直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2006年01月21日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのシャンプー

2006 - 01/21 [Sat] - 19:34

雪の散歩から帰ってきて、いつものようにソファでルーアとくつろいでいたら何やら臭い。
雪と泥にまみれたせいか、ルーア臭(うちではこう呼んでいる)が何時にも増して強力である。
そういえば、ルーアのシャンプーってまだやったことなかったな。今日は時間もあるし、ついでにやってしまうか~。
と言うわけでルーアの初シャンプーを行った。

浴槽に10cmぐらいお湯をため、ルーアを入れると意外にもおとなしくしている。シャンプーをお湯で溶かして少しずつルーアの体を泡立てていく。
足の裏とお尻を念入りに洗って、シャンプー終了。
お湯でシャンプーを洗い流して、プルプルさせるためにルーアの耳に息を吹きかける(こうするとワンコはプルプルするらしい)。
カミサンとふたりでルーアを押さえつけて、ドライヤーとバスタオルでルーアの体を乾燥させる。

うーん、ルーア臭がほとんどなくなってしまって、ルーアの体の臭いの嗅ぎがいがなくなってしまった・・・。

頭の皮を引っ張られてぶちゃいくになったルーアくん

↑顔の皮伸びるな~。
ソフトフォーカスで色っぽいルーアくん

↑ルーアくんセミヌード。

スポンサーサイト

雪だー!

2006 - 01/21 [Sat] - 11:39

朝起きて、窓の外を見るとあたり一面銀世界・・・というほどではなかったが、雪が少し積もっていた。
二階からダッシュで駆け下り、ルーアと朝のハグを交わして朝食をとる。
ルーアにも朝食を与え、その間に散歩の準備を始める。
ルーアも気配を察したか、気もそぞろにドッグフードをほおばっている。

「ルーア、雪だぞ。散歩いこー」

待ってましたとばかりにルーアがリードに飛びついてくる。
まだ朝の7時半である。
これから最寄の公園に向かえば誰にも踏み荒らされていない雪の上で遊ぶことができる。
はやる気持ちを抑えきれずに玄関を飛び出すふたり。
雪は何故こうも人を興奮させるのだろう。

「いくぞー、ルーア」

と、始めてみる雪に尻込みするルーア。
リードを引っ張るとついてくるが、慣れない雪道に足をとられてツルツル滑って歩きにくそうである。しかし、ものの数メートルほど歩くとコツをつかんだのか、いつものようにグイグイと前に進んでいく。
こうなると、さすがは四輪駆動である。
いつもは引っ張られると引き戻すのであるが、足場が安定しないのでルーアについていくのがやっとである。

そうこうしているうちに公園に到着。
予想通り誰にも踏み荒らされていない一面の雪景色。
白い世界の黒い塊

↑ルーアくんの黒が映える~。

ルーアのリードを離すとうれしそうに駆け出した。
ルーアが走るたびに雪が舞い散る。うーん、画になるな~と思い眺めているとルーアが遠くに離れていこうとするので呼び戻す。
最近は多少外でも制御が効くようになっていた。
ある程度遠くに離れると、ルーアが不安そうにこちらを眺めるので呼ぶと戻ってくるようになった。もし、戻ってこなくても背中を向けて歩き始めると「置いてかないで~」という感じで走って追いかけてくるようになった。う~ん、成長したな~。
雪の中、ルーアと追いかけっこをしたり、取って来い遊びをしたりして散々楽しみ、雪が泥まみれになってきたので、さてそろそろ帰ろうかと思ったそのとき、携帯電話が鳴り出した。
カミサンからだ。
あ~、そういえば雪に興奮してだまって出てきたんだった。
恐る恐る電話に出ると、

「何で、起こしてくれへんかったん~」

とご立腹の模様。
雪の踏み荒らされていないもうひとつの公園で待ち合わせをする約束をして何とかその場をしのぐ。

さて、ルーア。今日はダブルヘッダーだ。
朝の散歩はまだまだ続く・・・・。

俺とルーア

↑ルーア君と記念撮影「こっち向いてよ・・・」

散歩の悩み

2006 - 01/21 [Sat] - 00:58

会社からの帰り道、家へ帰るコールをした時にルーアの様子を尋ねるとカミサンは「もう、ルーアと散歩に行かない(>_<)」と言った。カミサンが会社を休暇中だったので、夜の散歩をお願いしていたのであるが、何かあったようである。
慌てて理由を尋ねるとルーアの引っ張り癖と拾い喰いがひどく、注意し疲れてしまったようである。

あっ、やっぱり(-_-;)。

家の中ではとにかくおとなしく、言うことを良く聞くルーアであるが(親バカ)、一歩外へとびだと天上天下唯我独尊犬になってしまうのである。
こちらの言うことには一切耳を貸さず、自分の興味のあるほうへ一心不乱に突き進んでいく。
こちらも無料しつけ教室で学んだ付け焼刃のリーダーウォークで対抗するが、一向に引き癖が治まる気配が無い。リーダーウォークをはじめてまだ2週間かそこらなので、そんなに劇的な効果を期待してはいけないとわかってはいるのだが、こう毎朝毎晩同じ事を繰り返していると少しずつストレスも溜まってくるのである。
ルーアがリードを引っ張ってしつこく前へ出ようとするときに、時折感情的になって、リードを思いっきり引っ張ってルーアを引き倒してしまうことがあるが、そんなことがあった後も玄関に到着し、ドアの鍵を開けているときに横にちょこんとおすわりをして見上げるルーアを見ると罪悪感に胸が押し潰されそうになってしまう。

拾い喰いの癖も深刻な悩みである。こちらは、下手すれば命に関わることがあるので、常に気を配って拾い喰いしそうになると注意して吐き出させるのであるが、こちらが吐き出させようとすればするほど、ルーアはむきになって反抗する。困ったものである。
ルーアが飲み込もうとするものは石ころ、砂、ティッシュ、ビニールのロープなどバラエティに富んでいる。少しでもそれらに近づこうとすればリードを引っ張って近づけないようにするのであるが、ルーアにとってはそれもストレスに感じているようである。

現状を打開するために本格的にしつけ教室に通うべきなのかと考えているが、今ひとつしつけ教室には良いイメージが無い。必要以上に不安感をあおりたててしつけ教室に通うように強要したり、体罰でしつけたり、しつけ教室では良くできるが家に帰るとまったくできないなどなど・・・。
また、良いしつけ教室とそうでない所はどのように見分けるのか、判断の材料が無い。

一方、このまま家のしつけだけで大丈夫ではないだろうか、今はまだ子供で落ち着きが無いが大人になれば落ち着くのではないかという希望も少なからず持っている。
そんな時、散歩中に出会ったラブ飼いの人にあるしつけ教室を教えてもらった。
そこは自宅からそれほど遠くなく、値段も安く、内容も(聞く限りは)良さそうであった。

うーん、どうしたものか。
自分の思い描いている犬生活に近づくためにはどうすればいいのか。
悩みの種はつきないのである。

ウッドデッキでおすわりルーアくん

↑家の中だととてもいいおすわりをするのだが・・・。

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

12 ≪│2006/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。