう。また、ホテルのそこかしこにはワンコが粗相したときのための糞とり紙やタオル、消臭スプレーなどが常備されており、至れり尽せりであった(しかし、それを本当に使用することになるとは・・・(T_T))。

ベットルーム
ベットルームにて

エチケット袋
ワンコが粗相したときのため、館内のいたるところに常備されている。
(まさか、うちもお世話になるとは・・・)

ルーアは最初、室内の階段の上がり降り(特に「降り」)ができずにいたが、
我々夫婦が下の階に移動して、ルーアを上の階に置き去りにしたら、最初はヒンヒン鳴いていたが、そのうち自力で階段を下りてこられるようになった^_^;

階段
降りられないよ~

館内でワンコは、基本的にリードにつないで移動しなくてはいけないが、お泊りする室内以外に、ドッグガーデン、ドッグラン、ドッグサロンなどの施設ではリードを外すことができる。

早速、ドッグガーデンに行った。
ドッグガーデンはホテルの屋上に作られた、人工芝が敷き詰められたドッグランである。
リードを外されたルーアは、長時間車の中で窮屈な思いをした欲求不満をはらすかのように縦横無尽に駆け回っていた。

駆けるルーア
雨の中駆け回るルーアくん「いやっほ~い」

雨が降っているためか、ルーア以外のワンコがいない。
しばらくそのまま遊ばせていたが、いよいよドッグガーデンに隣接するドッグプールへとルーアを連れて行くことにした。

ドッグプール
ドッグプール

ドッグガーデンとドッグプールを仕切る扉を開けてやるとルーアは駆け込んでいく。こちらが扉に鍵をかけている間にバッシャーンというルーアがプールに飛び込む音がした。
あらら、もうプールに入っちゃったのか~。しかし、さすがはレトリーバー、やはり泳ぎは大得意か~などとカミサンと話しながらプールサイドに向かうとそこにはプールの中で溺れているルーアくんがいた。

ええ~~~~っ!ヽ( ゜□ ゜;)ノ

何とかプールサイドにしがみつき、上がろうとするルーアくんであったが、前足は引っかかるが後ろ足を引っ掛けることができず、足掻いている有様は「こいつ本当にフラットか( ̄‐ ̄*)」というほどに情けない姿であった・・・。

<ルーアくんがプールに落ちる決定的瞬間>

無防備にプールサイドに近づくルーアくんであったが、

プールサイドで・・・
わ~い、なにこれ~

前足を滑らせてそのままプールの中落ちてしまい、

ルーアくん転落
あうっ

犬かきで必死に泳ぎ・・・

泳ぐ(溺れる?)ルーアくん
ひええええええええ

ようやくプールサイドにたどり着くが、上がれないでいる。

プールサイドにしがみつくルーア
上がれないよ~

ひとしきりカミサンと二人で情けないルーアの姿を見て大笑いしていたが(ひどいよ! by ルーア)、ようやくカミサンがルーアを引き上げ事なきを得た。

カミサン救助
↑目はしょぼしょぼで、毛が体にぴったりと張りついて、何か違う生き物みたいになっている。

この後、ルーアはプールにはほとんど近づかなくなり、ルーアが颯爽と泳ぐ姿を見ることはできなかった・・・。
こうしてルーアくんはまたしても新しいトラウマをゲットしたのであった・・・・。

続く

世田谷公園へ行ってきた。

2006 - 02/23 [Thu] - 17:13

世田谷公園へルーアと出掛けた。

世田谷公園
行きますよ~

他の多くの公園と同じく、ここもノーリードは禁止されているのでルーアをリードにつないで散策するが、ノーリードにしている飼い主がちらほらと見受けられた。
主に小型犬を連れている人に多いようである。おそらく、小型犬ならたいしたことないだろうという軽い気持ちからなのだろうが、あまり感心できたものではない。

看板
公園内にあった看板

公園内には噴水やミニSLなどがあったが、ミニSLは本日は運休であるようだ。
ちょっと見たかったので、残念である。

噴水
噴水だ~

ミニSL
ミニSL。でも、入っちゃいけないんだって。

ぐるっとひと回りし、さて帰ろうかと思ったが、何となく物足りないので、急遽近くにある駒沢オリンピック公園のドッグランへ行くことにした。

ドッグラン内には平日であるにも関わらず、結構な数のワンコがいた。
前に来たときのように、いきなりマウントされたりしないように辺りを伺いながらリードを外し、ルーアを自由にする。

今回も色々な犬種がいたが全体的にルーアより小さいワンコが多いようで、あまりルーアと遊んでくれそうなワンコがいなかった。そんな中、すらっとした手足の長いドーベルマンが少しルーアの相手をしてくれたのでよかった。

ドーベルマンと遊ぶ
お・・・重いんですけど・・・

たっぷり遊んだルーアは帰りの車の中や家のソファでもぐっすり眠りについていた。
いいなあ、幸せそうで!

犬本紹介その2-「SONIA-白くなった黒ラブ・ソニア」

2006 - 02/22 [Wed] - 12:42

黒ラブのソニアは、愛するご主人が亡くなってから毛の色が白くなり始め、とうとう全身が真っ白になってしまった。これは、黒い毛が白く変わってしまうほどご主人を思いつづけた黒ラブソニアと飼い主との絆の物語である。

テレビ「ポチたま」で放映されて話題になったらしい(未見)ので、書籍を買って読んでみた。
ソニアとの出会いから交流、そして別離までを簡潔な文章で淡々とまとめられている。妙に装飾された表現などを使わずにソニアのストレートな愛情表現とそれに対するご主人の反応が簡潔に描かれているのがかえって涙を誘う。

自分は犬を飼い始めてまだ数ヶ月なのでしょうがないのかもしれないが、ルーアの考えていることが良くわからないことが多々ある。書籍などから得た知識でなんとなく想像はつくのであるが、本当にそれが正しいかどうかというのは当のルーアにしかわからない(ああ、ソロモンの指輪があれば・・・)。
自分はルーアに慕われているのか、ただの餌出しマッスィーン1号だとしか思われてないのではないか(2号はカミサン)、などと時折不安になってしまうが、この本を読んで、言葉なんか通じなくても人と犬との間には深い絆を結ぶことができるのだと教えてもらえた気がする。

犬を飼っている全ての人に読んでもらいたい一冊である。

ルーアくんは俺が死んだら悲しんでくれるかな?

ソニア
むずかしくてよくわかんないよ・・・・

フラットグッズ

2006 - 02/22 [Wed] - 11:18

フラット・コーテッド・レトリーバーのグッズは非常に少ない。
同じレトリーバーでもゴールデンやラブのグッズはたくさんあるのだが、フラットのグッズはそれらに比較すると明らかに少ない。
車に貼るステッカーや携帯につけるストラップなど嫌がらせじゃないかと思えるほどフラットのものだけ製造されていない。

そんな時、偶然立ち寄ったホームセンターにフラットのフィギュアが置いてあった。フラットという文字を見ただけで、うれしくて、衝動的に購入してしまったのであるが、家に持ち帰ってよくよく見てみると、

これ、フラット・・・・?

というような一品であった。
いや、言われてみれば確かにフラットなのだが、なんかこう・・・、少なくともうちのルーアとは違うかなあ・・・。

どんなのかというと・・・。

尻尾アーップ!
尻尾
毛がフサフサで何となくフラットらしい。

胸アーップ!
胸
毛がフサフサというよりなんかただ太っているだけのような・・・。足も短いし・・・(T_T)

顔アーップ!
顔
え、ええー?これ、ラブラドールじゃあ・・・。

角度変えて、顔アーップ!
顔
やっぱりラブじゃあ・・・。それにしてもこのつぶらな瞳は一体・・・・。

全体像
全体
なんか微妙・・・

カミサンにも何でこんなの買ったんやーって叱られてしまった┏(´o`|||)┓ガックリ

せっかくなので、ルーアくんと一緒に記念撮影

記念撮影
はい、チーズ・・・

攻撃!
!!!

やったぜ
ルーアくん・・・・(T_T)

公園はしご

2006 - 02/21 [Tue] - 16:13

雨が!雨がやんだぞ~!!
快晴ではなくどんよりとした曇り空であるが、雨さえ降っていなければそれでOKである。

ルーアを車に乗っけて、カミサンを会社に送り届けた後で(なんて、よくできた旦那様!)、そのまま岸根公園へと出掛けた。

岸根公園
早く行こうよ~

公園に入るや否や、小さな子どもが「おっきいわんわんだ~」と近づいてきた。ルーアも興味津々で近づいていったので、かなり警戒してリードを握っていたのであるが、ルーアは吠えたり、噛んだり、飛びついたりすることもなく、ゆっくり近づいてペロっと子どもの手を舐めておとなしくしていた。
それを見た子どものお母さんは「わんちゃんおりこうさんだね~」などといっていたので、何となくうれしくなってしまった。

おっきいわんわんだー
こんにちは~。

レトリーバー系の犬は人間の子どもにやさしいと何かの本に書かれていたのであるが、やはりうちのルーアの遺伝子情報にも刻み込まれているのであろうか。

遺伝子情報に組み込まれていると言えば、この公園にはルーアの本能を刺激するものがもうひとつたくさんいた。

それは・・・

鳩
ハトである。

ハトを見つけたルーアはリードに繋がれていることも忘れて、ハトめがけて飛び出した。

鳩だー。
ハトだーーーーー!!

鳩だー!
まてまてーーーー!

鳩だー!
まってってばー!

鳩だー!
まって・・・お願い・・・

逃げちゃった・・・
逃げられちゃったよ・・・

その後もハトを見かけるたびに何度かトライするルーアであったが、うちでぬくぬくと育っているようなワンコに野生のハトを捕らえることは到底不可能なことであった。


その後少し周りを散策して、車で次の目的地である王禅寺ふるさと公園へと向かった。
そう、今日は公園ふたつをはしごである。

王禅寺ふるさと公園
ちょっち疲れたかな・・・・

階段つらいー
登るの~?

まだ、登るの~
まだ、登るの~?

さすがに、朝きっちり1時間散歩したあとに公園ふたつはしごはきつかったようで、ルーアの歩くペースが遅くなっている。

それにしても、平日の昼間だからであろうが、人っ子一人いないのは寂しくてしょうがないものである。

広場
誰もいない・・・

ルーアも疲れてきたので、とっとと切り上げて帰ることにした。

岸根公園は広場が大きく、犬連れの人もちらほらいて楽しかった。
なにより、ルーアがハトをうれしそうに追いかける様が見られてよかった。
王禅寺ふるさと公園は疲れていたため早めに切り上げたが、ほとんど人がいなくて寂しかった。

お疲れさん、ルーア。

雨はつまらん(>_<)

2006 - 02/20 [Mon] - 19:12

今日は雨だったので部屋の中でルーアと遊んで過ごした。

ルーアを抱っこ
まずはルーアくんとハグする。

ルーアとスキンシップ
さらに床に寝かせて体中をさすりまくる。

しばらくこれを続けると・・・

ルーア怒る
ルーアくんキレる。                 鬱陶しい~

ソファに退避
ソファに退避。                ほんとにもう・・・・

ソファで寝る
寝る。                 いい加減にしてよね・・・・

あ~、雨の日はつまらん(>_<)。

都立神代植物公園再び

2006 - 02/19 [Sun] - 22:47

今日は俺・カミサン・ルーアの3人で都立神代植物公園周辺にある自由広場とドッグランさらに深大寺周辺も散策した。

俺とルーアは2度目である。
前回来た時は平日ということもあり(2/14日記参照)ほとんど人がいなかったドッグランであるが、今回は日曜日だったのでそれなりに人がいた。

ドッグラン
人が多すぎず、少なすぎずちょうどいい感じであった。

雰囲気も、ワンコ達がのんびり自由に遊んでいて、とても良い感じであった。駒沢オリンピック公園ドッグランの時のように、いきなりマウントしにくる犬などもおらず、ルーアもそれほど怯えることなく自由に遊んでいた。

そのうちバターになる^_^;
カミサンの周りをぐるぐる回るルーアと黄ラブ、ジャックラッセル

黒ラブと
黒ラブくんとご挨拶

今回、ルーアと最も仲良く遊んでくれたのはシベリアン・ハスキーであった。

ハスキーと
ルーアよりひと回り大きい

ハスキーと遊ぶ
楽しそう~^_^

カミサンと駆ける
カミサンと一緒に駆けるルーア

ドッグランで遊んだ後は深大寺をぐるりと散策した。

深大寺乾門
深大寺乾門にてルーアと記念撮影

団子を買って・・・

だんごを見つめるルーアくん
お団子食べたいの~

和風オープンテラスで食べる^_^

ルーアと団子
お団子ちょうだいってば~

ルーアくんとお参り
何をお願いしているのかな?

だるまと
もうすぐだるま市があるって

深大寺散策マップ
深大寺散策マップ

いや~、予想以上に楽しかったよ、深大寺。
自宅から車で30分弱のところで、こんなに観光気分に浸れるとは思わなかった。
これからもちょくちょく遊びに来よう。

ルーアヌードル

2006 - 02/18 [Sat] - 18:11

本日、母が3泊4日の滞在を経て、大阪へと帰っていってしまった。
結局、ルーアとの距離が縮まらなかったのが心残りであるが、今度は我々がルーアを連れて大阪に帰省することを楽しみにしようと思う。

母を車で新横浜に送っていったのであるが、折角なのでラーメン博物館へ行った。
我々夫婦もはじめて行ったのであるが、予想以上に楽しめて満足であった。

そこでは、色々な店舗のラーメンを楽しむことができるほかに、世界でただひとつのオリジナルカップヌードルが作れるのである。
といっても、それ程大層なものではなく、容器にマジックで絵を書いたり、スープの種類や具を選ぶことができるだけであるが、やってみると意外に楽しかった。

という訳で、世界にただひとつの「ルーアヌードル」を作ってみた。

ルーアヌードル
これが世界でただひとつのルーアヌードルだー!!



絵が下手すぎる・・・・・_| ̄|● il||li


どう見てもルーアに見えないばかりか、犬じゃねえし・・・。色もレバだし・・・。


違うねん、違うねん、しょうがないねん、めっちゃ描きにくかってん。
そもそも、カップにマジックで絵は描きにくいし、周りはガキンチョがいっぱいで恥ずかしかったし、変に慌ててもうたし・・・。

帰って、家で留守番をしていたルーアにおみやげとしてあげてみた。

ん?
誰ですか、この絵は?

え?い、一応、ルーアくんのつもりやけど・・・。

・・・・・あたち!?

うがー!!
全然似てへんわー!!(ウガー)

ルーアくん・・・(T_T)


<ルーアヌードル レシピ>
スープ :シーフード
具材  :豚肉、ガーリックチップ、チェダーチーズ、コーン

詳しくは新横浜ラーメン博物館

ルーアくん、それちゃう・・・

2006 - 02/18 [Sat] - 02:12

ルーアは手などによくじゃれてくる。
最近はほとんど甘噛みすることがなくなり、基本的には手をペロペロと舐めてくるだけなのだが、時折口を大きく開けて噛む素振りをすることがある。
とはいえ、そういう時はコラッと少し叱るとすぐに引き下がるようになった。

ルーアはじゃれてくるときに生身と装飾品類を区別しているようである。
上記のように生身には歯を立てることはなくなったが、指輪や着ている服などを噛む癖はまだまだあるようである。また、我々も生身じゃないからいいか、と若干許していたことも事実である。

これは、そんな油断が招いた悲劇の話である。

ある日のこと、お風呂前の運動を終えて、さてお風呂に入ろうかと上半身裸のまま居間に入っていったところ、いつものようにルーアがじゃれてきた。

よしよし、とかがんで相手をしてあげるとペロペロと体を舐め始めたのであるが、突然胸辺りに激痛が走った。

なんや、何が起こったんやー、と胸を見てみると、そう、察しの良い人はお気づきだと思うが、ルーアが乳首をカジカジしていたのである。


ルーアくん、それ装飾品ちゃう・・・(T_T)


いや、男やからある意味装飾品かもしれんけど、痛いねん、齧られると・・・。

慌ててルーアを引き離すが、ルーアはきょとんとして何だかわかっていない模様。

ルーア・・・・・恐ろしい子(白目で)


(注)ここから先は下品になります。女性は読まないでください。

続きを読む »

ルーアくん下痢便(T_T)

2006 - 02/17 [Fri] - 23:50

(注)少し汚い話です。生理的に受け付けない人は読まないほうがいいです^_^;

今朝、ルーアが朝の散歩を待たずウンコをした。

めずらしいな~と思って片付けるとあまり間をおかず、またウンコをした。今度は少量で軟便であった。
これまた、それほど珍しいことではなかったので、気にせず散歩へ連れて行くが、散歩中はウンコをしなかった。
まあ、家であれだけしたからなあと思い、やはり気にもしていなかったのであるが、散歩から帰って食事をした後にまたウンコをした。
軟便である。

さすがにおかしいと思い始めたところ、その後、立て続けに2度ほどウンコをした。いずれも軟便であった。

これは下痢したかなと思い、医者に連れて行こうかとも思ったがウンコを頻繁にする以外には特に異常はない(元気だし食欲もある)し、ウンコにも血やおかしなものが混じっていたりすることもなく、臭いもそれ程おかしくなかったので今日1日は絶食して様子を見ることにした。

別に医者に連れて行くお金が惜しいとかそういうことではなく、あまり過保護にしすぎてもどうかと思い、ここはひとつルーアの野生の力に(そんなものがあれば)期待してみようかと思ったのである。
その後、夕方ぐらいまでウンコをすることがなかった。
ルーアの様子もいつもと変わらない。

これなら夜ご飯はあげても大丈夫かなあと思っていた矢先、おしっことウンコを交互に繰り返すようになった。
しかも、ウンコはほぼ液状のものである。
まさに、下痢便という感じだったので、ウンコの瞬間に少し回りに飛び散ってしまう(人間の下痢便と同じ)ので、ルーアがウンコ姿勢に入ったときに、用意していたティッシュの束をルーアのお尻にあててなるべくまわりに飛び散らないように気をつけなくてはならない。しかも、お尻に近すぎると今度はお尻の毛にウンコがこびりついてしまうので、近すぎず離れすぎずの職人芸が要求される。
しかし、これが手に少量のウンコが飛び散ってきてしまうのである(-_-;)

何度かこれを繰り返し、明日は朝一でお医者さんに連れて行くかなと思っていたが、何度目かのウンコで固いウンコがまとまって出てきた。

おおっ?

その後様子を見ているとルーアはハウスに入り、眠りについた模様である。

どうやら峠を越えたようである。

結局、原因はなんだったのか。
考えられるのは以下の3つである。
①環境の変化
 母がやってきて、それがストレスの原因となった。
②拾い喰い
 気づかずに変なものを食べてしまったことがあったのかも・・・。
③ドッグフードの移行
 実はいつも上げていたドッグフードを切らしてしまったので、代替の物を使用していた。

まだ、完全に治ったわけではないので何ともいえないが、もう少し注意して経過を見守ろうと思う。


さて、ここで問題です。
この文章の中で一体何回「ウンコ」と書いてあったでしょうか。

母がやって来た その3

2006 - 02/17 [Fri] - 23:45

母が上京してきて3日目の朝である。

いつものように、俺、カミサンと起きてルーアと家族団欒の一時を過ごしていた。
そして、そこに少し遅れて母が部屋に入ってきた。
すると、ルーアが居間のドアが開くや否や

ウワン

と一声吠えた。

吃驚した。

吠えられた母も驚いたであろうが、周りにいた俺とカミサンはもっと吃驚した。
ルーアが吠えるとは。
しかも、人に向かって吠えるとは、家に来てから今まで一度もなかったことである。

吠えた後、ルーアは母に気づいたのか少しすまなさそうな感じであったので、多分、いつも俺、カミサン、自分の面子だった中にもう一人部屋に入ってきたので知らない人だと勘違いしたのであろう。

それにしても、ルーアがこの状況で吠えるということはひそかに番犬としての能力も期待してもいいのだろうか。

母がやって来た その2

2006 - 02/16 [Thu] - 11:15

ようやくルーアが母に慣れてきたと思ったら、今朝少し事故があった。

カミサンが会社へ行くときに、玄関で母が見送ってくれていたのであるが、たまたま玄関に通じる居間のドアが開いていたためルーアが外へ飛び出そうとした。
母がそれに気づいて慌てて玄関のドアを閉めようとしたのであるが、その時ルーアの足を玄関のドアで少しはさんでしまった。

キャイーン

ルーアは一鳴きするとダッシュで居間に駆け戻り、ソファに飛び乗りお座りしていた。

歯を磨いていた俺は慌ててルーアの足を調べたが、特に外傷はなく、少しきつめに握っても痛がる素振りを見せなかった。また、歩き方にも不自然なところはなかったのでどうやら問題ないようである。

母もかなり心配していたので、問題ないと伝えると安心したようであった。

とはいえ、ルーアはそれからしばらく母を警戒するようになってしまった。

トホホ・・・(T_T)。

母がやって来た その1

2006 - 02/15 [Wed] - 23:27

実は今週から長期休暇に入っている。
なので、以前からルーアに会いたいと言っていた母をこちらに呼び寄せた。
本日から今週末の土曜日まで滞在する予定である。

さて、母にはじめて会ったルーアの反応であるが、避ける、とにかく避ける。一瞬ペロッと手を舐めたかと思ったら、尻尾を股にはさんで避けまくっているのである。
うーん、ここまで人見知りが激しいとは思わなかったな・・・。

しょうがないので、母の手からおやつを少しあげてもらう事にしたが、そうすると少しなれたようで、避けることはなくなったが、相変わらず尻尾の反応は悪い。

ルーアはお留守番でかわいそうであったが、会社帰りのカミサンを拾って、母・カミサン・俺の3人で鷺沼にあるとうふ屋うかいに夕食を食べに行った。

庭園が見える個室で、落ち着いた雰囲気で食事ができてなかなか満足であった。また、店の売りである豆水とうふなど料理も絶品で一人5000円ちょっとで十二分に味を堪能できた。

血汚冷吐

2006 - 02/14 [Tue] - 23:54

カミサンにチョコレートたくさんもらったので記念アゲ。

チヨコレート
チョコ好きっす(^o^)丿

ホワイトデーは倍返しか・・・・。

一発ネタ

2006 - 02/14 [Tue] - 22:01

おらあ、まっしろに燃え尽きたぜ・・・
まっしろに燃え尽きたルーアくん・・・

都立神代植物公園に行って来た。

2006 - 02/14 [Tue] - 20:28

正確には神代植物公園の通り向こうにある自由広場とドッグランに行って来た(神代植物公園はワンコの立ち入りが禁止されている)。

自由広場の手前で記念写真。
自由広場
早く行こうよ~

大きな広場がある。
自由広場
早く早く。

自由広場ではノーリードは禁止されているので、ロングリードに切り替えてしばらくルーアと散策する。
平日の昼間ということもあり、人が少なく快適である。

自由広場
ポツーン・・・

しかし、それでも犬の散歩をしている人は何人かいるもので、ルーアは挨拶に余念がない。

こんにちはー。
こんにちはー

こんにちはー。
遊ぼうよ

しばらく、広場で遊んでから今回の目的であるドッグランへ行く。
自由広場から歩いて数分のところにドッグランはあった。

ドッグラン
ドッグラン

サッカーグラウンドほどの大きさの広場が2面あったが、やはり、人が少なく、柴仔犬を連れた老夫婦一組だけである。
とりあえず柴仔犬に挨拶をし、反対側の一角でルーアと遊び始める。

ぽつーん
貸しきり状態で走り回るルーア

しかし、やはりすぐに飽きてしまい、もう一度自由広場に戻ることにした。
リードを外すことができないなど不便なところもあるが、ここで一人で遊んでいるよりましである。

この後、自由広場で3ヶ月のダックスと遊んでもらった。最初のうちは仲良く遊んでいたのであるが、興奮してしまったルーアは自分より半分以下しかない大きさのダックスに覆い被さろうとしてしまい、慌てて引き離した。
ダックスの飼い主さんは笑って許してくれたが、やはりルーアより体の小さなワンコと遊ばせる場合には注意が必要だなと実感した。

まったく、ルーアも自分がやられて嫌なことは他のワンコにもしちゃいかんだろが!

広場には鳥もいて、ルーアの野生の本能を刺激しまくりであった。

見上げるルーア


ルーアが見上げる先には・・・・

鳥だ!


鳥がいる^_^;


さて、当初の目的のドッグランは他にワンコがいなかったため、あまり楽しむことができなかったのであるが、自由広場では他のワンコと触れ合えたりできたので楽しかった。
今日は特に日差しが暖かかったので気持ちよく楽しむことができた。

熟睡ルーア
帰りの車の中で熟睡するルーアくん

忠犬ルーア?

2006 - 02/14 [Tue] - 12:11

ルーアを部屋に残して他の部屋に行き、しばらくしてから戻ってみると、ルーアは自分が出て行ったときのままドア付近でおすわり(もしくは伏せ)をして待ってくれている。

「お、ルーア待っててくれたんや~、忠犬ハチ公のようじゃのお、おまえは~」

と素直に喜んでいたのであるが、今朝その真相が明らかになった。

いつものように、トイレに行くために、部屋を出ようとするとルーアがついてきて、ちょこんとおすわりをして見送ってくれる。
トイレに入り、ふと思いついてトイレのドアを閉めずに用を足し、ルーアの様子を観察することにした。
(注)居間のドアは一部すりガラスになっていて、中の様子を伺うことができる。
すると、ほんの数秒後ルーアはたったったーとドアを離れて歩いて行き、一瞬後ドサッと音がした。どうやらソファに飛び乗りくつろぎ始めたようである。

用を足し、部屋へ戻ろうと一歩踏み出すとルーアが慌てて元の場所に戻っておすわりをする気配を感じた。
ドアを開けるとルーアは尻尾フリフリ、あたかもずっとここで待ってましたよ~という感じで擦り寄ってくる。

うそつけ!おまえ、ソファでくつろいでたやん!

そうか、そういうことか。
部屋を出るときと戻ってきたときに、ルーアが全く同じ場所で同じ姿勢でいたので、じっと待っていてくれたのだと思っていたがそうではなかったのか・・・。
いやまあ、そう思い込んだのはこっちの勝手なんだが、ちょっと残念・・・。

んな訳ないやん
んな訳ないやん。

K's PETドッグラン

2006 - 02/13 [Mon] - 23:52

青葉台にあるK's PETドッグランへ行った。
ここは130坪ぐらいの広さの土地にベンチや椅子、ジャンプ台などが設置されていて、ほんの少しアジリティの真似事ができるようになっている無料ドッグランである。

ジャンプ台
少しだけどアジリティの設備がある

ベンチ
椅子や犬用の食器まで完備されている

ルーアの他の犬への苦手意識克服を目的として行ったのであるが、平日ということもあってか、他に犬が全くいなかった。

う~ん、意味ないなあ(-_-;)

仕方ないのでルーアにジャンプのバーを跳ばせたり、ボールを投げてとって来いさせたりしていたのであるが、ここでもやはり神は舞い降りた。

ジャンプ!!
ジャーンプ!!

1時間ほどたって、ルーアも飽きてきてそろそろ帰ろうかと思っていたところ、一台のワゴンがドッグラン入り口に横付けされた。
中からミニピン(ミニチュア・ピンシャー)を抱いた女性が降りてきたので、ルーアの遊び相手になってくれるかな、などと考えていたのであるが、その女性はくるりと車の後ろにまわりこみ、ハッチバックを開けた。すると、中から出てくる、出てくる、総勢6頭のミニピンがぞろぞろとドッグランに入ってきた。
ドッグランに入ってきたミニピン達はそれぞれ好き勝手に動き回っていたが、我々に気づくやあたかも群れをなして襲い掛かるコンピーのように近寄ってきた。
昨日のマラミュート軍団に引き続きミニピン軍団に囲まれたルーアはワンワン、ヒャンヒャンとせわしなく動き回るミニピンに当惑している様子である。

逃げるルーア
いや~ん

マラミュート軍団のように力でねじ伏せられるようなことは当然なかったが、吠えられることが苦手なルーアは、少し吠えられたり飛びついてこられたりすると。慌てて戻ってきてベンチの下にもぐりこんでしまうのであった。

結局、その後は俺から離れないルーアを連れて早々に退散することにした。
1度目はゴールデンに押し倒され、2度目はマラミュート軍団に追いかけられ、3度目はミニピン軍団に吠えられたルーアくんであったが、さて4度目はどうなるのかちょっとばかり楽しくなってきたぞ。

さて、次はどこのドッグランに行こうかなあ、ルーアくん。

DOG COMに行って来た。

2006 - 02/12 [Sun] - 18:37

犬と猫のテーマパーク「わんにゃんワールド多摩」に併設されているDOG COMへと行って来た。
DOG COMはワンコを自由に遊ばせられるドッグランやワンコ同伴可能なドッグカフェ、グッズコーナーなどの施設があるコミュニティスペースである。

DOG COM
行きますよ~

まずは受付けにて必要事項を記入。

ドッグラン受付け
カキカキ・・・

その後、係員に案内されて大型犬専用のドッグランへ向かったが、有料ドッグラン(1500円)であるためか、あるいは朝早かったためか、コリー(シェルティ?)とゴールデンの二頭しかいなかった。


寂しい・・・(T_T)


まあ、前回の駒沢オリンピック公園の時のようにいきなり襲い掛かられる(2/5(日)の日記参照)危険性が少ないからいいか~などと思い、しばらくルーアを自由に遊ばせていた。

仲良く遊ぶ3頭
仲良く遊んでいる。

しかし、幸薄いルーアくんのこと、このまま無事に済むはずはなかった。
しばらくすると、マラミュートが3頭やって来た。

マラミュート
マラミュート軍団登場!


でかっ!( ̄ロ ̄;)


3頭ともかなりの大きさであるが、中でも1頭飛びぬけてでかいのがいる。

逃げ腰のルーア
で、でかい・・・

後で聞いた話では、そのでかいの以外の2頭はルーアと同じぐらいの年齢であったが、それでもルーアのふたまわり以上はでかかった。

3頭のマラミュートはこわい外見とは裏腹に気さくな性格らしく、ルーアを見つけると尻尾フリフリ、遊ぼうと近づいてきた。
しかし、怯えて逃げるルーア。

逃げるルーア
遊ぼう!遊ぼう!

尻尾を股にはさんで逃げ出すルーア
腰砕けのルーアくん(情けない(T_T))

緊張が頂点に達したルーアくんはとうとうダッシュで逃げ出すが、それを追いかけっこと勘違いしたのか、マラミュート軍団はそろってルーアを追いかけ始めた。


狩りだ!狩りが始まった!


ダッシュ!
逃げるルーア!追い掛けるマラミュート軍団!

しかし、マラミュート3頭に太刀打ちできるはずもなく、すぐにルーアは取り押さえられてしまった。

なす術なし・・・
観念してなされるがままのルーアくん

この後、マラミュート3頭はルーアには興味を失ってしまったのか、マラミュート同士で遊んでいたのであるが、あまりの迫力にすっかりびびりまくりのルーアくんであった。

遠巻きに眺めるルーアくん
どん引きのルーアくん

こうして書いているといじめられっぱなしでかわいそうな感じであるが、それでもその後は、後からやって来たボルゾイちゃん達と楽しく追いかけっこをしていたので、それなりに楽しんでいたのではないかと思う。
うちは平日は長いことバリケンで留守番をさせているので、こういう広い場所でのびのびと走り回るルーアを見るのはとても楽しい。

走るー
ダーッシュ!

帰ってくるとさすがに疲れたのか、ソファに横になってぐったりとしてしまった。

ぐったり・・・
疲れた・・・

通院2

2006 - 02/11 [Sat] - 19:06

外耳炎治療3回目である。

3回目ともなると、さすがにルーアも診察室に入るのを嫌がる素振りを見せ始めが、そんなルーアの気持ちとは関係なく、無情にもルーアを診察台へ上らせる。

基本的に犬は高い場所は苦手なので、診察台に上げるとルーアも少しは大人しくなる。

ところが、今日のルーアは一味違った。

やれやれと思い、少しルーアを持つ手を緩めるや否や、

ピヨーン。

うあ!ジャンプした。Σ( ̄□ ̄;)

逃亡を図ったルーアくん。
しかし、リードをしっかりと握っていたお陰で、後ろ足が診察台を離れる前にキャッチ!
事なきを得た。

こうして、わずか数秒で逃亡に失敗したルーアはいつものように地獄の拷問・・・じゃなくて診察を受けることになったのである。

いつもは飼い主である俺がルーアを固定するのであるが、脱走劇で不安になったためであろう、先生は助手の人に固定するように言った。

飼い主の面目丸つぶれ!ププーッ(≧Σ≦)ノ_彡☆バンバン!
↑いや、笑うところじゃないから、そこ。

尻尾が極限まで折りたたまれている
↑たくましい腕に抱かれて抵抗もままならないルーアくん(股の間からおりこまれた尻尾が出てる)

症状は順調に回復中。
まだ少し耳たぶや耳の穴の奥が赤くはれているようなので、もう少し通院の必要がありとのこと。

いや~、回復してきてるって。よかったなあ、ルーア。

あれ?

あーあ、いじけてバリケンに閉じこもっちゃったよ・・・。

バリケンに閉じこもるルーア
↑ひどいよ!

帰りに立ち寄ったホームセンターでもらった試供品のドッグフード(ニュートロ)少し上げるから機嫌直せよ、なあルーア。

おすわり
ほんと?

・・・すぐに機嫌直りました

ルーアの伏せ

2006 - 02/11 [Sat] - 18:22

ルーアくん、伏せ!

伏せ!
どうよ。

お、よーしよーし。

・・・ん?


足が・・・
だらーん。

なんだ、そりゃ。

それじゃあ、「伏せ」になってないじゃん。



全身
だって、楽なんだもん。

マジで?

・・・俺もやってみるかな。


並んで伏せ
こんな感じ?

上から見ると・・・・

上から見たところ
こ・・・股間が辛い・・・



カミサンがあきれて、どこかに行ってしまいました・・・。

行政収容猫

2006 - 02/10 [Fri] - 22:12

うちにもよく遊びに来てくれているキルパパのブログ『キルシェのモフモフ日記』にてタイトルにあるような記事を見かけました。

その大元である『行政収容猫の飼い主探し in 大阪』のHPにも行って、記事を見てみました。

この種の問題に対しては、色々な意見があると思いますし、私自身も明確な回答を持っているわけではないので、自分のブログにこの記事をのせるべきか迷いました。

とはいえ、やはり小さな命が消されようとしているのは見過ごすわけにはいかないと思い、微力ながら、少しでも多くの人の目に触れるように今回この記事をのせさせていただきました。

どうか少しでも多くの小さな大切な命が救われますように、祈っています。

行政収容猫の飼い主探し

ルーアのおねだり

2006 - 02/09 [Thu] - 16:23

ルーアのおねだりの方法を、俺はひそかに「北風と太陽作戦」と名付けている。

夫婦でご飯を食べているとルーアは尻尾をフリフリ近づいてきて、テーブルの上のおかずのにおいを嗅いだり、食べているこちらの口元に顔を近づけてきたりして、何とかご相伴にあずかろうとする。
うっとうしいことこの上ない。これが「北風作戦」である。

北風作戦が成功しないとわかるや、ルーアは「太陽作戦」に切り替える。
食べている我々の横にチョコンとおすわりをし(いいおすわりなんだ、これが!)、ジーッとこちらの顔を見つめ続けるのである。

最近でこそ慣れっこになり、その効力は薄れたが、最初これをやられたときはあまりの健気さにおかずを一切れあげそうになったほどである。

太陽作戦にはいくつかパターンがあり、状況によって使い分けているようである。
前述の良いおすわりをして待つパターンもあれば、伏せをして前足の上にあごを乗せて上目遣いにこちらを見上げたり、ハウスに入って遠くからこちらをジーッ伺っていることもあった。

いずれにしても、こちらにあげる意思がないとわかるや、ソファの狭い隙間にもぐりこんで、こちらに背を向けふてくされたように目をつむってしまう(ため息をついたりもする)。
機嫌を損ねたようであるが、ルーア用のご飯を用意してやればすぐに飛びついてきて、「ちょーだい、ちょーだい、早くちょーだい」と上機嫌になってしまうのである。

楽しい奴だな~、おまえは(^◇^)

ジトッ・・・
↑くれないの?

すねっ・・・
↑くれないのか・・・

吠える犬

2006 - 02/08 [Wed] - 23:39

ルーアはまったくといっていいほど吠えることがない。ヒーンヒーンとかクーンクーンとか鳴くことはよくあるが、ワンと吠えたことは家に来てから今まで一度しかない(12/31の日記参照)。これはしつけでそうなったというわけではないので、おそらくフラット自体があまり吠えない犬種なのであろう。

しかし、世の中にはよく吠える犬が存在するのもまた事実である。
番犬などのように吠えることそれ自体を目的としている場合にはしょうがないと思うが、敷地内に侵入したわけでもないのに、家の前を通りがかっただけでワンワンと狂ったように吠え立てる犬には閉口してしまう。

今朝の散歩中もそんな感じであった。
ルーアと一緒に、気持ちよく朝の住宅街を散歩していたのであるが、いきなりある家の庭からワンワンと犬が吠えてきたのである。
再三ブログには書いているが、ルーアは音に敏感で少し物音がしただけでもビクッとし、辺りをキョロキョロうかがうほどである。
ルーアは犬の吠え声が事のほか苦手らしく、遠くで犬がワンワン吠えているのがかすかに聞こえているだけでも固まって音のほうを凝視してしまう。
ましてや、至近距離で不意に吠えつかれたのではたまったものじゃない。脱兎のごとくルーアは駆け出し、それを追いかけるこちらも一苦労であった(リードで無理やり引き止めることも出来るがそれはしたくなかった)。

ある程度進んだところで立ち止まらせ、興奮しているルーアをおすわりさせて、体を撫でながら「大丈夫、大丈夫、所詮やつらは吠えることしか出来ない哀れな犬っころだから」などと適当に声をかけるが、まったくこちらの言うことは耳に入らない様子であらぬ方向に目を向けるている。
こんなときには、自分はルーアにとってまだ「いつも守ってくれる安心できるリーダー」だと思われていないなあ、と少し悲しくなってしまうのである。

ああー、それにしても悔しいのは吠えた犬っころである。今頃、「俺様がちょっと吠えただけでやつらは蜘蛛の子を散らすように逃げて行ったぞ。この家を守ったんだ」などとご満悦なのかと思うと口惜しくて仕方がない。

ショボーン
↑吠えられると哀しくなってしまいます・・・

 | HOME |  »

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

01 ≪│2006/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。