直毛(フラット)ルーア・巻き毛(カーリー)ジンガと多頭飼い初心者よすふくの日常

  犬はじめました。のナビゲーター   トップページ > 2005年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越しトイレトレーニング

2005 - 12/31 [Sat] - 23:30

昨日の日記にもある通り、少々困ったことになっていた。
ルーアがハウスをトイレに、トイレをハウスに勘違いしてしまったのである。原因は100%飼い主である私のミスである。ルーアには誤解を与えてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいである。しかし、このままでは快適な犬との共同生活を送っていけないので、なんとか改善することにする。
現状、自分が考えられる限りの改善策は以下の3つである。
①現状のまま運用する。
②バリケン(ハウス)に入れ、夜を過ごさせる。ウンコやおしっこをしても出さない。
③トイレサークルに入れ、とにかくウンコをするまで待つ。
①は論外である。改善策にも何にもなっていない。
②も今ひとつである。それで、バリケンをハウスと認識するとは思えない。
③であれば、ウンコをした瞬間に褒めて出してあげればトイレだと認識するのではないだろうか。最善の策とはいえないかもしれないが、このぐらいしか思いつかないのでこの作戦を実行に移すことにする。
再確認すると重要なポイントは
・サークルに閉じ込めて出さない。
・ウンコをしたらすぐに褒めて出す。
の二点である。
そのために、今晩は寝ずにルーアの様子を見守ることにする。いきなり、サークルに閉じ込められて部屋に誰もいなくなると不安であるだろうし、なによりウンコをしたときにすぐに褒めることができないからである。
ルーアをサークルにいれ落ち着くまで、近くで本などを読んで過ごすが、目は合わさずに泣いても無視をする。
少し落ち着いてきたところで、居間の電気を豆電球ひとつの薄暗い状況にして自分は居間の片隅のソファで横になる。
若干泣いて、サークル内をうろうろするが、大騒ぎすることは無かった。そして、そのうちあきらめて横になり静かに寝息を立て始めた。
もう寝たかなと思ったが、私がトイレに行こうと立ち上がると、その気配を察知してムクッと起きてこちらの様子を伺っている。また、寝ていてもある時間ごとに起き出して、しばらくサークルをぐるぐる回ったかと思えばバタンと横になり寝るという行為を繰り返していた。
こちらはこちらで、このままルーアがトイレを我慢しつづけて体を悪くするのではないかと心配で少しも眠る気になれなかった。
結局一睡もできずに、元旦の朝を迎えた。
当然、ウンコはおろかおしっこもしていない。
私が起き出すとすぐにサークル内でお座りをして尻尾をブリブリ振りながらこちらを見上げるルーア。
その顔は「何でこんなところに閉じ込めるの?早く出して~」と訴えているようで、かなり切なくなってしまう。
それでも、今出すわけにはいかないのでサークルの外から少しルーアの相手をする。
と、ルーアが少しかがんだかと思ったら、おしっこをした。ウンコではなかったが、それでもサークル内でおしっこをしたので目いっぱい褒めてやる。
その後、さらに一度おしっこをしたが、結局うんこはしなかった。
最後の手段として考えていた方法がまだあった。
居間一面にトイレシーツを敷き詰めて、どこでおしっこやウンコをしても褒めてやり、徐々にトイレシーツを減らしてトイレの場所を確定するという方法である。ある本に書いていた方法であるが、失敗するという状況を作らない最善の方法であるが、時間がかかる上に面倒臭いので正直あまり気が進まなかった。
とはいえ、この際他に手段が無いのでこの方法にするとカミサンと相談しているとルーアがサークル内でウンコをした。立派なウンコであった。ルーアを思いっきり褒めてサークルから出し、ウンコを早々に片付けた。
目標達成である。今後どうなるかわからないが、とりあえず状況は少しずつ改善していくように願う。

↓新年早々疲れてソファで眠るルーア君
お気に入りのソファでぐっすり眠るルーア君

スポンサーサイト

困ったことになった。

2005 - 12/31 [Sat] - 15:30

全てが順調に進んでいるかと思いきや、大きな問題がひとつ。
それは、ルーアが決められた場所でトイレをしないことである。
ブリーダーさん宅にいたときは決められた場所に敷いてあるトイレシートで完璧にトイレをしていた。ルーアを引き取る際にルーアのおしっこがついたトイレシートを1枚もらい、それを家のトイレにしたい場所(居間の片隅)に設置して目印としたが、全く見向きもせずに他の場所-しかも一定せずに色々な場所でおしっこを行っていた。
こんなとき、シツケの本やインターネットの掲示板などでは犬がおしっこをする予備動作をし始めたときにトイレシーツまで誘導してあげるなどと書かれているが、おしっこの予備動作→発射の間隔が短すぎて間に合わないことが多く、また、おしっこの予備動作を始めた瞬間犬に慌てて近づいていくので、犬が怯えてしまい、途中でおしっこが止まることがたびたびあり、うまくいかなかった。
そこで、色々と考えた末にトイレサークルを購入することにした。近所のホームセンターに車を飛ばし、普段使っているトイレシーツより一回りほど大きいサークルを購入した(1万円ちょいかかった、トホホ・・・)。
帰って早速設置する。天井は開放されているが、木の枠で補強されており、5ヶ月のレトリーバーぐらいであれば、抜け出すことは容易ではないはずである。
それでは、とおしっこをしそうなルーアをサークルの中に閉じ込める。これで、ルーアがおしっこをするまで放置し、おしっこをすれば誉めてサークルから出してあげる。そうすれば、サークルの中でおしっこをすれば誉めてもらえるんだということを認識するはずである。ところがそううまくはいかなかった。
トイレサークルに閉じ込められるルーア

サークルにルーアを入れた途端、ルーアがクーンクーンと激しく泣き始めたのである。今まで、放し飼い状態であったのにいきなり隔離されてしまったので、当たり前といえば当たり前である。しかし、ここで出してしまうと何のためにサークルまで購入したのかわからなくなってしまうので、カミサンと二人でルーアを慰めながらおしっこが出るのを待った。するとしばらくして搾り出すという感じで少しおしっこをした。ようやく、トイレシーツの上でおしっこをしたのである。早速、誉めてやり、サークルから出してあげる。
これで一件落着かと思いきや、そんな甘いものではなく、その後のおしっこはやはりトイレシーツの無い場所で行われた。
まあまだ1日目だし、これから気長にやればいいかと思っていたが、ふと、比較的開放感のあるサークルでさえ、あれほど泣くのであれば、ハウス用に購入したバリケンの中にいれるとどうなるかと不安になった。しかも、夜はルーアは一階の居間で、我々夫婦は二階の寝室で寝ることになる。これは、早めに慣らしておく必要があるかな、と考えてしまったのだがこれが良くなかった。
トイレ問題を脇において、まずはバリケンに慣らさせようと思い、バリケンにルーアを入れることにした。先ほどのサークルの例もあるので、いきなり閉じ込めるのではなく、バリケンの中でしばらく遊んで落ち着いた時点で扉を閉めた。一瞬後、先ほどのサークルのときとは比べ物にならないぐらい激しく泣き出した。今度はヒーンヒーンという悲しげな声に時折ワンという泣き声も混じっていた。ちなみにルーアがワンと泣くのを聞いたのはそのときが始めてである。その勢いに少し押されてしまったが、事前にブリーダーさんにも最初の夜は泣きますよ、と言われていたし、いずれはやらなくてはいけないことなので心を鬼にして無視することにした。
しかし、その後バリケンからの異臭に気がついた。ウンコ臭である。覗き込んでみると、ルーアが中でおしっことウンコをしてしまい、かなり悲惨な状況になっている。慌ててバリケンからルーアを救出し、一時的にトイレサークルへ隔離する。その隙にカミサンはウンコとおしっこまみれのバリケンを清掃し、自分はウンコまみれのルーアをきれいにした。
賢明な方ならお気づきかと思うが、これが悪かった。
ルーアは「バリケンの中でウンコをする」→「すぐにバリケンから出してもらえた」→「バリケンはトイレか」という理解をしてしまったらしく、その後にバリケンに入れるとおしっこをするようになってしまった。そしてさらに困ったことに、トイレサークルのほうをハウスだと思い込んだらしく、トイレサークルではおしっこやウンコをしなくなってしまった。

ルーアが家にやって来た!

2005 - 12/31 [Sat] - 12:30

本日、大晦日という慌しい中ルーアを迎えに行った。
2週間ぶりに逢うルーアはまた一段と大きくなったような気がするが、気のせいではないだろう。ブリーダーさんによると体重が16kgになったという(生後5ヶ月)。
フラット特有のフレンドリーな性格で、私とカミサンの顔をなめて挨拶をしてくるのが何とも愛らしい。
ブリーダーさんと今後のことなど少し話をして、ルーアと共に車で出発。先日、日記に書いたシートエクステンダーでフラットにした後部座席にカミサンとルーアを乗せたが、カミサンからは思いのほか好評であった。ルーアも少しじゃれていたものの、基本的にはおとなしく、粗相をすることも吐いたりすることも無く家に無事到着(ブリーダーさんが車の移動を見越してルーアに朝餌を与えなかったのが良かった、ナイス!ブリーダーさん)。
後部座席で手足を伸ばしてくつろぐルーア君

早速、カーペットを敷き詰めた居間にルーアを入れてあげると、最初こそは知らない場所につれてこられた不安からか辺りを探索している様子であったが、すぐに慣れて我々にじゃれつき始めた(何なんだこの順応性の高さは(笑)。
いや~、かわいい。思わず頬が緩んでしまう可愛らしさである。30男がこんなことを言っても気持ち悪いだけなのは重々承知しているのであるが、本当だから仕方が無い。
とはいえ、いくらかわいいといっても人間と暮らしていく以上、好き勝手に甘えさせることはできない。最低限おぼえて貰いたいルールがある。
まず第一は「入ってはいけないところを理解させる」である。
主にルーアの居場所になっている居間とひとつながりで台所があるのであるが、台所には入らせないようにしたい。カミサンの料理の邪魔になるし、火や包丁を扱うので危険であるからだ。
ゲートを使えば仕切ることができるが、それでは自主的に入らないという意識が育たないので、ここはひとつ入ってはいけない場所というのを認識させようとトライしてみた。
居間にはタイルカーペットを敷いてあるが、台所には敷かなかった。そのことを利用して、ルーアがタイルカーペットの無いところ(台所)に入ろうとするとその都度、床を叩いて叱った。そうすると、しっかりと理解したらしく、カミサンが台所に入っていった後をトコトコついて行くのであるが、カーペットの無いところで立ち止まり、お坐りの姿勢で待つようになった。
台所に入りたいけど入れないよ~の図

これには、私もカミサンも大喜びで、なんて賢いのだろうと改めて犬の学習能力の高さに驚くと同時に、シツケに対する自信を深めた。
ところがこの後、この犬の学習能力の高さと思いもよらないシツケのミスにより今現在困った状況になり、犬飼初心者の我々夫婦はかなり困った状況になっている。このことに関しては、また後日・・・。

ワンコ受け入れ準備・その4

2005 - 12/31 [Sat] - 01:02

ワンコのお迎えがいよいよ明日(ていうか既に今日)である。
車の洗車に合わせて、後部座席をワンコ用に少し改良。
シートエクステンダーというフロントシートとリアシートの間のスペースを埋めるクッションを購入。後部座席にフラットな空間を作り、さらにその上にワンコが粗相をしてもいいように撥水性のシートカバーをかぶせた。
シートカバーはシートとほぼ同色である黒を購入。あまり違和感のないようにした。
シートエクステンダーとシートカバー

シートエクステンダーはかなりアメリカンな(大雑把な)作りであるが、思っていたよりはうまくフィットした。ただ、電動ポンプで空気を入れるのであるが、電動ポンプの動作音がかなりうるさいのには閉口した。

初洗車

2005 - 12/31 [Sat] - 00:40

納車から早3週間、埃がボディに付着してかなり見栄えが悪くなってしまった。ホームセンターで埃を払うブラシを購入して騙し騙し運用してきたが、そろそろ限界のようである。やはり、黒は汚れが目立ちやすい。
しかしながら、その程度のことは想定の範囲内である。こんなこともあろうかとひそかに開発・・・じゃなくて、洗車セットを購入済みである。
今回、洗車に合わせてコーティングも行おうと考えており、数あるコーティング剤から選んだものは「零三式コーティングポリマー11型」である。このコーティング剤、面白いことに模型屋さんが実車用に開発したもので、キャッチフレーズは「模型メーカーが本気で作ったカーケミカル零三式コーティングポリマー」である。
これを選んだポイントは
①ネーミングセンスが好みである。
②メーカーサイトの文章が面白い。
③効果がありそうな気がする。
④スタパ齋藤さんがどこかのサイトでお奨めしていた。
というところである。
コーティング剤が決定したので、もうついでにシャンプーもクリーナーもクロスも全部零三式で統一してしまえ、ということでネットで一括購入した。
さて、その結果は写真をアップしてあるので見てもらえればわかると思うが、背景がくっきりと映りこむほどにピッカピッカになった。作業工程も簡単でここまで効果が出るとは正直驚きである。
映りこみがすごい!

アクセラ正面図

なんだか、商品の宣伝みたいになってしまったが興味のある方は「零三式」でググってみればすぐに見つかると思うので探してもらいたい。

ワンコ受け入れ準備・その3

2005 - 12/30 [Fri] - 03:41

車を購入した。
モチロン、ワンコの為である。
当初はワンコと一緒に旅行へ行くときだけレンタカーを借りればいいかーとのんきに構えていたが、ワンコが病気になって病院へ連れて行かなくては行けないときにはやはり車が無いと困ると思い、購入に踏み切った。
正直、最初は車購入に積極的ではなかったが、カミサンに車種の選定を一任され、本やインターネットで色々な車を吟味し始めたところでワクワクしてきた。
やはり無難にトヨタにするべきか、いやいやホンダの車はワンコとの共生が考えられているようだぞ、ワーゲンのニュービートルは前から気になってたし、この際外車という選択肢も有かも・・・などなど色々と悩んだ。
結局、最終的に選んだのはマツダのアクセラスポーツ、通称アクスポであった。選んだポイントはスタイリングが気に入ったこと(重要)と何とか手が届く価格帯、ハッチバックで荷物がそこそこ積める事、そして何より自分がマツダ好きであるためである。
すでに埃まみれのアクセラ

マツダには何故か惹かれる車が多い。そもそも初めて購入した車もユーノス(今は無いマツダの販売チャンネル)のプレッソだったし・・・。
上位機種(?)であるアテンザにもかなり惹かれていたのであるが、分不相応な気がして購入を断念。
早くワンコを助手席に乗せて走りたいものである(あれ、カミサンの席は?)

ワンコ受け入れ準備・その2

2005 - 12/30 [Fri] - 00:37

犬飼い初心者なので心配事は山積みである。
朝晩の散歩やトイレの躾、病気になったときのことなどを考えると「本当に大丈夫かなー」と考え込んでしまう。
臭い対策も心配事のひとつである。
家の中や洋服や体が獣臭くなることはできるだけ避けたい。
犬好きなら臭いぐらい我慢すれば、という意見もあるかもしれないが、自分たちはいいが他人に不快感を与えることは社会人として避けたいものである。
最悪なのは、自分たちはその臭いに順応してしまい気づかないで、会社の人や家に来る人に臭いと思われることである。
もし、私を知る人がこれを読んでいて、ある日突然私が犬臭くなっていたのであれば、しっかりと指摘してほしい。「臭い!」と。ただし、その臭いが加齢臭など本人の努力でどうすることもできないような場合はそっとしておいてほしい。
という訳で、臭い対策としてとりあえず空気清浄機を導入。
機種は色々調べた結果、ナショナルのエアーリッチF-PXA28に決定。
決め手となったのはスタパ齋藤さんがどこかでお奨めしていたこととナノイーという、言葉の意味は良くわからないけどとにかくよく効きそうなところである。
ワンコがまだきていないのでまだ稼動していないが、形はなかなか良い。
早く効果を試したい。
カモーン、犬。
早くこ~い。

ワンコ受け入れ準備・その1

2005 - 12/29 [Thu] - 23:58

今年は珍しく冬休みがフルに取れたので家でのんびり・・・、という訳にはモチロンいかず、大掃除を兼ねてワンコの受け入れ態勢を整えることにした。
まず行ったのは、1階居間部分(ワンコが常駐するであろう場所)にタイルカーペットを敷き詰める作業。
うちの家は和室を除いて全床フローリングであるので、ワンコにとって-特に股関節形成不全などの病気が多いとされているレトリバー系であるうちのワンコにとっては厳しい環境である。
そこで、色々と吟味した末にとりあえずワンコが長い時間過ごすであろう居間にタイルカーペットを敷き詰めることにした。
(本当は全部屋敷き詰めればいいのだがお金が・・・)
タイルカーペット

1枚319円の50×50cmのタイルカーペットを60枚ホームセンターで購入。1枚1枚並べていき、出っ張りのある部分はカッターやはさみでカットして隙間を埋めていくが、この作業がちょっぴり楽しかったりする。
敷き詰め~

最初は一人で黙々と並べていたが、所用で出かけていたカミサンが帰ってきたので二人で作業を行いようやく完成。
うーん、思ったよりも簡単にできたが、見た目はどこかの会社の事務所みたいで美的には今ひとつである・・・。

 | HOME | 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

誕生日カウントダウン

プロフィール

よすふく

Author:よすふく
直毛(フラット)・ルーアと巻き毛(カーリー)・ジンガの日々を綴っていきます・・・・。

カレンダー(月別)

12 ≪│2005/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

Amazon

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。